みんなのださべん

第6回 どんどん増えてくる部員

2015.03.12更新

 こんにちは、京都オフィスよりアライがお届けします。

 昨年から細々とはじめた「ださべん」、ミシマ社内にもどんどん仲間が増えてきています。
 ここで、はじめてこの「ださべん」を見る方のために、最近のださべんを振り返ってみましょう。
(ださべんとは、ミシマ社内で細々と活動している「ださくてもいい、食べられたらいい、とにかくお弁当をつくろう」という部隊です)

 ある日の京都オフィス。

ある日の京都オフィス。全員お弁当!

ミシマ社弁当部さん(@dasaben)が投稿した写真 -


 なんと、全員お弁当・・・!(というか、まかないみたいな人もいますが)
 この日はトリイ、アライ、事務メンバーのヒラタ、フリーランスで編集をお手伝いしてくださっているトモナリさん、4人でのお昼ご飯でした。

 そして東京・自由が丘のほうを見ていても、なんと「なーべ」こと渡辺さんが・・・

わたなべさんが、ついにださべん部に参加です!

ミシマ社弁当部さん(@dasaben)が投稿した写真 -


 だ、ださパスタをスタート!
 なぜパスタ? と思いきや、
「パスタを1時間ほど水にひたしておくと、いざ茹でるときの時間が1分で済むんです。しかもモチモチしていて、まるで食感は生パスタ。おいしいんですよ」
とのこと。
 このパスタソースは今はレトルトですが、自家製を持ってくることが目下の目標だそうです。

 ちなみに新婚ほやほや・トリイのださべんは

鳥居さんは週2でカレー

ミシマ社弁当部さん(@dasaben)が投稿した写真 -


 高確率でカレーライス。愛情たっぷりつまっております。

 そして私、なんと、ついにやってしまいました。
 オフィスで

ぐ、グラタン...だと...!

ミシマ社弁当部さん(@dasaben)が投稿した写真 -


 グラタン・・・!
 最近、「KINTO(キントー)」というところのほっくりグラタン皿を買ったので、使いたくてたまらんのです。このグラタン皿、ひとつひとつ形が微妙に違って、すごく可愛いです。

 で、作ってしまいました。お昼にグラタン。
 レシピは前回もご紹介した『暮しの手帖別冊 シンプルレシピ』を参考に。
 ホワイトソースをつくって、鶏肉とマカロニ、玉ねぎとあえて、お皿に入れてオフィスまで運びます(チーズはまだ乗せない)。
 そしてお昼になったとき、オフィスのオーブンレンジでチン!
 できたてほかほか、グラタンのできあがりです。

 なかなか面倒なのでたまにしかやりませんが、けっこう楽しくてうれしいグラタン。
 お昼もグラタンが食べられるなんて、うれしいな〜! とハイテンションで食べました。


 ちなみに最近のマイベストださべんは

パ、パンが厚すぎる...

ミシマ社弁当部さん(@dasaben)が投稿した写真 -


 長谷川さんの、このサンドイッチ!
 一枚いちまいが、ぶ厚すぎる〜〜! このださべん感が、素晴らしいっ。
 いいですね!

 この春もださべん、やりまっせ〜

 インスタグラム、更新してます、ぜひ〜

Instagram


お便りはこちら

みんなのミシマガジンはサポーターの皆さんと運営しております。

ミシマ社弁当部

ミシマ社メンバーで結成。自由が丘、京都で活動中。

バックナンバー