本のこぼれ話

今回は10月31日に発売した、ミシマ社初の絵本『はやくはやくっていわないで』の
絵を描かれた平澤一平さんにお話を伺いました。
絵本の絵を描かれたのははじめてという平澤さん。
さて、この素敵な絵本は、一体どのようにして生まれたのでしょうか。
制作秘話と平澤さんの世界観のお話を、2回にわたってお届けします。
後編の今回は、「画家・平澤一平」に迫ります!

(聞き手・三島、林)

第11回 はやくはやくっていわないで 平澤一平さん(後編)

2010.11.18更新

一気に彫ります

手で描きたくなる絵と、木で掘って描く絵では、なにか感覚の違いがあるんですか?

平澤手法の違いなだけで、別にないです。掘ってるときは掘ってるだけでもう、入り込んで一気に彫ります。

三島そうですか。

1118-1.jpg

平澤さんが彫った木版のイラスト

平澤一応持ってきたのでこちらもぜひ。

三島えっ、持ってきていただいたんですか。

わー! すごい!! ・・・触ってもいいですか?

平澤どうぞどうぞ。

木の香り・・・。とても勢いよく彫ってありますね。この板の厚さは1cmくらいですか?

平澤9mmですね。

1118-2.jpg

勢いよく彫られた木の凹凸が、すごい

この凹凸のすごさ、写真で伝わるかしら・・・。(パチリ)

平澤掘るのも、色塗るのも、どっちも大好きですね。

うさぎをなでる手の洋服部分には、シールが貼ってありますよね。こういったシールも、日ごろ見かけたときに「可愛い!」と思ったら買ったりしているのでしょうか。

平澤そうですね。旅行に行ったときとかに買っちゃいますね。結構変なシールとか、売ってるんです。

これ、どのくらいお時間かかったんですか?

平澤3~4時間です。

えっ!

平澤はやいんです、ぼく。

三島すごいですね。これ下絵は描かれるんですか?

平澤そうですね。下絵を入れてそのくらいの時間でできあがります。あんまり考えこまないからはやいのでしょう。

三島これをやってらっしゃるのは平澤さんだけですか?

平澤オリジナルです。

三島版木に色を塗ろうと思ったきっかけは何ですか?

平澤もともと版画をつくっていたのですが、使い終わった版木が溜まっているのを見て、同級生に「もったいなくない? 塗ってみたらどう?」っていわれて再利用、と思って塗ってみたらこういう風なスタイルになりました。

三島そうですか。

平澤「もったいない」というところからきているんですよね。偶然の産物です。

三島でもそれがたぶん、世界で初ですよね。

平澤うーんと、そうですね。たぶん。

三島すごいなぁ。

平澤彫刻みたいな半立体の作品はあったと思うんですけど、線を入れたのは最初かもしれないです。

三島これって、正式名称なんですかね。

平澤えっと・・・。なんとでも。人によっては「木彫り作品」と呼んでますし、なんとでもって感じです、ぼくは。

三島このうさぎちゃん、めっちゃ可愛いですよね。

平澤どこか潰れそうなお店のシャッターに描かれてたキャラクターみたいです。消えるんじゃないかな、と思って写真を撮っておいてたんで。この変な可愛さがもったいないなぁと思ってたんで。

ふつう、このまじめに描かれたうさぎと、蝶ネクタイしたこのテンションのうさぎを一緒の画面に描かないですよね。すごい感性だと思います。

平澤嬉しいです、そう言ってもらえると。

1118-3.jpg

猫の木彫りイラスト裏にあった、図工の時間が思い出されるサイン

わ、裏のサインもいい感じですね。ちなみに、木が彫りやすい季節ってあるんですか?

平澤そうですね。乾燥してる季節とかですね。あと、銀座和光のディスプレイをやったときは、3カ月前まで新木場で浮いていた木だったので、なんか彫ってたらジュワーって水が出てきて。「どうしようかな~」って思いました。

全然乾燥してなかったんですね。

平澤和光の方が用意してくれた木で、水が出ましたがなんとか彫りました。で、彫ってできあがったら、展示中に乾燥しました。なんかパキパキパキって割れてたりしてました。

三島木って伸縮性がすごいですもんね。それを乾燥していない状態でなんて、無茶な話ですね。

平澤いえいえ。いいチャンスになったし勉強にもなりました。またやりたいです!!

平澤さんの絵は、見ていると元気になります。のびのびされていて。

平澤すごい嬉しいです。ありがとうございます。

去年から「なでる」ブームがきています

またミリさんが詩を書かれたら、絵を描いてみたいですか?

平澤やりたいですね。つくりたいです。

とても大きいものも、つくられたことはあるんですか?

平澤あります。国立新美術館でぼくが所属しているTISという団体の展覧会で、3、4年前にB1くらいのものをつくったことがあります。あと銀座和光のディスプレイですね。何人か作業したのですが、楽しかったです。

三島今後はどんなものをやってみたいですか?

平澤あまり決まってないのですが、何でもやってみたいです。展覧会もまたやってみたいし、やってみたことがないことをやってみたいです。たとえば大きな船に今回の船くんの絵を描いてみたいです(笑)。

1118-4.jpg

『もっと好きになっちゃったバンコク』(下川裕治、双葉社)

三島装丁の装画もやられてますよね。

平澤旅行関係は結構何冊かやっていて。下川裕治さんの旅『もっと好きになっちゃったバンコク』(双葉社)とかのシリーズを、台湾、沖縄の離れ島、香港、上海といくつか表紙をやりました。

三島書きたいものはありますか。

平澤ちょっと前のブームはこう、なでている感じだったんです。ずーっとこればっかり描いていました。

三島なんででしょうね。

平澤自分のなかでもよくわかんないですね。

1118-5.jpg

なでられて嬉しそうなうさぎさん

三島これは奥深いですね。・・・やさしい絵。このうさちゃん、なでられて喜んでるもんね。その「なでる」というテーマがでてきたのは、いつぐらいですか?

平澤去年くらいからちょっとずつ描き始めてて、今年は何枚も何枚も描いていて「何で?」って言われるんですけど、「やー、ブームがきたから」とか言って。不思議がられましたね。

三島平澤さんたぶん、なにかを感じていらっしゃるんですよね。大げさにいうと今の時代が欲しているものというか。

平澤そうですかね。

1118-6.jpg

暑中お見舞い用ポストカードにいた、可愛いこうもりさん

ぜんぶやさしいですよね。船や動物に人のような顔を描くことで、より身近になるというか、愛情を持って見てらっしゃる印象を受けます。

平澤それはありますね。擬人化してキャラクターのように描くのは、大好きですね。

コウモリの顔も、こんなに可愛い。

三島ふだんイメージするコウモリと違いますよね。

「あの船の平澤さん」と呼ばれたい

1118-7.jpg

『じぶんでひらく絵本』(H・A・レイ 作、竹村光江 訳、文化出版局)

小さいときからよく読まれていた絵本はありますか?

平澤『おさるのジョージ』の絵を描かれていたH・A・レイさんの『じぶんでひらく絵本』(文化出版局)という4冊セットの絵本ですね。ひらいたら仕掛けが見れる、という本でした。それを読んでたな、という記憶はありますね。

三島なるほど。

平澤あと絵本じゃないんですけど、児童書で『ふらいぱんじさん』(あかね書房)という神沢利子さん作で、堀内誠一さんが絵を描かれた絵本です。

1118-8.jpg

『ふらいぱんじさん』(神沢利子 作、堀内誠一 訳、あかね書房)

三島・・・気になりますね、その絵本。

平澤フライパンのおじいさんが旅をする物語です。幼稚園の年長のときくらいに買ってもらった記憶があって、作家か絵を描いた堀内さんかどちらかのサイン会があって行ったんです。でも親に言ったら全然記憶ないって言われましたけどね。

三島それは嬉しかった記憶として覚えてらっしゃるんですか?

平澤サインもらえたことも、描いた人に会えたのも嬉しかったです。

三島やっぱり描き手に会うっていうのは、子ども心にも記憶に残るんですかね。

平澤そうですね。

三島いい話ですね。やっぱり子どもって覚えているんですね。じゃもう、その本がある種、平澤さんの絵本の原点なんですね。

平澤そうですね。去年、世田谷文学館で堀内誠一さんの展示会があって。それに行ったときに「あぁ、この絵本の記憶ある!」ってひとりで盛り上がりました。

三島面白いですね。この『はやくはやくっていわないで』も、30年後に誰かに「あ、あの船の平澤さん?」って言われるかもしれませんね。

平澤そうなれたら嬉しいです。

三島「あの船覚えてる~」って言われたりね。絵本だったらその可能性ありますもんね。

この本、子どもだけでなくて、対象年齢は0歳から100歳までですものね。

三島そう、これがいいんだよ。

わたしの父親も「孫に読ませたいけど、孫の親である娘にも読ませたい」と言っていました。

平澤そう言っていただけると、とても嬉しいです。

三島おじいちゃん、お父さん、お母さん、子ども、みんなして読めるのがいいですよね。

平澤最高ですね。

三島読者を選ばないってすごいことだと思います。永く愛される本になれるよう、頑張ります。今日は本当にありがとうございました。

平澤いえいえ。こちらこそありがとうございました。

***********************************

この取材の後日、平澤さんが舟くんの絵描き歌を描いて送ってくださいました。

1118-9.jpg

作 益田ミリ 絵 平澤一平


























ぜひみんなも描いてみてください!

描いてみた方のイラスト、お便りお待ちしています◎

お便りはこちら

みんなのミシマガジンはサポーターの皆さんと運営しております。

平澤一平(ひらさわ・いっぺい)

秋田生まれ。中央美術学園卒。木彫り作品を主体とするイラストレーター。東京ガスカレンダーコンペグランプリ受賞。第1回TIS公募大賞受賞。
第9回イラストレーション誌チョイス大賞にて大賞受賞。

Tokyo Illustrators Society


1111-12.jpg

バックナンバー