本屋さん発!

第51回 ブックスキューブリック箱崎店 発!

2015.05.03更新

 2001年4月、福岡市中央区のけやき通りに開店したブックスキューブリック。
 その2つ目の店舗が、天神や博多などの中心地を挟んで反対側、東区の箱崎というところにあります。


 箱崎は、九州大学や筥崎宮を中心に古い建物や商店が残る一方で、その隙間で若い人たちが新しくお店をはじめたり、古さと新しさがごちゃ混ぜになったような面白さがある街です。
 9月には「放生会(ほうじょうや)」という福岡の3大祭りに数えられるイベントが行われ、箱崎が最も賑わう1週間がやってきます。わたしたちも店の外で、カフェで手作りしたソーセージを焼きます!(祭でソーセージを焼く本屋はなかなか稀ではないでしょうか)

 さてそんな街で今年7年目を迎えるブックスキューブリック箱崎店の店内は、約20坪の空間に雑誌から絵本まで、全ジャンルの本がぎっしり詰まっています。
 周囲は住宅地のため、お昼は赤ちゃん連れのお母さんたち、夜は会社帰りのサラリーマンもよく見かけます。けやき通り店よりは通路が広いのでベビーカーもOK。近年は雑貨にも力を入れています。


 中央平台には話題の新刊や季節のフェアなど、そのときのいちおし本がずらり。
 下のほうに見えますのは、福岡の施設・宅老所よりあい発の面白い雑誌、「ヨレヨレ」。当店売上ランキング常連です。

 BGMは店主も大好きなジャズなど「テンポはあるけれど邪魔にならないもの」がモットー。CDも販売しています。


カフェ&ギャラリー・キューブリック

 箱崎店の1番の特徴は、2Fに併設されたカフェ。
 自慢のコーヒーは、地元の焙煎屋さんの協力で完成したオリジナルブレンドです。コクがありスッキリした後味は「おかわりしたくなる味」と好評をいただいております。
 1Fで購入した本を、美味しいコーヒーと一緒にすぐ楽しむことができます。おなかと心を満たす美味しい食事も、日々研究して提供しています。


 螺旋階段で2Fへ上がります。「目がまわる~」と好評?です。


 こちらのカフェはギャラリーにもなっていて、絵本の原画展や写真展などの企画を行っています(写真は、ちょうど1年前に「みちこさん英語をやりなおす」の原画展を行ったときのもの)。
 そして、著者を招いたトークイベントも頻繁に開催。トークイベントは、本で得る情報が何倍にもふくらむ「体感」の場です。毎回、お客さんの集中力がぐっと感じられ、なんとも言い表せない濃密な時間が流れます。
 トークイベント終了後はグラスを片手に懇親会を行うことも。ゲストとの交流はもちろん、参加者同士も話が盛り上がる楽しい時間です。


 出版社が集中する東京・関西に比べると数は少ないですが、最近では、書店同士のつながりも強くなり展示やトークイベントの九州ツアーを行うことも増えてきました。一冊の本の「素」を直に感じるような出会いの場を、九州方面でももっと増やしていければと思っています。

 本屋、カフェ、イベントと色々やっているように見えますが、どれをとっても根底には「誰かの想いを大切に届ける」という使命があります。
 先日、お客様から「今日もいい本と出会えました!」という言葉をかけていただきました。ひとりでも多くの方にそんな風に感じていただければ、これほど嬉しいことはありません。
 良い出会いを提供できる場所であり続けるために、これからも力を尽くしていきたいと思います。

 「本を探す」「コーヒーを飲む」「イベントに参加する」「イベントに"出演"する」
 どういう形であれ、みなさまのお越しをいつでもお待ちしております!


ブックスキューブリック箱崎店
〒812-0053
福岡市東区箱崎1丁目5-14ベルニード箱崎1F
営業時間:
書店AM11:00~PM8:00
カフェAM11:30~PM7:00
店休日 毎月第2・第3月曜日 
※祝日の場合営業

TEL 092-645-0630
HP  http://www.bookskubrick.jp/

お便りはこちら

みんなのミシマガジンはサポーターの皆さんと運営しております。

ミシマ社編集チーム

バックナンバー