コーヒーと一冊の部屋

第8回 最相葉月×佐藤ジュンコ 人生相談ライブショー開催します!

2015.12.05更新

 こんにちは。ミシマ社京都オフィスのトリイです。
 シリーズ「コーヒーと一冊」第2弾の発売が、いよいよ12月8日(火)にせまってきました!
 先日大好評のうちに終わった江さんのイベントに続き、まだまだイベントが決まっております。今回ご紹介するのは...

最相葉月×佐藤ジュンコの人生相談ライブショー  
~悩みを聞く、書く、話す~ @梅田 蔦屋書店

 ノンフィクションライター最相葉月さんが、7年間務める読売新聞の人気連載「人生案内」を書籍化した『辛口サイショーの人生案内』。

 「ああ訊いてよかった」と質問者から絶大な支持を受ける人生相談が目白押し。就職、結婚、不倫......どんな質問にも、容赦なく真正面から答えてくれ、思わず背筋がピンとなる一冊です。

 「人生相談」について最相さんは「はじめに」の中でこんなふうに書かれています。

ーー衆人環視の中で相談していながら、匿名性は保たれているため誰の話かはわからない。そうです。相談を内緒にするのではなく相談者を内緒にすれば、相談者は誰にも知られずに専門家の回答を得られ、読者や聴取者にとっては楽しくためになる。この一挙両得を狙った人類史上最高のエンターテインメントが、人生相談だと私は思っています。ーー

 今回のイベントでは、読売新聞で7年間連載を担当され、様々な人生相談を「聞き」、そして「話し」て来られた最相葉月さんに、連載での苦悩や発刊に込めた思いをお聞きします。
 ゲストにお招きするのは本書のイラストを担当していただいた佐藤ジュンコさん。「コーヒーと一冊」の第一弾として刊行された『佐藤ジュンコのひとり飯な日々』をはじめ、仙台の街のイラストレーターとして街の声を聞き続け、描くことをされています。









 当日はみなさまから事前に寄せていただいたお悩みに、最相さん&ジュンコさんがお答えします。お二人だからこそできる「人生相談」をライブ形式で!

 梅田 蔦屋書店では現在、発売に先駆けて「コーヒーと一冊」と最相さんの著作を揃えたフェアも展開中です。フェア台に設置されたポストにお悩みを投函していただくと、イベント当日お二人から直接お返事がもらえるかもしれません!

 ぜひ、会場に足を運んでいただき、「人類史上最高のエンターテインメント」をおたのしみください!



最相葉月×佐藤ジュンコの人生相談ライブショー
 ~悩みを聞く、書く、話す~

・日時:2015年12月16日(水)
 19時~21時(開場18:30)
・場所:梅田 蔦屋書店 4thラウンジ

・参加費:チケット1000円(税込)もしくは 書籍付イベントチケット1800円(税込)

イベント特設ページはこちら

【お申し込み方法】
チケット制となっています。梅田 蔦屋書店ヤフー店もしくは店頭でにてご購入ください。

<出演者紹介>

最相葉月 さいしょう・はづき
1963年生まれ。兵庫県神戸市出身。関西学院大学法学部卒業。著書に、『絶対音感』(小学館ノンフィクション大賞)、『青いバラ』『星新一 一〇〇一話をつくった人』(大佛次郎賞、講談社ノンフィクション賞ほか)、『れるられる』『セラピスト』『未来への周遊券』(瀬名秀明との共著)など。近刊に『ナグネ 中国朝鮮族の友と日本』『東工大講義 生涯を賭けるテーマをいかに選ぶか』。読売新聞紙上にて「人生案内」の回答者を7年以上つとめている。

佐藤ジュンコ さとう・じゅんこ
1978年福島生まれ、福島育ち、仙台暮らし。ひとり飯18年目。2014年4月に書店員を卒業。フリーペーパー「月刊佐藤純子」不定期刊 行、友人知人に押し配り中。2012年『仙台文庫別冊月刊佐藤純子』発売(残念ながら現在、出版社品切)。2015年5月『佐藤ジュンコのひとり飯な日々』(ミシマ社)発売。月刊誌『PHPスペシャル』にて「つれづれBOOK WORM」、ウェブマガジン<みんなのミシマガジン>にて「女のひとり飯」連載中。

【お問合せ】
TEL:06-4799-1800(梅田 蔦屋書店)

お便りはこちら

みんなのミシマガジンはサポーターの皆さんと運営しております。

ミシマ社 編(みしましゃ)

バックナンバー