みんなのださべん

第28回 お正月に食べたもの

2018.01.06更新

 あけましておめでとうございます。
 ミシマ社弁当部(現在、若干3名)は今年もあまり肩肘はらずにお弁当生活をつづけてまいります。お弁当ライフのみなさま、ともに楽しみましょう〜!

 ですが、今日の「ださべん」は、お弁当ではなく、メンバーが「お正月に食べたもの」を振り返ってみたいと思います。
 みなさんはどんなものを食べましたか?
 一部メンバーは年越しソバを載せたりしていますがご愛嬌。こんなん食べてんねやな〜と眺めてみていただければ幸いです。

***


【京都チーム】

●ミシマ

 久しぶりに、わが家でおせち料理をつくりました。
 といっても、作ったのは私ではありません。妻と4歳の長男。こんにゃくを巻いたり、人参の型抜きをしたり、お煮しめは長男がすべて手がけたようです。長男は普段からときどき包丁を使って豆腐を切ったりもしています。私が子どもの頃は絶対に母がさせなかったようなことなので、(おかげで全然料理ができないし・・)、純粋にほ~、やるねぇと感心しています(ちょっと羨ましい)。
 けれど、完成したおせち料理を食べている写真は残念ながらありません。
 なぜなら、いざ食べよう、とテーブルをセッティングしだしたとき、それは起こったのでした。
 ガチャン。
 え、え、まさか。
 恐る恐る、テーブルの向こうを見ると、床にお重がひっくり返っています。
 次男、2歳、やってくれました。
 どうやら、テーブルに置いてあったお重を抱えて、どこかに走って持っていこうとしたようです。
 どうしてそんなことをしようとしたのか?
 もちろん、それは愚問でしかありません。
 あえて答えれば、「そこにお重があったから」、でしょう。
 「落としたん?」と訊くと、「うん!」と元気いっぱいの返事が戻ってきました。
 2018年元旦。ひっくり返ったお重とともに。


●ワタナベ

 なるべく手づくりで。伊達巻は子どもたちも手伝いました。


●アライ

 お正月は毎年、親戚一同が集まって大宴会です。食べ物はオール手作り。
 料理上手なおじさん夫婦が、おせち料理やお肉など大半を仕込んでくれますが、担当を割り振って作るので、なかなか年始は忙しいです。
 私は今年、夫と一緒に、唐揚げとのり巻きを担当しました。忙しいけど、みんなで作るのは楽しいです。


●ハセガワ

 お正月はマグロを食べました。
 でも、マグロの写真はないので、かわりに、元旦に地元の港で見た大漁旗の写真です。


●トリイ

 お正月はいろいろ食べたのですがぼーっとしていて写真が一枚もありません。
 かろうじてあったのが年越しそば。いつもは沖縄そばなのですが、今年は日本のおそば。ニシンをのっけて食べました。
 おとなりにいるのはジューシーという名の沖縄の炊き込みごはん、それから実家の母が毎年作るごまめです。ごまめは毎回大量に届くので12月末から1月の真ん中くらいまで毎日食べています。


●タブチ

 あけましておめでとうございます。タブチです。

 おせちの写真を撮っていなかったので、おせちに使った柚子のその後についてご紹介させていただきます。
 捨てるのもったいないですよね。皮だけ使って中身はもういらない、なんて柚子がかわいそう。お風呂に入れて柚子風呂にするのもいいのですが、日本酒に入れて柚子酒にしました。
 なんともいえない見た目となっていますが、ださべんということでお許しくださいませ......。





【自由が丘チーム】

●ホシノ

 おせち料理ではないのですが、お酒の蔵元に嫁いだ知人の方が送ってくださった酒粕を使って、鮭とカブの粕汁をつくったら、美味しかったです。
 食べた後、お腹の中からホカホカするので、この季節にオススメです。








●イケハタ

 わが家のおせち。
 仙台にある実家ですが、母は三重県(松阪と伊勢のあいだ)出身。
 はたしてこれは仙台風なのか、伊勢風なのか? ちなみにお雑煮は関東風です(料理の取り方、撮り方が雑ですまぬ、母よ!)


●オカダ

 とにかくこのお正月は煮豚づくしでした。
 ミシマ社新年会では、メンバーがおかずを持ち寄るのですが、今年のオカダの担当は「煮豚」。
 オカダンナに相談したところ「これは今日から練習せねば」と、さっそく豚肉を買いに出かけました。
 オカダンナは、「煮豚とは何か?」の神髄に迫る勢いで毎夜試作を重ね、その結果、年越しも年明けも、我が家の食卓には煮豚が並びました。
 そうして出来上がった煮豚は、新年会でも大好評でした!(オカダンナ様様でした。オカダは特に何もしていません!)

***

 それぞれのお正月が見えてほっこり。
 みなさまもよき年始をお過ごしください。今年1年、よい年になりますように!

お便りはこちら

みんなのミシマガジンはサポーターの皆さんと運営しております。

ミシマ社弁当部

ミシマ社メンバーで結成。自由が丘、京都で活動中。

バックナンバー