本のこぼれ話

『現代の超克〜本当の「読む」を取り戻す』中島岳志・若松英輔(ミシマ社)

 2014年8月22日、いよいよ『現代の超克 ~本当の「読む」を取り戻す』(中島岳志・若松英輔著)が発売となります。

 集団的自衛権、原発問題、TPP・・・私たちが直面している現代の問題に取り組むには、歴史の声を聴くしかない。『近代の超克』あるいは『南無阿弥陀仏』(柳宗悦著)、『ガンディーからの手紙』などを本当の意味で「読み」ながら、著者のお二人が対話したその内容は、私たちが歴史の声を、とくに近代の声を聴くのに、これ以上ないというほど豊穣なものでした。

 さらに本書は単なる対談集ではなく、その対話をもとにお二人がさらに奥深くまで潜って言葉を紡ぎ、ほぼ書き下ろしに近い内容になっているうえに、お二人の言葉が溶け合い、どちらがどちらの発言をしているのかわからなくなるような・・・語りだすととにかくとまらない名著が誕生したのですが、その内容は本書を手にとって読んでいただくとして。

 「本のこぼれ話」では、モノとしての『現代の超克 ~本当の「読む」を取り戻す』ができあがるまでをご紹介したいと思います。「読む」ことの原点に立ち返る本書をつくるにあたっては、本づくりも原点に戻り、紙ができるところからお伝えしたい。
 そんな思いから6月某日、今回装丁をご担当いただいた矢萩多聞さん、ミシマ、編集ホシノの3人で、富士山の麓にある、日清紡ペーパー プロダクツ株式会社、富士事業所の製紙工場にうかがってきました。

 その様子とともに、『現代の超克 ~本当の「読む」を取り戻す』ができるまでをお届けします。テーマはずばり「ヴァンヌーボ」。今は意味がわからない方も、読み終えるころには「ヴァンヌーボ」マスターになっているはずです。

(構成:星野友里、写真:矢萩多聞)

第39回 『現代の超克』ができるまで 後編

2014.08.22更新

 前編では、「ヴァンヌーボ」ってなに? というところから、紙をつくっている「パルプ」の構造などをお話しました。
 後編では早速、ヴァンヌーボができるまでを、写真でたどりながらレポートしたいと思います。







 ところで『現代の超克』では、奥付(書籍の最後のほうに、著者の略歴や発行年月日、出版社の情報などが載っているページ)に、本書をつくるのに使った紙の名前を入れさせていただきました。ですのでもちろん、「ヴァンヌーボ」の名前が出ているのですが、よく見ると、ヴァンヌーボVG/F/Vという謎の記号が・・・。

 これらは何を意味するかというと、
VG=ヴィジュアル・グロス、今回カバーと帯に使った紙で、他の種類に比べて印刷部分にツヤ感があります。
F=フィーリング、今回は表紙に使った紙で、ほかの種類と比べると手触り感があります。
V=ヴィジュアル、今回見返しと扉に使った紙で、質感と印刷再現性をバランスよく兼ね備えたタイプです。
※ヴァンヌーボにはこの他にも「ヴァンヌーボ スムース-FS」「ヴァンヌーボVM(ヴィジュアル・マット)」という計5つのタイプがラインナップされていて、内容に応じて使い分けられているそうです。

 実際に『現代の超克』を手元において、紙に触ってみていただくと、その違いを体感いただけると思いますのでぜひ!

 このようにパルプから塗工まで、ヴァンヌーボができあがる全工程を見させていただいた我々、工場から帰る頃には、『現代の超克~本当の「読む」を取り戻す』はヴァンヌーボでつくりたいという思いを胸にしていたのでした。そして、前編冒頭の用紙指定へと場面は戻ります。

 紙の仕組みから工場の案内まで、半日以上かけていろいろ教えてくださった日清紡ペーパープロダクツのみなさま、紙の専門商社の竹尾のみなさま、本当にありがとうございました!

『現代の超克』のあとがきに、若松さんがこんなふうに書いてくださっています。

 一冊の本が、――本当の意味で書物と呼ぶにふさわしい何かが――生まれるまでには、さまざまな幸運に恵まれなければ実現しません。本書は、じつに多くの恩恵をこうむったものとなりました。(中略)、書物の言葉はいつも、読まれたときに真実の意味でのコトバになります。読むことが書物を完成するのです。本書もまた、さまざまな読みによって、豊かに新生することを願わずにはいられません。

 今回の本が生まれた、そのさまざまな幸運のひとつは、本の原点である紙をつくっている方々との出会いでした。たくさんの方に、本書の紙の手触りを感じていただき、たくさんの「読み」をしていただけたらと思います。

お便りはこちら

みんなのミシマガジンはサポーターの皆さんと運営しております。

ミシマ社編集チーム

バックナンバー