編集後記

2015年6月号 編集後記

2015.06.30更新

「みんなのミシマガジン」2015年度サポーター
 「新規お申し込み」と「更新」のご案内はこちらをご覧ください


【自由が丘チーム】

 今月は、大瀧純子さん初の著書『女、今日も仕事する』が発刊ということで、どう拡げていくか、いろいろ考えつつ動きました。ひとつは大瀧さんのトークイベントを。これは八重洲ブックセンター本店さんで7月23日(木)に開催が決定。詳細はこちら。ゲストは若松英輔さん! ほかにも、売場で一緒に置くと相乗効果が出そうな本を探すべく、梶山ひろみさんの『しごととわたし』(イースト・プレス)や、WAVE出版さんの『仕事は「行動」がすべて ――無名の偉人・木全ミツの仕事』などを立て続けに読了。で、思いました。女性を主な読者にした本たちですが、これらはむしろ男性にこそぜひ読んでほしい! と。で、なにかフェアをできないかなあと妄想中・・・。

(渡辺佑一)


 昨日、急に思い立って2015年上半期分の自宅の大掃除をしました。風呂場を全力で磨き、台所の床も全力で雑巾がけし、押し入れの上のほうの棚に入っている荷物を上げ下げして整理したら、本日、腕が筋肉痛です。でもやっぱりスッキリしていいものですね。
 明日からは下半期突入。心も新たに臨みたいと思います。(星野友里)




 次のミシマガシネマは、課題映画を観てきてみんなで話す、ということになりました。お題は『トゥモローランド』。というわけで、週末さっそく観にいきました。いつもは夫もついてくるのですが、仕事があるので今回は私ひとり。ひとり映画は実は初めてです。チケットはもう買ってあるので、定期とハンカチ、ケータイをポケットにいれて、日曜日の朝、手ぶらで映画館へ。手ぶらで電車に乗るのも初めてかも・・・。そんなわけで初めてのひとり映画は、いい意味でなんということもなく、これからもひとりでふらっと行ってみよう、と思ったのでした。(平田薫)


 何年か前に、私がすきそうな本屋さんがあると言って友達が連れて行ってくれたのが、恵文社一乗寺店でした。
 近所の本屋さんにはよく行っていたけど、他のお店のことは全然知らなかったので、こんなにてきな本屋さんが世の中にあるんだなーと感動しました。そのお店の店長さんと、今、こうしてお話してるなんて(「ミシマガシネマ」)、うれしいけどすごく不思議な感じがします。そのとき買った本は、いまでも大切にしています。(長谷川実央)



 6月は『佐藤ジュンコのひとり飯な日々』な日々でした。著者のジュンコさんと、東京のお店をまわったり、仙台のお店をまわったり、Book! Book! Sendai で似顔絵サイン会を開いていただいたり......と盛りだくさん。おかげで、今まで知らなかった仙台のすてきなお店、気になっていたけど行ったことのなかった東京のお店ともご縁ができました。そして7月3日にはいがらしみきおさんとの対談も。まだまだひとり飯な日々な日々が続きます。(池畑索季)

【京都チーム】


 今日で一年の半分が終わります。思わず、終わると書きましたが、ほんとは何も終わりません。
 「全部、コンティニュー」(@バッキー井上『人生、行きがかりじょう』)ですよね。
 というわけで、今日も明日も明後日も、その先もずっと、「おもしろい」を入魂してまいります。
 今月も、ありがとうございました。明日からの7月号もどうぞお楽しみに!(三島邦弘)



 今月は落語を2回、観に行きました。1回は、笑福亭福笑さんの独演会。「憧れの甲子園」という噺が面白すぎて、お腹を抱えて笑いました。2回目は繁昌亭へ。内田先生が鼎談でご登場されるということで、はじめて落語を観る、という方もたくさん詰め掛けたようです。このミシマガがないとこんなに落語に親しむことはなかったやろな~と思うと、なんだかジーン。落語、映画、電車、数学、もっともっと、たくさんのものを貰っています。そっとパスできるようになりたいなあ。(新居未希)




 今月はいろいろとおでかけしました。
 今年4度目の沖縄はもうすっかり夏。沖縄の本屋さんはみんなとにかく元気で、いついってもなにかが起こっています。今回もうれしいニュースを聞かせてもらいました。そして、いままで何十回と通過はしていたけれど降り立ったことのなかった岡山。岡山の書店員さんたちの結束力はものすごい。ただただ圧倒されて帰ってきました。また行こう。
 そして遠出するたびに気になるのが、オフィスにやってきた4匹のカメたち。出張の間、水はかえなくてもいいか、エサは足りているか、逃げ出したりしないか、悪い奴に連れて行かれたりしないか。いろいろ心配しても、出社して池をのぞくとみんないつも通りにのんびりこちらを見上げてくれます。なかなか気の抜けたおもしろい奴らです。(鳥居貴彦)


 京都に来て2ヶ月が経とうとしています。先日東京に戻ったとき、会う人会う人に「痩せた?」と言われました。自覚症状がなかっただけにショックです。ふっくらした友人いわく、太るにもストイックさが必要とのこと。そしてされたアドバイスは無駄に炭水化物をたくさんとること。これ以上痩せるとまずい気がするので、「デブ活」進めていきたいと思います。(田渕洋二郎)





Supported by

永田奨悟/瀬井裕子/川崎哲嗣/寄藤文平/内田樹/aknmt221b/菅原美香/かつ!/「ガリバー」TwitterID@gulliverdj/吉田章子/佐藤朝子/百々寿治/宗形憲樹/吉村健太郎/西村健/神吉直人/石原徳子/近藤淳也/すーちゃんよりまいちゃん/藤谷薫子/川原千明/讃岐学/香山リカ/吉田佳世/田中厚史/中野憲/金山忠司/大沼真理奈/マル企画/城内優子/八木牧人/川井巧/渡辺作太朗/ムムリク・ミ/山陽堂書店/三島遼大/まこ&えり/本とお茶 ときどき手紙 草径庵/猫馬鹿/Ribbon cafe/星野友里/shigeren/奥村聡/ウエスギエリコ/小松達哉/三宅沙弥/鳥居貴彦/ぺんじん/アトリエカフエ やす兄/鈴村綾子/戸田百合子/himaar coffee & crafts/百瀬れい/金井さおり/misumitomoyo/西山貞子/西山慎一/川村友美/オズボーン2/吉川左紀子/したたか/赤塚亮子/冨田八枝子/holo holos/若松大輔/クル/田邉佳子/後藤浩一/ピストン藤井母/芳賀繁浩/川満町華/小泉恒昭/にやがりもん/いとみき/EishiN/暮らしと珈琲 みちみち種や/(株)不動産ギャラリー/岡部幸男/伊倉健之/まさみとまさや/山崎雅人/吉田佐千子/桜井一/平瀬有香/塩野真弥/野澤雄一郎/平本大悟/鯉田勝紀/手取屋岳夫/西靖/風轍/角智春/川阪珈琲焙煎所/山田壮一/岡本尚/てくり 水野/堀内恭/山ちゃん/ももたろう/内田節子/Greenpea/中尾仁/辻井圭太朗/日比野政彦/Shiika/まあちゃん & MARU/山森友美/Raya Sakuraya/unitec/高松駿至/芦田恵美/川口素見/芸工大・藤原千尋/嘉登隆/桜井陽/おおさきななこ/伴光昇/homahomahoma/池畑早苗/安齋詩央里/寄谷菜穂/津田篤太郎/まえだみどり/田中晶子/丹所千佳/綾 諄子/藤野貴之/池田公信/渡邉久也/森田真生/清水良/山田令子/金森泰子/松井健吾/中本泰代/山幹朗/新多了/高倉智子/野村乃湯/河村淳司/祝婚家=ミシマ社の詩/新崎哲世/渡邉一宏/マリモ舎/uki.office/上番増喬/でいどり/荒澤久美/黒岩正樹/片野光男/寺町六花/加藤正吾/武田光司/浅井琢也/北村隆幸 奈穂/塩出慎吾/山口美加/天良ちひろ/新内秀一/小森茂弘/桂川潤/片岡寛子/藤原寿治/やすクン/西本道裕/伊藤裕美子/noriharu/ふやふや堂/伊藤美代子/長谷川良子/松岡美江/青木吉史/小軽米美典/竹内智子/みやこし/副直子/大野素子/赤堀亮介/臼田節子/さぽさぽーと/保田大介/中川学/小原茂/ひらたちざとわ/雨の本屋/恩田香/伊藤あき/浅山太一/Hami/大野貞良/まいけるまま/chuchu/小室弘毅/坪井暢子/市道野愛/平井多美子/中村由美/ちあき/花街の父


紙版「みんなのミシマガジン」印刷サポーター:あさひ高速印刷

*引き続きサポーター募集中です!!

発行人:三島邦弘

編集:ミシマ社

イラスト:MARINO (ブリン)トップページ、「本屋さんと私」

編集協力:ミシマ社 デッチメンバー

バナー制作:
寄藤文平(「仕事場のデザイン」「仕事で少し疲れた夜に」)、矢萩多聞(「たもんのインドだもん」「究極の文字をめざして」「おせっかい宣言」「ヘンテコ医学史漂流記」)、渡辺和愛(「本屋さん発!」「凱風館日乗」「いささか私的すぎる取材後記」)、いわながさとこ(「ハタラク計画、スタート前」)、松浦すみれ(「よろしな。」)、谷口菜津子(「石井ゆかりの闇鍋インタビュー」)、中川学(「からだのなかの微生物」)

ウェブディレクター:蓑原大祐、石山豊(株式会社アンアンドアン)
Web制作:株式会社アンアンドアン

Special Thanks to all readers and all authors of MISHIMAGA

お便りはこちら readers@mishimasha.com

お便りはこちら

みんなのミシマガジンはサポーターの皆さんと運営しております。

ミシマ社編集チーム

バックナンバー