みんなのださべん

第16回 みんなで食卓を囲む

2017.04.08更新

 弁当部・オカダです。
 ワタナベ・ハセガワが京都オフィスに異動し、自由が丘オフィスのお弁当持参人口が減ってしまいました。他のメンバーが白山米店さんのお弁当や、萬珍軒さんや長寿庵さんなどの店屋物を食べる中、ひとり自分の作ったお弁当を食べるのはなかなかさみしい。
 ですが、みんなで食卓を囲み、同じものを食べる日もあります。


 いきなりどーんとそうめん! 夏にいただいた素麺を食べようとたくさん茹でました。
この時なんと10月末。季節外れではありましたが、つるっといけちゃいました。



 これはミシマ社新年会(2017年1月4日開催)でつくった「煮しめ」に、余ったお餅とうどんを投入して煮込んだ一品。今年一発目のださべんでした。鍋いっぱいありましたが、はふはふ言いながらみんなで食べて空っぽにしました。お餅も遠慮なくたくさん入っていたので、満足感がたまりませんでした。



 最後は、オカダとイケハタの二人で食べたものですが、自由が丘オフィスでご飯を炊き、それをよそいながら食べました。ちゃぶ台のそばに炊飯器を置いてご飯を食べる、という昭和感あふれる食卓でした。お米はサポーターさんからいただいたお米! 炊き立てのおいしさに、思わずお茶碗2杯分のご飯いただきました。

 (ほぼ)毎日お弁当持参のオカダですが、みんなで「同じ釜の飯を食べる日」は、お弁当の日よりもちょっぴり楽しいのでした。もちろん、これからもお弁当づくりも続けていきます。

 インスタグラム、更新しています。お弁当がおいしそうに見える写真の撮り方を研究中です。

お便りはこちら

みんなのミシマガジンはサポーターの皆さんと運営しております。

ミシマ社弁当部

ミシマ社メンバーで結成。自由が丘、京都で活動中。

バックナンバー