コーヒーと一冊の部屋

 去年から始まった『イナンナの冥界下り』プロジェクト。
 紀元前2,000年ごろのメソポタミア神話である『イナンナの冥界下り』を、原語(シュメール語)と日本語で、そして現存する世界最古の演劇形式である「能楽」をベースに上演するというプロジェクトです。

 イナンナというのはシュメールの女神です。天も地も統治していた女神イナンナが冥界に「心(原語では耳)」を向け、さまざまな霊力を身につけて冥界に赴くのですが、そこで待ち受けていたのは姉であり冥界の女王でもあるエレシュキガル。彼女の怒りに触れたイナンナは裸にされ、そして冥界の釘に吊るされてしまいます。その結果、地上は暗闇の世界になり、植物も生物も生殖活動をやめてしまいます。が、大神エンキの力でイナンナは甦り、地上ももとに戻るという神話です(後日談もあります)。

 東京と那須で4回の公演をし、来年度にはイギリスの大英博物館やリトアニアでの公演での話も進んでおりますが、この12月27日(火)には、これまでとはまったく新しい演出での上演を予定しています(演出に関しては最後にお話します)。
 このように公演を続けていくうちに、このプロジェクトを始めた時点でぼんやりと見えていたものが、その輪郭を徐々にあらわにして来ました。

 すなわち、文字によって生み出された「心の時代」はそろそろ終焉に近づきつつあり、「心の次の時代」が、もうそこまで来ているのではないかという実感です。そして、それに備えるためにも古代の神話や語り物を読み直すべきだ、ということもその確信を強めてきました。

 「心の時代」の終焉は100年後か、あるいはもっと先、1,000年後くらいかな、と思っていたのですが、どうもこのごろはそれが近いような気がしてききました...が、その話は今回は措いておき、まずは「心の時代」が終わるかも、と思ったきっかけなどをお話してみたいと思います。
 と、いっても学問的な話では全くないので、そのおつもりで。

「心の次の時代」のための『イナンナの冥界下り』(3)

2016.12.24更新

紀元前1000年のシンギュラリティ

 いままでの常識がまったく通用しなくなる「シンギュラリティ(特異点)」が、これから数十年後(カーツワイルの予測では2045年)にやってくるという話をよく聞きます。
 10万円ほどのコンピュータのAI(人工知能)が全人類の脳を超えるとか、人体のほとんどが代替人体に取って代わられるとか、他人の脳を簡単にコピーできるようになるとか、そのほかいろいろ言われていて、「そんなのウソだろう」という人や、「本当にそうなったら人類の終焉だ」などという人もいますが、いやいや、人類は何度もこのようなシンギュラリティを通過して現在の人間社会を作っているのです。
 その多くは何万年も前ことで、実際にどのようなことが起こったかはよくはわからないのですが、最近のもので、しかもその痕跡をはっきりと見ることができるシンギュラリティがあります。それは「文字」の発明です。
 数千年前に世界各地で起こった「文字の発明」は、人類とその社会をまるっきり変えました。
 それまでは、時とともに消えて行ってしまっていたさまざまな出来事(過去)を、粘土板や骨などに定着させ、運を天に任せるしかなかった未来を企図できるなんて、文字以前の社会の人からすると考えられないことでした。情報の伝達スピードは驚異的に早くなり、しかも共有者も爆発的に増大しました。
 文字が「時間」を生み、「心」を生み、そして「論理」を発明したことは前回に書いたとおりです。
 文字は、いわゆる"文字"に留まりませんでした。地図や設計図などの「図」も生み出しました。


<バビロニアの地図>

 それによって大きな国家が作られるようになり、荘厳な建物の建築も可能になりました。武器も強力になり、戦争も大きくなり、勝者の国家はさらに膨張するようになりました。厳格な、そして複雑なヒエラルキーも生まれ、支配者の力は強大化していきました。
だからこそ文字の使用は誰にでも許されることではありませんでした。孔子の時代にも文字を操れたのは一部の人たちのみ、古代メソポタミアでも書記が中心でした。そして、その文字を操る人たちは、文字に対してさまざまなイノベーションを繰り返し、文字の力をさらにパワーアップしていきました。
 しかし、万物を、特に神聖なる事象を「名」という二次元の文字に微分するなんてことは「冗談じゃない!」と怒った人もいたでしょう。「そんなことしたら神はいなくなってしまう」と心配した人も多かったでしょう。
 実際、古代中国では純粋なら神的な存在であった殷(商)の「上帝」は、周の時代になると人間の中に入り「天」になりました。

●帝と天


「天」という漢字は、人間の頭部を強調した漢字です。それまで人間の外にあった絶対者(神)が人の中に取り込まれるという画期的な出来事が、紀元前1,000年に起こったのです。
文字、おそるべし!


文字シンギュラリティ前後の3つの変化

 この文字のおかげで、私たちは前のシンギュラリティ前後に何が起こったかを推測することができ、さらにはこれから新たなシンギュラリティを迎えるにあたったどのようなことが起き得るかの予測をすることができると思うのです。
 それは文字の発明によるシンギュラリティ(以下、文字シンギュラリティ)の直後に書かれた文書を読むことによって可能になります。で、だからこそ『イナンナの冥界下り』が面白いんだよ~、というお話を前回からしています(すみません、長いイントロで)。
今回は、「じゃあ、文字シンギュラリティの前後ではどんなことが起こったのか」ということを具体的にお話していくことにします。
...といっても紙幅の制限があるので、3つのみ。
(1)女性の時代が終わった
(2)神の占有物の解放
(3)失うものもある

(1)女性の時代が終わった

 まずは女性の時代の話です。
 どうも文字シンギュラリティ以前は、今よりずっと女性の地位も高く、力も大きかったようなのです...というよりも、社会の中心には女性がいた。
この話は『イナンナの冥界下り(ミシマ社:コーヒーと一冊)』に詳しく書きましたので、概略のみを書きます。
 まず、古代メソポタミアを見てみると『イナンナの冥界下り』の主人公である女神イナンナは、天も地も統治する女神です。彼女は、夫である「王」を自分で指名します。後世、王が后を指名するように、当時は女性が王を指名していたのです。
 天地の女王でもあるイナンナは、愛と豊穣の女神でもあります。だから彼女が冥界に行ってしまうと、地上の生殖活動はすべてストップしてしまう。しかし、そんな愛の神は、実は戦いの女神でもあります。戦いの女神なので、戦争の勝敗を決めるのも当然彼女ですし、波風のないところに戦争を引き起こすのも彼女なのです。
 愛と豊穣によって生めよ育てよと実践しながら、同時に破壊をもしてしまう。まさに全能の神です。
 さて、目をわが国に戻してみると、日本の神話でも女性は強かった。
 最初の女神であるイザナミの命(みこと)が夫、イザナギに対して、先に「あらうれしい(あなにやし)、いい男(えをとこを)!」と声をかけるのも、イナンナと同じく、女性が男を指名していた名残でしょう。
 そしてなんといっても日本神話の最高神は、女性神であるアマテラス(天照大神)であるという事実。彼女は太陽の神さまです。アマテラスが天岩戸に引きこもると、世界はすべて闇になり、よろづの災いがことごとく起こった。そして、イナンナと同じくすべての生殖活動も止まってしまいます。となると、彼女も豊穣の神。
 しかし、彼女が弟であるスサノオを待ち構える姿は、弓や矢を帯する軍装です。しかも地面をこなごなに砕くように足を踏み鳴らし、雄たけびをあげる。アマテラスも太陽神であるとともに、戦いの神でもあるようです。
 とはいっても、これらは神話。「単なるおとぎ話じゃん」という方もいるでしょう。ところが古代中国(殷)には「婦好(ふこう)」という本当にすごい女性が実在していました。
彼女は、王にしかできない上帝祭祀を行っているので、少なくとも祭事に関しては王と同等の力があったと思われます。また、分娩にも関わっていたし、そして何よりかにより当時としては最大の軍隊を率いる女性将軍でもあったのです。甲骨文では、当時最大の軍隊13,000騎を率いて戦争に赴いた記事を読むことができます。



<婦好>

<1万3,000騎を率いる婦好>

 婦好は「多婦」という女性集団を率いていたらしいので、ひょっとしたら彼女が率いていた軍隊には、女性軍団もあったんじゃないかとも思うのです。
 ところが、そんな婦好集団がある日、忽然として姿を消してしまいます。その日から世界は男性中心の世界になったのです。
 天照大神も、そして女神イナンナも、この婦好と同じく、女性の時代の最後の女性だったのかもしれません。


3宗教の共通点

 ちょっと話を横道に...。
 前回、孔子、釈迦、イエスという3聖人の話を書きました。彼らが創始した宗教にはいくつかの共通点があります。
 ひとつは「信仰」を重視するということ。
 「宗教なんだから当たり前でしょ」と思われる方もいるでしょう。ところが日本には「信じる」という概念はありませんでした。
 「信(シン)」という古代中国語が入ってきたときに、その当時の日本人にとって「え、なに、それ?」だったのです。日本語にはこれに当たる言葉がなかったので、仕方ないので中国語の「シン」にサ変動詞をつけて「信ず(信ずる)」なんて誤魔化したのです。ちなみに最初は「信ず」ではなくて「信す」、それも使い出されのは平安時代になってからです。
信じるというのは、いま目の前にない事物を「ある」と思い込むことですから、これは時間的感覚がなくてはできない。文字の誕生以降に生まれた心的作用ですね。
 さて、3宗教に共通するもうひとつは「名(あるいは言葉)」の重視。孔子は名を正しくする「正名」を重視しますし、イエスは「私の名」を信じるようにいう。『ヨハネによる福音書』では世界創造の最初にあったのは「名(ロゴス)」です。また、初期仏典の『法句経』の原題である『ダンマ・パダ』の「パダ」とは言葉です。
 そして、最後の共通点が女性蔑視、あるいは女性軽視です。
 修行する釈迦を誘惑するのは「愛執」と「不快」と「快楽」という悪魔の娘たちです。誘惑の象徴が女性なのです。彼女たちはまず100人の少女として釈迦に近づき、次にまだ子を産まない100人の女に身を変えて釈迦に近づき、今度は一度子を産んだ100人の女となって釈迦に近づき、最後には100人の熟女となって釈迦に近づきました。
 誘惑の悪魔は、仏教では女性なのです。
 孔子の『論語』では女性はほとんど扱われません。無視されています。『論語』に現われる「女」という漢字は、ほとんどが「汝(なんじ=あなた)」という意味で使われています。女が「女」という意味で使われているのは二回。ひとつは主君を誘惑しようとする女性たちの舞踏集団「女楽」のこと。そして、もうひとつは次のような孔子の言葉です。
「女と小人とは扱いにくい。近づけると無遠慮になるし、だからといって遠ざけると怨む(唯女子と小人とは、養ひ難しとなす。これを近づければ則ち不孫、これを遠ざくれば則ち怨む)」
 ひどいですね。
 イエスは、このふたりほど女性を蔑視も軽視もしていませんが、しかし十二使途の中に女性はいなかったし、現代でもローマ法王に女性がなるというのはちょっと考えられません(将来的にはあるかも知れませんが)。
 でも、これはその前の社会が女性中心だったために、それをニュートラルに引き戻すための反動でもあったのです。むろん、いまはその反動のおかげで男性中心の世の中になっていますが...。
 さて、次のシンギュラリティではどうなるか。ひょっとしたら女性の時代の激しい揺り戻しがまずは起こり、そのあとには女も男もない、性別を超えた性の世界が来るかもしれませんね。


★シュメール語と日本語による『イナンナの冥界下り』新バージョンのお知らせ


©️中川学

■日時 12月27日(火)18時15分開場 19時開演
■場所 セルリアンタワー能楽堂(渋谷駅より徒歩5分)
■料金 全席自由5,000円(てんらい会員は1,000円引き)
   ※指定ご希望の方は1,000円にて承ります。

■予約 てんらい事務局 
    event@inana.tokyo.jp
    080-5520-1133(9時〜20時)

■「イナンナの冥界下り」とは
これは、紀元前3500年ごろに起こった世界最古の都市文明、古代メソポタミアのシュメール文明、そこで語られ、楔形文字で記録された、現存する最古の神話のひとつです。

いったい、どういう神話なのか。ざっくりとお話しましょう。

(1)天と地を統べる女神イナンナは、唯一自分の手の及んでいない冥界に、7つの「メ(神力)」を身につけて向かった。

(2)イナンナの突然の来訪に怒った冥界の女王エレシュキガルは、イナンナの「メ(神力)」をすべて剥ぎ取って裸にし、冥界の釘にぶら下げた(地上は暗黒の冬世界となる)。

(3)大神エンキが差し向けたクルガラ、ガラトゥルの力によってイナンナは甦り、地上にも春が戻った。

■今回の上演の特徴
今回の上演は、今までにご覧になられた方にも楽しめる「新バージョン」です。これまでとどう違うのかを簡単に説明します。

●祝祭儀礼性が増す
古代の叙事詩は、薪の火によって妖しく彩られた祭りの場(にわ)で上演されたと思われます。これは、もう薪能そのものです。

薪能は、本来は春の神様をお迎えする祝祭儀礼でした。それは、イナンナの死によってもたらされた冬の季節が、その甦り・再生によって春の季節を再び迎える『イナンナの冥界下り』の神話にぴったりです。

今回の上演では、天地を統べる女神イナンナに奥津健太郎(能楽師狂言方)、エレシュキガルに杉澤陽子(観世流能楽師)を迎え、能楽の要素を前面に押し出すことにより、より祝祭儀礼性が増した上演になります。

●楽しさが増す
今回、新たに加わった場面は冥界の祭り、クル・ヌ・ギ祭です。

古代の祭りの場(にわ)では、人々は怪しい薬草の入った霊酒を飲み、生贄に捧げられたお下がりの肉を喰らい、酩酊、興奮状態で観た、というよりも参加したはずです。

実験道場(芝居×ダンス×お笑いの次世代最強集団)の皆さんをお迎えし、皆さまが酩酊、興奮状態になるような楽しいパフォーマンスをご覧いただきます。

※でも、これを再現するために貞観の大嘗祭や日本書紀などを参考にしました。

●音楽が多彩に
音楽は、能管の槻宅聡に加えて、今回は電子音楽のヲノサトルも参加します。能管は縄文の石笛(いわぶえ)を模したともいわれている笛。最古の笛の音に、最新の電子音楽が重なります。

●シュメールの竪琴が登場
大英博物館に収められているシュメールの竪琴を、アメリカのハープ作者に依頼して再現しました。チューニングや弦の問題もあり、今回はまだ使えませんが、象徴として舞台に出現します。紀元前2,000年の竪琴がどんなものか、とくとご覧ください。

■この舞台は発展途上です
「イナンナの冥界下り」はアーツカウンシル東京の長期助成を受け、イナンナプロジェクトとして2015年から3年計画で上演しています。2017年度には欧州ツアーも予定しており、シュメールの遺物をもっとも多く収蔵するイギリスの大英博物館やリトアニアなどでの上演を目指しています。


※おかげさまで満席となりました。

お便りはこちら

みんなのミシマガジンはサポーターの皆さんと運営しております。

ミシマ社 編(みしましゃ)

バックナンバー