本のこぼれ話

『トドマツで、建てる』トドマツ建築プロジェクト 編(発行/トドマツ建築プロジェクト、発売/ミシマ社)

 2015年10月、ミシマ社から『トドマツで、建てる』が発売になりました。ただしこの本、これまでのミシマ社の本とは違い、編集や制作はすべてトドマツプロジェクトによるものです。なぜ自社の本ではないのに発売元となったのか...? 少し長くなりますが、そんなこぼれ話から始めさせていただきます。

 「みんなのミシマガジン」は、2年半前から、循環経済の新たな試みとして、サポーター制度をスタートさせました。著者、出版社、製紙会社、印刷所、書店、読者...本に携わるすべての方々が、一方向ではなく循環するようにつながり、本という文化が未来につながるように・・・そんな願いがこめられた試みです。

 その一環として、2013年には王子エフテックスさんの新富士の工場、2014年夏には日清紡ペーパープロダクツの富士の製紙工場、そして秋には社員全員で王子製紙・苫小牧工場見学をさせていただき、「木から本が生まれる」ということ、そして地産地消をするということの意味を体感してきました。2015年の京都京北町での合宿では、林業にかかわるお話をうかがう機会もあり、次第に、私たちの生活を支えている「木材」というものに、意識が向かっていったのでした。

 そんな中で偶然、トドマツプロジェクトに出会い、今まで建築材としてはほとんど使われていなかった国産のトドマツを使って研究棟を一棟建てたこと、その過程を本にしていることを知り、森林をどう守りどう活用していくのか、それは私たちの生活に直結する、とても大切な取り組みであると感じました。

 この本がただ配られるだけではもったいない、本屋さんにも置かれて循環し、多くの方に知っていただきたい! という想いから、発売元となることが決まったのでした。

 ここからは、プロジェクトの中心メンバーである鈴木貴さんと、建築家の内海彩さんに、プロジェクトに込めた想いをおうかがいしたインタビューをお届けします。

(構成:星野友里、構成補助:寺町六花、写真:池畑索季)

トドマツで、建てる(前編)

2015.10.16更新



今まで使われていない木でやってみよう

――このプロジェクトがスタートしたきかっけは・・・?

鈴木林業を何とかしたいという思いは、自分の中にどこかしらにあったと思うんです。僕はずっと紙をやってきたのに、社有林があるということも知らなかった。でもあるとき、国内で一番社有林を持っているということを知り、それがあまり活かされていないと聞いて。

 何年か前に、林業や建築、製材に関わる人々を自社ギャラリーの企画展と称して回ることがあり、そこで内海さんともお会いしました。そのとき「いつか何かやりたいですね」と話していて。その後、いろいろな偶然の出会いが連続して、北海道の下川町から、漢方薬原料の研究棟を一棟建てようという話が出てきました。ただ建てるのはあまりおもしろくないなという思いがあって、それで内海さんのところに行ったという感じですね。「何かやろうって言ってたし」と思って(笑)

内海(笑)

鈴木どうせ建てるなら木でやりたいし、ありきたりの建物を作るのも嫌だし。下川町さんも林業の町で、森林資源で町を活性化させていきたいというところがあったので、うまくはまるんじゃないかという勘みたいなものがありました。せっかくならこれから出てくるけど今まで使われていない木でやってみようよという話になって。トドマツは建築材としてほとんど使われていないので、チャレンジ企画です。

 資源の調査で、トドマツはこれから10年、20年に主力材として出てくるということがわかっています。一方で、トドマツを建築材として使えるような環境はまだ整っていないので、ゴーサインを出せるだけのネットワークを作りたいという気持ちもありました。


集成材はトロ、無垢は赤身

――このオフィスは集成材を使わず、すべて無垢で建てられているのですよね?

鈴木今は戦後70年経って材がせっかく太くなっているんですよ。でも一般的には、集成材という薄い板にして、貼り合わせて柱に使うんです。強度計算ができるというメリットがあります。

 でも何もしなくてもいいならそのまま使ってもいいし、いろんな選択肢があっていい。無垢でもこれくらいできるということを証明することはとても大事かなと。丸いものを四角くするので、歩留まり、つまり木が材になる確率が50パーセントくらいになります。

内海50というのは木では良いほうなんです。集成材は木の中でも特に良いところ、要するにトロみたいなところをぎゅっと集めて固めています。集成材の歩留まりは30数パーセントなので、70くらいは価値が落ちてしまう。無垢を使うというのは、赤身もおいしいよねと言いながら食べるということになるでしょうか。

鈴木シックハウスって聞いたことありますよね。あれも集成材に使われている接着剤の影響がゼロではない。今は集成材がメインですが、もっと良い方法があるんじゃないかなあと。集成材は一本も使わず、一般に流通している無垢でも建てられます、ということを提示したかった。



ずっと変わらないってあやしい

――トドマツの特徴はどんなところでしょうか?

鈴木トドマツは材が白くて、木目があまりうるさくないんですよ。だから落ち着きがあって、意匠性があります。「内装材や家具は広葉樹でなければいけない」「硬い木でなければいけない」「傷ついてはいけない」というような価値観が強いと思います。でも本当に今の時代にその尺度が合うのかということをもっと考えたほうが良くて。本当はいろんな材それぞれに特色があるので、もっと選択肢があっていいと思います。

 トドマツは、柔らかい部分はすぐ傷つきますが、それでもいいという感覚でやっています。ずーっと変わらないってあやしくないですか? 日に当たる環境だから、「変色はどうするんですか」というのもよく聞かれます。「変色はします、畳だって焼けますよね」と思うんです。そういうとこから入ってしまうと、やっぱり変わらない。そのエイジング、変化ということについては、ちゃんと説明していけばいいと思うんです。それで、嫌な人はそれを採用しなくていい。

 でも世の中の意外と半分くらいの人は、変わってもいいと思っていると思う。それを世の中に出す側が、あまりカットしないほうがいいと思います。そのためには、こちらから計画的に情報を発信していかないとなかなか広まらない。
 ちなみにこの本の表紙にも、トドマツが使われています。防錆紙という、錆を防止する紙です。たとえばひまわり油などのパッケージに使われます。印刷に向かない産業用紙なので、タイトルは箔です。

(つづきます)

  

お便りはこちら

みんなのミシマガジンはサポーターの皆さんと運営しております。

内海 彩(うつみ・あや)

1970年 群馬県生まれ。
東京大学工学部建築学科卒。
山本理顕設計工場勤務を経て、2002年KUS設立。
東京理科大学非常勤講師。

バックナンバー