みんなのださべん

第19回 ご飯の彩りって大事だよね

2017.06.16更新

 アライがお弁当箱について思案していました。今回のミシマガで、ついにアライのお弁当箱が決定か?!と思われた読者の皆様、残念! 今回はオカダのターンです!
 ださべん写真をインスタグラムにあげるのにも慣れてきた今日この頃。相変わらず盛り付けもテキトーなださべんですが、彩りが気にならないわけではありません。
 どうしたら彩り良くなるのだろう、と写真を撮り続ける中でふと気づいたことがありました。
 白いご飯をちょっとでも彩れば、良いのでは?
 これまで、白ご飯だけでも食べられる&白ご飯を彩るための食材を用意するのが面倒という大したことのない理由で、オカダはお弁当のご飯が真っ白でも気にしていなかったのです。面倒くさがりもここまでくると手に負えない。

 ちなみに、真っ白だとこんな感じ。

......白さが目立ちますね。
(そういえば、インスタグラムにアップした時、「白ご飯の存在感がすごい」とコメントもらったことがあったなぁ......)

 手始めに梅干しを載せてみます。

日の丸弁当。スタンダードですが、これだけでもわりと色味が増します。

 次は塩昆布。

 彩りという意味ではそこまでですが、味としてはこの塩気でご飯が進むので良い組み合わせです。

 次はとうもろこしご飯。

 これは営業・イケハタから「ださべん度が下がりますね!」とコメントをもらった一品。しかもこれ、前の日の晩御飯の残りだったので、朝に手を入れる必要がなくて楽だったのです......!

 最後は鳥そぼろと桜でんぶ。

 おお、なんだかきれいに見えるじゃないか。
 今のところ、オカダのださべんの中で彩り最高ランクのお弁当です。

 やはり、ご飯を彩るって大事......。白ご飯で良いだなんて、甘えていました。
「よし、次からはご飯を彩るぞ!」と意気込みながら、親戚からいただいた梅干しがたくさんあるので、当分はその梅干しが大活躍することでしょう。
(って、それでは白ご飯が日の丸ご飯になっただけでは......?)

インスタグラムも更新しています。もうすぐ500投稿間近!

お便りはこちら

みんなのミシマガジンはサポーターの皆さんと運営しております。

ミシマ社弁当部

ミシマ社メンバーで結成。自由が丘、京都で活動中。

バックナンバー