本屋さん発!

第81回 南阿蘇の移動本屋さん 310Books 発!

2016.09.11更新

 はじめまして。南阿蘇の移動本屋さん310Books(サンイチゼロブックス)の佐藤と申します。
 サトウブックスと呼ぶ方が多いので改名しようか悩んでおりますが、今のところまだサンイチゼロブックスです。
 店長(1歳男児)の機嫌を伺いながら、週3日パン屋さんの横にて、軽商用車で本屋さんを開いています。
 雨の日はお休みで、土日はイベントなど気の向くままに出店しています。

店長と移動本屋さんの様子

地元の方々に愛されるパン屋のダッコさん。とーっても美味しいので、本屋を開く度についついパンを食べすぎてしまいます



 昨年から今年にかけて、新刊書店のない南阿蘇村で本屋さんを開こうと思い物件を探していましたが、先日の熊本地震で生きるのに精一杯になり、それどころではなくなりました。
 こんな時期に本屋をやるなんて...と悩み、一旦は諦めかけましたが、なぜか「車で本屋をやればいいじゃん!」と思いつき、勢いで始めてしまいました。
 熊本地震の本震が4月16日未明、310Booksオープンが6月8日のことです。

 ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、南阿蘇への大動脈である阿蘇大橋と俵山トンネルが両方崩落してしまったため、読書環境だけでなく、生活環境自体が変わってしまいました。
 被害については、同じ南阿蘇村内でも差があり、まだまだライフラインなど復旧段階のところも多くありますが、観光地としてどんどんお客様に来ていただきたいという復興段階でもあります。
 決して南阿蘇に遊びに来れないというわけではありませんので、ぜひお越し下さい!

南阿蘇の風景。地震があっても、大好きな大好きなところなのです



 当店は「公共性・中立性・公平性」をモットーに、地元の方のための本屋さんを目指しています。
 そもそも本屋さんのない地域なので、「私が取引できるかできないか」ではなく、「地元のお客様が求めている本は何か」ということを忘れないように商品を仕入れています。
 なのでベストセラーや話題書、コミック雑誌もあれば、リトルプレスなど小さな出版社さんの本もあります。
 仕入は直取引や、隣町である阿蘇市の書店さんにご協力いただいています。
 そうはいっても車に載せられる書籍の量には限りがありますので、お客様からのご注文も大切にしています。
 南阿蘇の皆さんは本好きの方も多く、教えてもらうことがたくさんあり勉強になります!
 こんな小さな小さな本屋なので、地元の方への認知度はまだまだですが、子育ての合間に本屋さんのことばかり考えています。

 オープンから3ヶ月が経ちましたが、これからの展望としては...まだ店舗を持つことを諦めていません。笑 
 でも移動本屋さんをやってみて、自分でもびっくりするほどしっくりきているので、移動できるという身軽さはウリにして続けて行きたいと思っています。
 それからいつか、パン屋さんがお店の奥でパンを焼いているように、私も本屋さんの奥で本をつくりたいと思っています。
 なかなか思うようにはいきませんが、あれこれ言い訳しながら、でも1歩ずつ前に進んで、ゆっくり夢を叶えていきたいと思っています。


南阿蘇の移動本屋さん 310Books
南阿蘇村河陽1895-1 Dacco bread+cafe 横にて
電話:090-1083-7720
営業時間:Daccoさん横では水・木・金曜日11:00〜14:00
※他イベントなど出店あり
Facebook:https://www.facebook.com/310books
E-mail:310books.info@gmail.com

お便りはこちら

みんなのミシマガジンはサポーターの皆さんと運営しております。

ミシマ社編集チーム

バックナンバー