本屋さん発!

第21回 マルノウチリーディングスタイル発!

2014.02.06更新

 普段本を読まない人に、本に興味を持ってもらいたい。そういう思いで日々仕事に取り組んでいます。でも、本に興味のない人を振り向かせるのは至難の業です。自分が本好きになったきっかけを思い出してみてください。たまたま図書館で借りた本が面白かったから、とか。友人に勧められて借りた本が面白かったから、とか。きっと何らかの偶然の出来事があなたと本を結びつけたはずです。じゃあ、そういった偶然を書店の店頭で起こすにはどうすればいいのか。そんなことばかり考えています。


 私たちマルノウチリーディングスタイルは、東京駅前にある商業施設「KITTE」の4階にある本・雑貨・カフェの複合店です。雑貨と本が同じ棚に並んでいたり、お買い上げ前の本をカフェで試読できたりします。それも、普段本を読まない人に、本を身近に感じてもらいたいという思いがあるからです。店作りにおいても、普段本を読まない人に、本に興味を持ってもらうために、少しふう変わりな企画やフェアを行っています。今回は、そういった取り組みの一部を少しだけご紹介させて頂きます。

 まずは、2013年9月2日から11月30日まで実施した「100 favorites」という企画です。これは100人の一般の方のオススメ本を、その方の顔写真とともに陳列するというものです。書店員でも評論家でもない一般の方がオススメする本を販売するという、少し変わったフェアです。こういったフェアであれば、普段本を読まない人でも、本に興味を持ってもらえるのではないかと考えました。実際、「こういう顔の人がこういう本を読むのか」といった声や、「この人タイプだから、この本を買います」といった声を何回かお聞きしました。そういう本との出会い方があってもいいのかな、と思わされました。普段本を読まない人でも、雑誌なら読むという人は結構いるかと思います。ならば、「見知らぬ一般の方がオススメ本を紹介する」雑誌の見開き記事のような売場を作ってみたいと思い、この企画を行いました。

 

 次は、2013年12月1日から実施している「100 characters」という企画です。これは、小説の登場人物を100人集めたフェアで、「文庫本葉書」や「ほんのまくら」のように本自体をオリジナルカバーで隠して販売しました。そうすることで、登場人物との一期一会感を演出できるよう心掛けたつもりです。登場人物の氏名・性別・年齢・職業をパネルにして設置し、登場人物の印象的なセリフをオリジナルカバーに印字。登場人物の情報とセリフだけを頼りに本を選んでもらうという、今までにあまり見かけないフェアになりました。書店の店頭で、魅力的な人物との偶然の出会いを演出することで、普段本を読まない人に、本を手に取ってもらうきっかけを作ることができたと思います。

 

 そして最後に、2014年3月末から開催予定の「BIRTHDAY BUNKO」の告知です。これは、1月1日から12月31日までの366日分の誕生日を調べ、その日に生まれた著名人の文庫をオリジナルカバーに巻いて販売するという企画です。カバーの表面には、誕生日とその日に生まれた著名人の名前が印字されており、裏面にはその著名人の略歴が記されています。自分と同じ日に生まれた著名人が、どのようなことを考え、どのような生き方をし、どのような本を書き残したのか。気になる方は自分自身の誕生日の本を購入することもできますし、大事な人への誕生日プレゼントとしても活用できるはずです。従来、本を人にプレゼントするのは少し勇気がいりますが、その人と同じ日に生まれた著名人の本であれば、内容を問わずプレゼントしやすいような気もします。この企画によって、本のプレゼント需要を少しでも拡大できればと考えています。


 その他にも、いろいろと温めている企画があるので、今年も少しずつ形にしていければと思っています。普段本を読まない人に、本を好きになってもらう。普段から本を読む人には、さらに本を好きになってもらう。そういう使命を果たせる面白い本屋でありたいと思っています。

(北田 博充)

マルノウチリーディングスタイル
〒100-7004
東京都千代田区丸の内2-7-2 JPタワーKITTE4F
TEL:03-6256-0830
営業時間:11:00〜21:00(月〜土)、11:00〜20:00(日・祝)*祝日前は〜21:00

お便りはこちら

みんなのミシマガジンはサポーターの皆さんと運営しております。

ミシマ社編集チーム

バックナンバー