編集後記

2014年10月号 編集後記

2014.10.31更新


【自由が丘チーム】

 今月は、『街場の戦争論』が発刊を迎えるということで、営業的にはあっという間の1カ月で、まさに戦争的な感じでございました。その様子はハセガワが漫画にして記事になっているので、未読の方はぜひご覧ください。また、青山ブックセンター本店さんで行なった早見和真さんと三島の対談もとても印象に残っています。こちらも今月の記事になっていますので、あわせてぜひ。あと、23日に行なわれた「書店大商談会」にブースを出展し、たくさんの本屋さんにお立ち寄りいただきました。本屋さんあってこそのミシマ社だと改めて強く思う日々です。ありがとうございます。(渡辺佑一)


 ミシマ社名物ねずみさんが自由が丘オフィスでにぎやかになってきたのがちょうど1カ月ほど前。そしてそれと一緒にやってくる招かれざる客が、そう、ダニさんです。メンバーのなかでもやたらと集中的に噛まれる私は、全身が痒すぎて眠れず、最近は社内で山登りウェアを防護服として着用しております。ダニへの免疫力、どうやったら高まるのか知りたいです...。(星野友里)


 6月からひそかに連載開始した「みんなのださべん」みなさんはもうチェックされてますでしょうか。今月は弁当部長のアライがカフェ風ださべんのすすめを・・・というかフレンチトーストのつくり方をレクチャーしてくれています。もはやまかないと化した京都オフィスの弁当。謎につつまれた自由が丘のお昼タイム。来月はわたくしヒラタが原稿を書く予定です。題して「かっこつけださべんのすすめ(予定)」。乞うご期待ください。(平田薫)


 内田先生の『街場の戦争論』が発刊しました。私は、このあいだのイラク戦争のときアメリカにいました。
 友だちのお兄ちゃんが陸軍にいて、物資輸送隊としてイラクに行くことになりました。直接戦うことはないとわかっていても、みんなとても不安でした。アメリカは戦地にはなっていなかったけど、住んでる国が戦争してるのはやっぱりこわかったです。たくさんの人に、この本を読んでほしいと思います。(長谷川実央)


 10月は盛岡と仙台への出張がありました。元々担当していた地元・宮城に加え、今月から新たに岩手のお店も担当することになり、現地に行ってお店を行脚してきました。お店をまわった後には、市川海老蔵似のさわや書店Mさんに教えていただいたお店で異常に旨い焼き鳥を頬張ったり、仙台×ミシマ社プロジェクトのみなさんや、書店員さんたちと芋煮会を開催したりと、もう、飽食の秋です。実際に訪れたお店とは、身体で感じた空気を元に仕事ができる。これからますます面白くお仕事させてもらえそうです。(池畑索季)


【京都チーム】




 ひと月前、やたらと耳がかゆいな、鼻が出るな、と思っていたのですが、しばらくほったらかしにしてました。病院にかからず自力での回復を試みて。けどあまりにひどく、耳鼻科に行きました。すると、蓄膿症と診断・・・。何事も「早め」が大事ですね。と書いてみて気づいたのですが、ミシマガの誌面づくりにも言えること。後半に、読み物が集中しがちですみません! 来月こそは・・・。(三島邦弘)



 今月から、津田篤太郎先生の連載「ヘンテコ医学史漂流記」がはじまりました。これがまた、すっごくおもしろい! すてきなお医者さんで、とってもいいお人柄で、文章もうまいだなんて、津田先生、反則だなあと思います。そうふと考えると、あの人もあの人もあの人も「反則だなあ」と思うくらい素敵で、ああ、なんだか素敵な人ばっかりですねえ。わたしもいつか反則技を使えるようになる日が来るのでしょうか。きたらいいなあ。(新居未希)


 今月はミシマ社の本屋さんが再オープン! 棚指し、平積み、多面陳。さらに当店ではカバーを取り外して本体と別々に並べる「解体陳列」なる手法を編み出しました。こんな贅沢な展開、たぶん世界初。そして最大の魅力は和室に備え付けられた掘りごたつ。ひとたび座ってしまえば30分、1時間があっというまに過ぎてしまいます。冬になってこたつのスイッチが入るとほっこり居眠りとかしちゃいそう。もしも店員が寝てたら起こしてくださいね。
 自宅の居間のような、書店のような、出版社のような、妙な空間を目指します。(鳥居貴彦)




Supported by

永田奨悟/瀬井裕子/川崎哲嗣/寄藤文平/内田樹/aknmt221b/菅原美香/かつ!/「ガリバー」TwitterID@gulliverdj/吉田章子/佐藤朝子/百々寿治/宗形憲樹/吉村健太郎/西村健/神吉直人/石原徳子/近藤淳也/すーちゃんよりまいちゃん/藤谷薫子/川原千明/讃岐学/香山リカ/吉田佳世/田中厚史/中野憲/金山忠司/大沼真理奈/マル企画/城内優子/八木牧人/川井巧/渡辺作太朗/ムムリク・ミ/山陽堂書店/三島遼大/まこ&えり/本とお茶 ときどき手紙 草径庵/猫馬鹿/Ribbon cafe/星野友里/shigeren/奥村聡/ウエスギエリコ/小松達哉/三宅沙弥/鳥居貴彦/ぺんじん/アトリエカフエ やす兄/鈴村綾子/戸田百合子/himaar coffee & crafts/百瀬れい/金井さおり/misumitomoyo/西山貞子/西山慎一/川村友美/オズボーン2/吉川左紀子/したたか/赤塚亮子/冨田八枝子/holo holos/若松大輔/クル/田邉佳子/後藤浩一/ピストン藤井母/芳賀繁浩/川満町華/小泉恒昭/にやがりもん/いとみき/EishiN/暮らしと珈琲 みちみち種や/(株)不動産ギャラリー/岡部幸男/伊倉健之/まさみとまさや/山崎雅人/吉田佐千子/桜井一/平瀬有香/塩野真弥/野澤雄一郎/平本大悟/鯉田勝紀/手取屋岳夫/西靖/風轍/角智春/川阪珈琲焙煎所/山田壮一/岡本尚/てくり 水野/堀内恭/やまちゃん/ももたろう/内田節子/Greenpea/中尾仁/辻井圭太朗/日比野政彦/Shiika/まあちゃん & MARU/山森友美/Raya Sakuraya/unitec/高松駿至/芦田恵美/川口素見/芸工大・藤原千尋/嘉登隆/桜井陽/おおさきななこ/伴光昇/homahomahoma/池畑早苗/安齋詩央里/寄谷菜穂/津田篤太郎/まえだみどり/北川 美里 /田中 晶子/丹所千佳 /高橋敦史/リケア/井川景子/綾 諄子/香山梢/ヨーグルトプリン/藤野貴之/池田公信/原けい/河西教子/谷野舞子/渡邉久也/アワセルブス/森田真生/清水良/山田令子/金森泰子/松井健吾/中本泰代/髙山幹朗/にったりょう/高倉智子/野村乃湯/河村淳司/祝婚家=ミシマ社の詩/新崎哲世/渡邉一宏/マリモ舎/uki.office/上番増喬/でいどり/荒澤久美/黒岩正樹/片野光男/寺町六花/加藤正吾/武田光司/浅井琢也/北村隆幸 奈穂/塩出慎吾/山口美加/天良ちひろ

紙版「みんなのミシマガジン」印刷サポーター:あさひ高速印刷

*引き続きサポーター募集中です!!

発行人:三島邦弘

編集:ミシマ社

イラスト:MARINO (ブリン)トップページ、「本屋さんと私」

編集協力:ミシマ社 デッチメンバー

バナー制作:
寄藤文平(「仕事場のデザイン」「仕事で少し疲れた夜に」)、矢萩多聞(「たもんのインドだもん」「究極の文字をめざして」「おせっかい宣言」「ヘンテコ医学史漂流記」)、渡辺和愛(「本屋さん発!」「凱風館日乗」「いささか私的すぎる取材後記」)、いわながさとこ(「ハタラク計画、スタート前」)、松浦すみれ(「よろしな。」)、谷口菜津子(「石井ゆかりの闇鍋インタビュー」)

ウェブディレクター:蓑原大祐、石山豊(株式会社アンアンドアン)
Web制作:株式会社アンアンドアン

Special Thanks to all readers and all authors of MISHIMAGA

お便りはこちら readers@mishimasha.com

お便りはこちら

みんなのミシマガジンはサポーターの皆さんと運営しております。

ミシマ社編集チーム

バックナンバー