本屋さん発!

第10回 FOLK old book store発!

2013.08.24更新

FOLK old book store


 大阪の北浜という街にある古本屋 FOLK old book storeです。

 FOLKを2010年の9月に、大阪の天神橋という場所で始めました。
 26歳になって少し経ったころでした。
 散歩をしていたら良さそうな物件があったので問い合わせてみると、ちょうど空いているとのこと。
 その頃アルバイトしていた本と雑貨のお店を辞めて、借金をして、物件を借りました。
 ぼくはタイミングに関しては自信があって(どのタイミングも正解と思っているからかもですが)
 ヤッと飛び込みました。

 家具を作っている友達に大きいテーブルを作ってもらい、10坪ほどのお店の真ん中にドンと置きました。
 リサイクルショップを回って什器を買って、壁はペンキで白く塗り、一番大きい本棚は自作しました。
 不安もあったけどわけのわからない万能感もありました。やるしかない感じ。
 値付けと品出しを友達が手伝ってくれて、初日にはお祝いもしてくれました。

 はじめはただ自分の持っていた本を売っていて、自分の部屋ではあふれるほどあると思っていた本たちは、お店に並べるとすかすかでほとんどフリーマーケット状態。
 棚を充実させるため、営業時間外か休みの日に古本屋さんをめぐって店に並べたい本を探し、値付けをして品出しをする日々。
 リュックサックを古本でいっぱいにして満足でした。

 天神橋界隈には小さいお店も多く、お店を始めて1年と少し経った頃にはちょっとづつ知り合いも増えてきて、出会ったおもしろい人たちと一緒にライブやイベントをやりたくなってきて、それには少し手狭に感じるようになってきました。
 古本の売上だけではきついということもあって、喫茶もやろうかと考えました。
 ここまで読んでお気づきの方も多いと思いますが、つねに行き当たりばったりです・・・。
 ふわふわしています。

FOLKさん

左)地下でのイベントの様子。アボット奥谷・神保賢志・蒼室寛幸3人展「ブック・ファースト・ラブ」オープニングイベントねじ花子ライブ
右)オリジナルTシャツとトートバック


 知り合いの不動産屋さんに「喫茶ができること」「音出しが可能なこと」「ロケーションが良い」など、好き勝手お願いして今の物件に巡り会いました。
 新しいお店は面積が広くなり、なんと地下スペースまであります。
 地下ではライブや展示、トークイベント等、自由に展開しています。
 1階では喫茶はもちろん、新本や雑貨の取り扱いも増えて、オープン当初を思えばかなりにぎやかになってきました。

 身近な人たちには最近話し始めましたが、いつか1階をレストランにしたいと思っています。
 本や雑貨は少し残して地下に降ろしてしまい、ぼくも地下にこもってせっせと本の値付けをしたいです。
 お腹がすいたら1階に上がって親子丼を注文したりしたい。
 これ、完全に思いつきですが良いと思うなあ。きっと楽しい。
 勘はいいんです。

(店主 吉村祥)



FOLKさん


FOLK old book store
〒541-0046
大阪市中央区平野町1-2-1 1F/B1F
電話・FAX:06-7172-5980
営業時間:11:00~19:00
hp:http://www.folkbookstore.com
mail:info@folkbookstore.com
Twitter:@FOLKbookstore

お便りはこちら

みんなのミシマガジンはサポーターの皆さんと運営しております。

ミシマ社編集チーム

バックナンバー