みんなのださべん

第26回 ださべんにも季節感を

2017.11.04更新

 弁当部・オカダです。ずいぶんと寒くなってきました。秋から冬に変わっていく季節です。
 10月末はハロウィーン。ハロウィーンのような行事があると、おしゃれなお弁当たちがインスタグラム上に輝きます。秋の味覚のいも、栗、カボチャたちが、お弁当を彩っています。無類のいも・カボチャ好きのオカダは、こんなお弁当が食べたくて仕方ない。
 「よし、ださべんに秋の味覚を入れるぞ!」と、さつまいもを買ってきました。大きな一本をお弁当でちょっとずつ使っていきます。

 輪切りでどーん。大きいのと大量なのは、さつまいもを買ってすぐのときに作ったからです。タッパーの半分さつまいもでも気にしない。



次は切り方を変えてみる。半月切りになると、なんだかおとなしくなります。(輪切りの主張が強すぎるだけという可能性もある)合わせてにんじんも半月切りにしてみました。



 このさつまいもたち、朝から煮ている時間はないので、実はシリコンスチーマーを使っています。少量のお水と、お醤油、砂糖ひとつまみを一緒に入れてシリコンスチーマーに入れ、電子レンジで4分ほど。ほくほく柔らかくなったさつまいもができあがります。水の量が多すぎると、煮崩れします。



 さつまいも応用編でさつまいものサラダ。
サラダを作る時は、お醤油や砂糖などの調味料は入れず、お水だけを入れて同じくシリコンスチーマーで温めます。柔らかくなったさつまいもの水気を取り、マヨネーズと塩コショウと混ぜ合わせるだけでできあがり。簡単。じゃがいもやカボチャでも作れます!

 ......と、もっといろいろご紹介したいなと思っていたのですが、お弁当でさつまいもを使ったのは、この3回だけでした。
 弁当部・オカダの技術では、季節感を味わえるお弁当はなかなか作れませんが、食欲の秋を楽しめる良い機会を逃さないよう、これからも「旬の食材」に目を光らせつつ、お弁当生活を楽しんでいきたいと思います。
さて、まだお家に残っているさつまいも、今日はどんな料理にしよう。

 インスタグラム、フォロワーさん続々! 更新は細々ですが、ゆるく続けています。

お便りはこちら

みんなのミシマガジンはサポーターの皆さんと運営しております。

ミシマ社弁当部

ミシマ社メンバーで結成。自由が丘、京都で活動中。

バックナンバー