本屋さん発!

第63回 風の駅 発!

2015.11.29更新

 京都の叡電・京阪出町柳駅より徒歩5分、出町桝形商店街の中にこっそり存在する
京都で1番小さな本屋「風の駅」です。7月で3周年を迎えました。


風の駅へはこの階段を上る


 
ぼろんぼろんのビルの、いや、もとい。
笑福亭晃瓶さんのラジオ出演させて頂いた時に「ぼろんぼろん言うたら大家さん気い悪うするから、レトロビル言うとき!」とアドバイス頂きましたので、とっても素敵なレトロビルの2Fにあると言っておきましょう。
1Fはえびす屋というスーパーです。激しく野菜が並んでいて、そちらに注意を向けると風の駅の入口は見事に視界に入りません。
「3往復したのに見つからない」「えびす屋横に階段なんかありました?」
そんなん入口です。

2F入口ドア。方向幕が目印。営業が終わると「終電出ました」の木札がかかります



 先日、廊下の電球が瞬き始めたので「取り替えて」と業者にお願いしたら、2本あった蛍光灯が1本抜かれ、余計に廊下は薄暗くなりました。キジも鳴かずば撃たれまい。更に試練は続き最後の一本も点滅し始め、まるで場末のバー状態。怪しい雰囲気が極まったので、仕方なく店の看板に「勇気のある君、入ってみたまへ」と加えてみました。日々是闘。


難なく見渡せる本棚。梅村マルティナさんの腹巻帽子もあります


 
さてさて風の駅ですが、旅や食・地方に関するリトルプレスを中心に、ミシマ社さんの本や古書等を揃えています。全国のフリーペーパー、観光パンフが沢山あります。




観光パンフ、三鉄グッズ、オリジナル雑貨も

気になる京都2 あの店あの場所:りぼんは5カラー有ります


 この他、「出町柳猫ちゃんカップ」「三陸鉄道グッズ」等のオリジナル雑貨も。面白い京土産って無いよな、三鉄応援したいな、で作っちゃったものです。

 
更に風の駅では観光案内もしておりまして、当駅発行「気になる京都」は、自分が京都を案内するのに適する本が無かったので作った本です。

出町柳ねこちゃんカップは珈琲等を鴨川に見立て遠くに大文字を眺めるという出町柳の風景を楽しめるカップです



 
又、当駅では、旅の資料を備えた図書カフェを併設。
月替りの「旅する珈琲」や「三鉄サイダー」等を楽しめます。
色々な土地の珈琲を用意するのは、その味を辿って旅をしてもらいたくて。
出町ふたばの豆餅持込みOKなのは、1番美味しいできたてを味わってほしいから。
鴨川で食べるとトンビに狙われますから、ね!
カフェの1番人気は八百屋さんの色とりどりの野菜眺められるカウンター席。
八百屋の借景はここだけかな?季節感があって綺麗で、見ていて飽きないのです。

古書は旅関連を中心に揃えています


 風の駅ときたら、ほんまに駅のようで、色々な方がやってきます。

開口一番「ここは何ですか?」不意打ちするお客様。
それに対して、駅長の代わりに自主的に説明を始める常連さん。

「この本ずっと探していたんです。まさかあるなんて!」
数少ない中から探し当てるとは、ものすごい強運のお客様。

「私、転勤で今日が最後です。気になる京都買いに来ました。これを見て思い出します。」一緒に悲しくなってしまったお客様。

「なんか面白いことないですか?」
「その本面白いから買いなさい」本を勧められちゃうお客様。

「絶対鉄っちゃんのおじさんが店主かと思ったよね」こそこそ話しているお客様。

「怪しい、怪しい」言って入ってきて「やっぱり怪しい」と言って帰るお客様...


 


おんぼろビル2Fの風の駅は、確かに怪しげですが、お客様がその「怪しい」を楽しんでいるような気が、最近してきました。
なので、お洒落な今時の本屋をめざすのは止めました(笑)。
その代り、未知の旅へ出かけるきっかけが風の駅のあちらこちらに見え隠れしています。
勇気を出して是非階段を上がって下さい。
人生や日常から新しい世界に出かける何か。それが風の駅で見つかりますように。

駅長



風の駅【旅の情報ステーション京都】

〒602-0828 京都市上京区桝形通出町西入る176-2-2F

TEL:075-251-6467

MAIL:info@kazenoeki.main.jp

営業時間:12:00~18:00 ※火・水 パンの販売日

定休日:土曜不定休・日 ※不定休等blogを確認願います

Blog:http://kyoto.kazenoeki.main.jp/

H P:http://kazenoeki.main.jp/



気になる京都3 2016.3月販売予定(発行できるように頑張ります。伸びたらごめんなさい)

※気になる京都(創刊号・2号)販売店
ミシマ社さん他 http://kyoto.kazenoeki.main.jp/?eid=1068




提携店
ちっちゃなクレープ屋さん&本屋さん

岩手県大船渡市盛町町11-8 (三陸鉄道盛駅前)

電話:090-8780-4744

Blog:http://crapeya.jugem.jp/

三陸鉄道盛駅前にあるクレープ店の中に小さな本屋ができました。 「田舎だから無い」ではなく 「田舎でもある」にしたいねと始めた小さな試み。 店舗は東日本大震災で津波の被害を受けましたが頑張っています。 震災前から人気だったオリジナルの 「三鉄クレープ」「椿クレープ」も健在。 地元で愛されている美味しいクレープと本。 三陸鉄道の旅の途中に、是非お立ち寄りください。

お便りはこちら

みんなのミシマガジンはサポーターの皆さんと運営しております。

ミシマ社編集チーム

バックナンバー