本屋さん発!

第67回 うお駒 発!

2016.02.07更新



 初めまして。愛媛県は今治市の商店街の港側出口付近にて「うお駒」というお店をやっております。この店は名前の通り「魚駒」という名の魚屋さんでした。祖母が亡くなりこの店舗兼住居に住み始めました。今治はもともと港町として栄えていたのですが、現在はフェリーの運行も少なくなり、商店街は地方都市のご多分にもれず衰退して来ております。そんな中、みんなが閉めるなら、逆に開けたろうじゃないの!と、約7年というなが〜い準備期間を経て、準備の痕跡を全く残さないことに成功し(ただ遊んでただけ)めでたく昨年開店いたしました。



 「本屋」を名乗れるほどの数はありませんが、新書はミシマ社さんの本を主に、古書は松山の人気古書店「浮雲書店」さんがコーナー設置してくれています。雑貨は愛媛県内の作家さんのものを中心に、音楽は国内の交流のある音楽家の作品、海外ではブラジル、アルゼンチンのCDを中心に販売しています。看板とか外装は(改装費がないので)そのままにしてあるので、たまに玄関がカラッと開いて「鯛の浜焼きひとつ!」と注文が入りますが、焼けないので泣く泣くお断りしています。店内も魚屋の石畳がそのままなので、ディスプレイが傾くのですが、もう気にしないことにしました。

 2013年から音楽イベント「ハズミズム」を主催しておりまして、その事務所としての機能も持っております。ハズミズムのメインビジュアルを担当していただいた人気イラストレーターの「死後くん」の本やグッズも取り扱っており、近所のおばちゃんが奇天烈な「死後T」を購入していく様に、心の中で喝采を送っています。

 商品のセレクトもそうですが、あまりジャンルにこだわらず、直感を頼りに何でもやってみることが大切だなと、お店を始めて改めて思いました。不得意なことは得意な誰かが助けてくれますし、形になっていく過程で生まれる人間関係にはすごく価値があるなと、日々(売上のない日には特に)感謝しております。当店の第一の目標は「つぶれないこと」であります。今治で面白いものを求めて彷徨う方たちの灯台となり、常に灯をともし続けることが使命である!と鼻息フンフンです。今後は商店としての充実はもちろん、「街の情報屋」としての役割も(勝手に)担っていけたらと思っています。今治商店街にお越しの際には「うお駒」を経由して市内を巡ってみてください。おもしろスポットご紹介します。


うお駒
〒794-0015
愛媛県今治市常盤町1-3-11
電 話:090-5146-4411
定休日:月/火
営業時間:12時くらいから18時くらい
FB:https://www.facebook.com/uocoma/
Mail : shop.uocoma@gmail.com

お便りはこちら

みんなのミシマガジンはサポーターの皆さんと運営しております。

ミシマ社編集チーム

バックナンバー