本屋さん発!

第29回 古本屋ワールドエンズ・ガーデン発!

2014.06.08更新

 ミシマガジンの読者のみなさま、こんにちは。
 神戸の灘区というところで本屋業を営んでおります、古本屋ワールドエンズ・ガーデンと申します。はじめまして。

 みなさま神戸といいますと、元町界隈の港街と、異人館街がある北野エリアの異国情緒漂う場所をイメージされるかと思いますが、当店はそんな"神戸らしい"から東へ少し離れた場所で営業しております。お店をはじめて1年半ほどになります。
 すぐ北には夜景の美しさで有名な摩耶山を臨み、界隈には兵庫県立美術館・横尾忠則現代美術館や神戸文学館、王子動物園などが近接しており、自然豊かで文化的な場所といえそうです。

 当店は屋号に"古本屋"とあるとおり、主に古本を扱っております。12坪ほどのスペースで古本・新刊書籍をメインに、不定期でブックカバーなどの読書に関連した雑貨を扱うお店でございます。
 そんな店舗を、自分と猫のぶんちゃん(オス・1歳8ヶ月)の、一人と一匹(男の助数詞も匹なら二匹ですね)で営業しております。

 そもそも、なぜお店をはじめることにしたのか。――それは、あるとき、本が消費されているのではないかと思ったからです。
 本は誰にとっても等価ではなく、ある人にとっては取るに足らないものであっても、またある人にとっては一生の一冊になる可能性のあるものです。そうしたものに出会うきっかけとなる場を、端っこの方でやり続けようという意味で「ワールドエンズ(世界の端)」という名前をつけました。

 そういう経緯ではじめたお店ですので、ミシマ社さんの本ですと、バッキー井上さん『人生、いきがかりじょう』や、瀬名秀明さんと最相葉月さんの共著『未来への周遊券』など、心からおススメしたいものだけを平積みしております。
 もう一点、当店の特徴といえるのは店内のレイアウトでしょうか。友達の部屋に遊びに来る感覚で気軽にお立ち寄りいただきたいとの考えから、店内にソファ・文机・食卓・ベッドなどを配し、ゆっくりと一冊をお選びいただきたいと思っております。

 今後はこの場所で異なる価値観や考えを持つ人たちが集まり、出会い、そこで新しい価値観や考えが生まれるサロンのような場所になればいいなと思っています。いろんな人が集まるのが本屋さんのいいところですよね。

 そんな感じでこれからも"何でもはないけれど、何かあるお店"を、端っこの方でゆる~く続けていければと思っています。

《イベントのお知らせ》

 ご縁があり、ネルソン松原さん『生きるためのサッカー』(サウダージブックスさん刊)の発刊記念のトークイベントを開催することになりました。もちろん事前に読ませていただき、沢山のみなさんへおススメしたいとの思いからです。
 1回目にはミシマガジンでも連載されている平尾剛さん、2回目にはサッカー指導者の加藤寛さんが、ネルソン松原と対談します。
 ぜひネルソンさんに会いに来てください。


*** *** ***

#ネルソン松原『生きるためのサッカー』刊行記念トーク

◆6月8日(日)14時~15時半
「転がるボールを追いかけて」 1st half 
出演=ネルソン松原(サッカー指導者、元ヴィッセル神戸ユース監督)、平尾剛(元ラグビー日本代表/神戸製鋼コベルコスティーラーズ、神戸親和女子大学教授)

◆7月6日(日)14~15時半
「転がるボールを追いかけて」2nd half 
出演=ネルソン松原、加藤寛(サッカー指導者、元ヴィッセル神戸育成普及部長、神戸親和女子大学教授)


※いずれも定員25名。入場料500円(コーヒーか紅茶1杯付)。 

※ご予約は電話かメールにて承ります。参加希望日もお知らせください。
→078-779-9389/info@worldendsgarden.com

*** *** ***

古本屋ワールドエンズ・ガーデン

〒657-0836
神戸市灘区城内通5-6-8光栄ビル1F
電話:078-779-9389
営業時間:11:00~20:00
不定休(ほぼ年中無休)

お便りはこちら

みんなのミシマガジンはサポーターの皆さんと運営しております。

ミシマ社編集チーム

バックナンバー