編集後記

2015年3月号 編集後記

2015.03.31更新

「みんなのミシマガジン」2015年度サポーター
 「新規お申し込み」と「更新」のご案内はこちらをご覧ください


【自由が丘チーム】

 今月も気づいたら終わってました。花粉にまみれながらいろいろやりましたが、とりわけ印象に残るのが、『THE BOOKS green』の発刊。昨年のゴールデンウィーク明けからプロジェクトが始動し、その後、全国の書店員さんへの選書執筆依頼をスタート。2012年刊行の『THE BOOKS』と重複を避けるため(掲載店舗、ご担当者、書籍それぞれのダブりがないように作りました)、チェックをしながら進めるやり取りは困難を極め、発刊は幾度となく延期することに(すみませんでした......)。
 が、木々の芽吹きから青葉を感じるような、この春の季節に発刊を迎えられたということが「green」というタイトルにも反映されたのかなと思うと、それはそれで感慨深いものがあります。仮タイトルは、別の名前だったので......。
 原稿のやり取りを交わしたひとりひとりの方々とそれぞれの思い出が詰まった一冊で、完成することができて感無量です。皆さま、お忙しい中ご協力くださり、本当にありがとうございました! なんか、思い出すと涙が出ます。花粉のせいじゃないですよ。(渡辺佑一)

 ミシマ社にしては珍しく、今月は『今までにない職業をつくる』と『THE BOOKS green』のダブル発刊。「猫の手も借りたい」という言葉を身体実感したひと月でした。でもそんなときだからこそ、自由が丘と京都のメンバー全員、デッチやジュニアのみんな、関わる人たちがフル回転して、そういうときにしか発生しない熱量が本に込められた気がしています。ぜひ書店でお手にとってみてください。

写真コメント:仕掛け屋ハセガワからもらった猫の手
(星野友里)


 小さい頃から本が好きでしたが、中高生の頃は小説しか知りませんでした。大学生になって、本屋さんにはノンフィクションやビジネス書、人文書など、いろんな本があることを知りました。社会人になっても、まだまだこんな本があるんだな、学生のときに読みたかったな~! と思うこともたくさん。
 『THE BOOKS green』を、中高生の頃の自分にプレゼントしたら、どれだけうれしかったことだろうと思います。本が好きな学生さんにも、本をあんまり読まない学生さんにも、もちろん大人の方にも、たくさんに方に届けたい一冊です。(平田薫)


 今月印象に残ったことは、『シェフを「つづける」ということ』に出てくる宮根正人さんのお店で、著者の井川さんとみんなでごはんを食べたことと、ミシマガでもおなじみ白山米店さんで、白山お母さんと一緒に、お味噌作りをしたことです。
 今まで私の中で「食」ってそこまで重要なものではなかったのですが、誰かと一緒においしいごはんを食べたり、のんびりゆっくりお料理をするのって、楽しいんだなあ、って素直に思いました。(長谷川実央)




 今月はなんといっても『THE BOOKS green』の発刊。去年の5月頃(だったような......)から制作を開始して、10カ月以上の時を経て完成です。この本がきっかけでご縁が生まれたお店もあり、1ページ、1ページに書店員さんとの思い出がつまっています。「一頁入魂」といってもいいくらいに。
 そして前作と並べてみると、帯色が赤と緑という素晴らしい組み合わせ。小学1年生の頃に熱狂した「ポ○モン」を彷彿とさせるこの配色に、私はひそかに熱いものを感じております(ちなみに、「ポ○モン」では両バージョンともほとんど同じ151匹のモンスターが登場するのに対し、『THE BOOKS』は365冊すべて異なる本が登場します。すごい)。私が151匹集めるのに熱中したあのときのように、中高生のみなさんにはぜひとも365冊(の内の一冊でもいいので)ゲットしていただければ!(池畑索季)



【京都チーム】




 おかげさまで、本日をもちまして「みんなのミシマガジン」は、創刊2年目を終えます。明日より3年目!
 世界中の誰もがフリーで読むことができるウェブ雑誌。「東京中心」ではない出版活動の道を拓く。その運営をサポーターの方々とともにおこなう。
 本当にそんなことが可能だろうか。まったく見えない中でのスタートでしたが、ミシマガも新人アライも、ともにしっかり成長していってくれているように思います。
 明日からは、また新メンバーが加わります。
 この2年間の試みをさらに充実させ、新たな出版の道をしっかり歩んでまいります! ひきつづき、よろしくお願い申し上げます。
 この間サポートいただいたすべての皆さま、ありがとうございました!(三島邦弘)


 今月は京都オフィスで、ミシマガジンをいつも支えてくださるサポーターの皆さんをお招きしての「サポーターDAY」を開催! 大阪出身のわたし、「ここはたこ焼きの出番やろ!」と鼻息荒く買い出しに出かけたものの、スーパーにタコが売ってない。もう一軒行くも、売ってない。もう一軒(以下同)。急遽イカとウィンナーに代打をお願いし、なんとか乗り切りました。読者の方のお声を直接伺えるって、すごく嬉しいことだなあとつくづく思います。
 そして今月は「特集1 となりのイスラム」で同志社大学の内藤正典先生にお話を伺いました。イスラムには、そんな考え方があるんだ!と感動。学ぶべきこと、たくさんあるなあ。今月最終回を迎えた「月刊 越尾比屋人」の松村さんの真摯な姿勢もすばらしく、また次の連載も心から楽しみです!(新居未希)

 暖かくなってきて、イベントやら企画やらの話が多くなってきました。関西の書店員や古本屋さんやらが5、6人集まって合同フェアを企画しています。飲み会からはじまった企画ですが、100坪を超えるショッピングセンター内の書店から数坪の古本屋、駅前の一般的な本屋さん、畳敷きのお店(ウチの店です)などお店の個性が多様すぎてまったくまとまりません。
 メーリングリストでやりとりしているのですが3日に一回くらい誰かがぽろっと発言するという超スローペースで話が進んでいます。5月ごろにはなんとかなるかなあ。このペース、嫌いじゃないです。(鳥居貴彦)




Supported by

永田奨悟/瀬井裕子/川崎哲嗣/寄藤文平/内田樹/aknmt218b/菅原美香/かつ!/「ガリバー」TwitterID@gulliverdj/吉田章子/佐藤朝子/百々寿治/宗形憲樹/吉村健太郎/西村健/神吉直人/石原徳子/近藤淳也/すーちゃんよりまいちゃん/藤谷薫子/川原千明/讃岐学/香山リカ/吉田佳世/田中厚史/中野憲/金山忠司/大沼真理奈/マル企画/城内優子/八木牧人/川井巧/渡辺作太朗/ムムリク・ミ/山陽堂書店/三島遼大/まこ&えり/本とお茶 ときどき手紙 草径庵/猫馬鹿/Ribbon cafe/星野友里/shigeren/奥村聡/ウエスギエリコ/小松達哉/三宅沙弥/鳥居貴彦/ぺんじん/アトリエカフエ やす兄/鈴村綾子/戸田百合子/himaar coffee & crafts/百瀬れい/金井さおり/misumitomoyo/西山貞子/西山慎一/川村友美/オズボーン1/吉川左紀子/したたか/赤塚亮子/冨田八枝子/holo holos/若松大輔/クル/田邉佳子/後藤浩一/ピストン藤井母/芳賀繁浩/川満町華/小泉恒昭/にやがりもん/いとみき/EishiN/暮らしと珈琲 みちみち種や/(株)不動産ギャラリー/岡部幸男/伊倉健之/まさみとまさや/山崎雅人/吉田佐千子/桜井一/平瀬有香/塩野真弥/野澤雄一郎/平本大悟/鯉田勝紀/手取屋岳夫/西靖/風轍/角智春/川阪珈琲焙煎所/山田壮一/岡本尚/てくり 水野/堀内恭/やまちゃん/ももたろう/内田節子/Greenpea/中尾仁/辻井圭太朗/日比野政彦/Shiika/まあちゃん&MARU/山森友美/Raya Sakuraya/unitec/高松駿至/芦田恵美/川口素見/芸工大・藤原千尋/嘉登隆/桜井陽/おおさきななこ/伴光昇/homahomahoma/池畑早苗/安齋詩央里/寄谷菜穂/津田篤太郎/えだみどり/田中晶子/丹所千佳 /綾諄子/藤野貴之/森田真生/清水良/山田令子/金森泰子/松井健吾/中本泰代/山幹朗/にったりょう/高倉智子/野村乃湯/河村淳司/祝婚家=ミシマ社の詩/新崎哲世/渡邉一宏/マリモ舎/uki.office/上番増喬/でいどり/荒澤久美/黒岩正樹/片野光男/寺町六花/加藤正吾/武田光司/浅井琢也/北村隆幸 奈穂/塩出慎吾/山口美加/天良ちひろ/新内秀一/小森茂弘/桂川潤/片岡寛子/藤原寿治/やすクン/西本道裕/伊藤裕美子/noriharu/ふやふや堂/伊藤美代子/長谷川良子/松岡美江/青木吉史/小軽米美典/竹内智子/みやこし/副直子/大野素子/赤堀亮介/臼田節子/さぽさぽーと/保田大介/中川学/小原茂/ひらたとわ/雨の本屋/恩田香/伊藤あき/浅山太一/Hami/大野貞良/まいけるまま


紙版「みんなのミシマガジン」印刷サポーター:あさひ高速印刷

*引き続きサポーター募集中です!!

発行人:三島邦弘

編集:ミシマ社

イラスト:MARINO (ブリン)トップページ、「本屋さんと私」

編集協力:ミシマ社 デッチメンバー

バナー制作:
寄藤文平(「仕事場のデザイン」「仕事で少し疲れた夜に」)、矢萩多聞(「たもんのインドだもん」「究極の文字をめざして」「おせっかい宣言」「ヘンテコ医学史漂流記」)、渡辺和愛(「本屋さん発!」「凱風館日乗」「いささか私的すぎる取材後記」)、いわながさとこ(「ハタラク計画、スタート前」)、松浦すみれ(「よろしな。」)、谷口菜津子(「石井ゆかりの闇鍋インタビュー」)

ウェブディレクター:蓑原大祐、石山豊(株式会社アンアンドアン)
Web制作:株式会社アンアンドアン

Special Thanks to all readers and all authors of MISHIMAGA

お便りはこちら readers@mishimasha.com

お便りはこちら

みんなのミシマガジンはサポーターの皆さんと運営しております。

ミシマ社編集チーム

バックナンバー