本屋さんと私

第90回 漫画家には「なるもんだ」と思っていた

『重版出来!』 著者:松田奈緒子 発行:小学館 価格:580円(本体552円)

 ことのはじまりは営業ワタナベがメルマガの編集後記に、『重版出来!』を読んで痺れた、というエピソードを書いたことでした。これに、京都の新人ミッキーが激しく反応。「私も一昨日、『重版出来!』読みました!!!途中でめっちゃ泣きました。・・・わたしも黒沢心に負けんとこうと強く心に決めた一日でした。」
 さらに自由が丘メンバーヒラタが反応。「わたしも昨日渡辺さんに借りて読みました!むっちゃいいね!!むねアツやね!!なんて素敵な仕事に携わってるんだろうと誇らしくなりました。」。・・・同時多発的にミシマ社内を席巻した『重版出来!』。

 柔道に青春を捧げた主人公、黒沢心が体当たりで挑む、漫画の新米編集者という仕事。編集、営業、書店員がチーム戦で漫画を「売る」姿を描くストーリーは、私たちが日々している仕事ともぴったり重なって、読んでいるうちに仕事やる気モードが全開に。もちろん出版業界にかぎらず、就職活動中の学生さんや新入社員の方、いろいろな業種で働くみなさんも、読めば元気倍増間違いなし。
 今回は作者の松田奈緒子先生に、制作秘話と本屋さんのお話をうかがいました。第3日目、第4日目には、編集ご担当の山内菜緒子さんにもご登場いただいています。どうぞお楽しみください!

(聞き手:星野友里、東江夏美、吉田美里、構成:東江夏美、吉田美里)

第93回 編集者という仕事

2013.08.08更新

編集者と作家の出会い

――漫画界の仕組みをよく知らなくて、この『重版出来!』を読ませていただきながら知っていった部分がけっこうあったのですが、たとえば、山内さんと松田さんがこうやってタッグを組むきっかけはどのようなものだったのでしょうか?

山内「口説く」という言葉を使うのですが、漫画編集者の頭のなかには常に、「この作家さんにぜひ描いてほしいな」というリストがあるんですね。
 私は、松田さんがデビューされたときから好きで、でもずっと女性漫画誌に描かれていたので、男性誌で描いてくれないかなぁ、お会いしたいな、って勝手に思ってたんです。
 そしたら、この『重版出来!』の単行本をデザインしてくださっているボラーレの関さんというデザイナーさんから「松田さんと家近いよ~」とうかがって「えっ、そうなんですか」って(笑)。ホントに偶然だったんですけど、一緒にご飯を食べましょうかということになり、「やったぁ!」と。

――ご縁があったのですね。

第93回 編集者という仕事

担当編集者の山内菜緒子さん(左)と松田奈緒子先生(右)

山内その後も、「すぐに描いてもらえることは無いだろうな」と思いながらお手紙書いたりして、「いつから描けますか」ってずっと言ってたんですけど、ちょうどタイミング的に松田さんのお仕事の区切りがついて、連載していただけることになりました。  「山内さんにどうやって口説かれたの?」と聞かれると、これを松田さんは必ず「家が近いから(笑)」ってまとめてしまうんです。そんなことないよ!そんな理由だけじゃありませんから!っていう(笑) 

――長年の想いが実ったのに、「家が近いから」にまとまってしまう(笑)

松田Twitterができたことも大きいと思います。最初、3月11日の震災直後にスクリーントーン(漫画用の模様付きの薄いシールみたいなもの。背景やキャラクターなど様々なところに使う)が製造中止になるんじゃないかみたいな噂が漫画家さんたちの間であって。それ、最初は誰かが冗談で言ったんですよね。それがワーッ、ってひろがっちゃって。そしたら山内さんが「世界堂に連絡して確認しましたが、問題ないそうです」ってツイートしたのがRTで回ってきて。爆笑して(笑) 本気にしてる人がいる!と思って。

山内 いや、本気にしたわけではなくてですね・・・(笑)。担当作家さんたちが、「どうしよう、どうしよう」って動揺していたので、「しずまれ、しずまれ!」と思って(笑)。震災直後も毎週、雑誌は発売していたので、「動揺してる場合じゃないから!原稿上げるのが先だから!」みたいな感じで。

松田 で、面白い人だなぁ、って思ってフォローしたんです。

――Twitterもそんなふうにきっかけになったりするんですね。

山内それと私は、Twitterのおかげで全国の書店員さんと知り合いになれたのもとてもありがたいです。この『重版出来!』の担当をしているおかげもあるんですけど、応援してくださっている書店員さんが売り場の写真を送ってくれたりとか、すごく嬉しいですね。


就活生のみなさんへ

――『重版出来!』を読ませていただいて、出版業界を志している学生さんとか、就活生のみなさんにもヒントになる部分が多くあると感じました。編集者にはどういった人が向いていると思われますか?

山内想像力とサービス精神がある方が後輩になってくれると嬉しいなぁと思います。

松田 胃腸が強い人でしょうね~ 一同 (笑)

山内 ・・・良い話でまとめようと思ったのに!(笑)

松田やっぱり、編集さんは受け止める力が柔軟な方が良いんじゃないかなと思いますよね。相手がある仕事だから、面接のときに相手が言ったことをガンッと受け止めるんじゃなくて、ふわっと受け止めるというか。一回あはっ、って笑ってそうですね~とか、余裕あるふうに見せたほうが、いいような気はしますね。

――やっぱり、編集者によってやりやすいとかはありますか?

松田漫画家はキャラが強い人が好きな人が多くて、常にネタにしようと思って人を見ているので。けっこうどんな方でも大丈夫な気はします。

――なるほど。

松田たとえばちょっとマニアックであればそこをアピールするとか、自分の個性を良い悪いじゃなくて出すと、面白がってくれると思うんですよね。あっ、こういう人もいるんだ、って感じで。
 全員同じ色に染まる必要はなくて、その人それぞれの個性を・・・たとえば外国に住んでいたのなら外国に住んでましたっていうカラーを出すとか、特性を出すのが一番いいと思います。
 ただそれが、サラリーマンだと、ある程度組織の中で動く必要性がでてくるので、編集さんもフリーの編集さんが向いているタイプの人と、会社で働くのが向いているタイプの人といるんじゃないかな。 その辺の見極めは出版社さんに落ちたからって落ち込まないで、勉強になったと思って、ミシマ社に来るとか。

山内ミシマ社さんのデッチに(笑)

松田そう、デッチになりに(笑) ・・・だからまぁ、なるようになると思いますね。

――今日は制作裏話から就職アドバイスまで、ほんとうにありがとうございました。お会いできてとても嬉しかったです。9月30日に発売される第2巻を、心から楽しみにしています!!

お便りはこちら

みんなのミシマガジンはサポーターの皆さんと運営しております。

ミシマ社編集チーム

バックナンバー