• 今日のひとこと

    10月になりました。読書も、おいしいものも、芸術も、なんだかぜーんぶうれしい気分になる秋の空気がすきです。そしてミシマ社はこの10月で丸10年。今日から11年目に入ります。いつも応援してくださる読者の皆さま、ほんとうにありがとうございます。11年目もほがらかに、たのしく、おもしろくいきたいなあと、心を新たにしています。サポーターさんも引き続き募集しています。こちらもどうぞよろしくお願いいたします。
    そんな10月1日の読みものは、森田真生さんの「数学の贈り物」です。3カ月に1度の贈り物、ぜひゆっくり味わってください!

    (新居未希)

  • 『ダブル・スター』ロバート・A・ハインライン/著、森下弓子/訳(創元SF文庫)

    今日の一冊

    『ダブル・スター』ロバート・A・ハインライン/著、森下弓子/訳(創元SF文庫)

    信念に基いて生きる人々に憧れます。困難に向き合う人々を応援します。人の為に自己犠牲を厭わない人々を尊敬します。悪しき権力に立ち向かう人々に夢を見ます。真理を追い求める人々に心を奪われます。小説の主人公というのはそういうものです。だから共感できるのだと思います。そして、僕が『ダブル・スター』の主人公ロレンゾに肩入れするのは、川に流れがあるのと同じくらい自然なことなのです。確かに完全無欠の絵に描いたようなヒーロー像とはいえません。かなりかけ離れているかもしれません。しかし、彼は自分にしかできないと信じている芸術的技巧で世界を救うため、いや、もっとスケールは大きくて、宇宙を危機から救うため、全身全霊を注ぎ込むのです。それも人知れず、自らの招待を隠し通さなくては成り立たない筋書きの中で。影に徹する彼の姿は読者である自分が見守り続けるだけ。名声のためではなく、与えられた役を信じる力が、世界を動かすのです。

    (北海道 喜久屋書店小樽店 金田憲治さん)

    「今日の一冊」バックナンバー

サポーターになってください!

ミシマ社

オンラインショッピング

3周年記念オリジナルTシャツ発売中! ミシマガショップ

ミシマ社メルマガ新規登録

月2回発行。おススメ本の書評や書店員さんインタビュー、ミシマ社の日々の活動などをお知らせします。

メールアドレス
お名前

連載中

バックナンバー