本屋さん発!

第37回 ジュンク堂書店三宮店発!

2014.10.12更新

 ジュンク堂書店三宮店は、神戸の中心繁華街の大きな商店街の中にあります。

 ここは、JR・阪急・阪神が乗り入れるターミナル駅である三ノ宮駅が最寄りにあり、近隣には様々なファッションビルが立ち並ぶ、平日休日を問わずとても賑やかな街です。そんな中、1976年に1号店としてオープンした三宮店。現在は、北は旭川から南は那覇、日本を飛び出し台北にも店舗をかまえるジュンク堂書店ですが、その歴史は、ここから始まったのです。

 今や珍しくなくなった座り読みコーナーを早々に取り入れ、専門書の品揃えにはとことんこだわってきました。阪神大震災の時には、壊滅的な状況にまで崩れ落ちたこの神戸で、交通機関もままならない状態でわずか2週間後にオープンさせ、たくさんのお客様がご来店くださったことは、弊社の語り草になっています。
 何度かの増床を経て、1階~5階に渡る1500坪という兵庫県最大の売り場面積を誇り、この立地から老若男女とても幅広いお客様がご来店してくださります。
 こうして地域の方々に支えられ神戸の街とともに歩んでいることを、日々実感します。


 ミシマガジンのこのコーナーでは、毎回本好きにとっては言わずと知れた憧れの書店が寄稿されていて、今回そんな中に混ぜて頂くのは喜びよりも恐縮の方が大きいくらいです。
 当店は、有名なカリスマ書店員もいないし、おしゃれな雑貨も扱ってはいないけれど、ご来店くださるひとりひとりのお客様が「また来たい」と思ってくださるように、各ジャンルの専門家である担当者たちがとにかくひた向きに売り場づくりに励んでいます。それは、もちろん品揃えだったり、目新しいフェアであったり、そしてお客様に対する接客だったり・・・なにひとつ、気を緩めてはいられないのです。

 そんな売り場での取り組みの中で、ただいま展開中の文庫担当イチオシのフェアをご紹介いたします。
 題して「10代のうちに読んでよかった! ので、今10代のあなたに読んで欲しい本フェア」!
 読書はいつだって、わくわくどきどきする新しい世界を広げてくれるけれど、10代の時に読んだものってなんだか特別な気がしませんか? 今思えばちっぽけだなあと感じるようなことにも、真剣に悩みもがいたあの頃。そんな時だからこそ共感できたり反発したりしてしまう、そんな思いを重ねてきた文庫本を、昔10代だった担当者たちが選んでいます。もちろん10代の方以外にも、手に取っていただきたいものばかり。
 あなたにとって、思い出深い1冊も入っているでしょうか。こうしてアイデアを出して本を並べていくこと、これは書店員として至福の時のひとつでもあります。それがお客様とも共有できれば、これ以上の喜びはありません。


 また、当店では作家やラジオのパーソナリティ、スポーツ選手など、様々な方に来ていただき、新刊の刊行記念サイン会やトークイベントなどを催しています。
 この度は、9月のミシマ社さんの新刊である「近くて遠いこの身体」の著者、平尾剛さんのサイン会を開催させていただけることになりました!
 ラグビー元日本代表選手であり、地元ラグビーチームである神戸製鋼コベルコスティーラーズに所属されていた平尾さんは、先日当店にもご来店くださいましたが、おヒゲの似合う笑顔のとっても素敵な方です。まだまだ参加を受け付けておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ!

<サイン会詳細>
開催日時:2014年10月26日(日)14:00~
開催場所:ジュンク堂書店三宮店 2階特設会場
参加方法:「近くて遠いこの身体」をご購入のお客様でご希望の方へ、ジュンク堂書店三宮店2階もしくは3階カウンターにて、参加整理券をお渡しいたします。
※お電話でのご予約も可能です。(078-392-1001)

 長くなってしまいましたが、こうして私たちは、ひとりでも多くのお客様に「本を選ぶ楽しみ」を伝えていけるよう店づくりをしています。
 今日も、誰かと本との出会いの場になれていますように。
 またのご来店をお待ちしております。


ジュンク堂書店三宮店
〒650-0021
兵庫県神戸市中央区三宮町1-6-18
営業時間:10:00-21:00
TEL:078-392-1001

お便りはこちら

みんなのミシマガジンはサポーターの皆さんと運営しております。

ミシマ社編集チーム

バックナンバー