編集後記

2009年9月号 編集後記

2009.09.30更新

ミシマガジンも3カ月がたちました。
毎日、本当にありがとうございます!
この間、平日、かならず更新することができ、まずはほっとしています。
「量」ではとうてい太刀打ちできませんが、
ひとつひとつ、思いをこめてつくっていこうとあらためて思っています。
明日から、4カ月目のスタート。そして、会社としても4年目が始まります。
もっともっと、「面白い」をめざしていきます!
ますますの応援のほど、よろしくお願い申し上げます。

(三島邦弘)


先週末、大学時代のサークルの仲間、先輩たちと数年ぶりに会って飲みました。
その場に「ミシマガジン読んでるよ!」という友人がいて、とてもうれしく思いました。
単なる出版社のウェブサイトという枠を超えて、このウェブ雑誌から何かしら世の中にムーブメントを起こしていきたいと思っています。
猪木さんは、「元気があれば、何でもできる」と言いましたが、ミシマガのコンセプトは、「おもしろければ、何でもできる」です。
10月以降も、楽しみにしてください!

(大越裕)


「時代の魂は過ぎては掴めない。肝要なるは、その時代を生きることなり」
秋の大型連休シルバーウィークは、旅行する代わりにジム・ジャームッシュ作品をまとめて見ました。ジム・ジャームッシュの作品は、流れ者のロードムービー感や言語の相互不理解といった設定が特徴的で、どれも面白いものでした。
そのうちの1本、『ゴースト・ドック』は、武士道精神を説いた「葉隠」を愛読する殺し屋の姿を描いています。100キロはあろう巨漢の主人公が軽快にマフィアを斬っていく場面には、痺れるものがありました。
「最初から濡れる覚悟があれば、濡れても苦にならない」。確かに。確かに。と心に染み込ませながら、来月はどこかに行きたいなと思った9月でした。

(フリー編集・ライター 松井真平)


~~プレゼントのお知らせ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

残りわずか3枚、井上章一『アダルト・ピアノ』、絶賛プレゼント中!


8月の「本屋さんと私」にご登場いただいた井上章一先生から、プレゼントをご
提供いただいています。
井上先生の初CD「アダルト・ピアノ」(非売品)を、抽選で3名の方にプレゼン
トいたします(先月は2名の方から応募がありました)。

41歳の手習いで始めたピアノ、その成果がぎゅっと詰まった名(迷?)作です。
どしどしご応募くださいませ! お待ちしております。
1.My Foolish Heart 2.Les Feuilles Mortes 3.Lullaby of Birdland
4.Garo^ta de Ipanema 5.When You Wish Upon A Star 6.Ladybird
7.Medley 8. Summer Time 9. On Green Dolphin Street
10.Amapola

応募先:「こちら」に、住所、氏名、メールアドレスをお送りく
ださい。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【STAFF】

発行人:三島邦弘
編集人:大越裕
ミシマ社 営業チーム、仕掛け屋チーム
ウェブ編集:松井真平

ライティング

足立綾子
<「アラサー女子は、なぜ東方神起にハマるのか」>

松井真平
<「ミシマ社通信オンライン」「本屋さんと私」>

イラスト MARINO (ブリン)
<トップページ、「読む女」「<構築>人類学入門」「声に出して読みづらいロ
シア人
」「本屋さんと私」「スポーツ紙バカ一代」「喫茶店入門」>*

編集協力

白髪鬼
<「声に出して読みづらいロシア人」>

足立綾子
<「ミシマ社の話」>

ウェブディレクター 蓑原大祐 石山豊(株式会社アンアンドアン)
Web制作 株式会社アンアンドアン

Special Thanks to all readers and all authors of MISHIMAGA

お便りはこちら readers@mishimasha.com>

お便りはこちら

みんなのミシマガジンはサポーターの皆さんと運営しております。

ミシマ社編集チーム

バックナンバー