本屋さんと私

(上)『サマータイムマシーン・ブルース』(下)『曲がれ!スプーン』

 

 京都を拠点に活動する劇団・ヨーロッパ企画。
 1998年に結成して以来、「テレビゲームを思わせるトリッキーな地形や、SF・ファンタジーめいた世界観の中で、登場人物たちがモソモソと日常会話をつむぐ、といったスタイルの群像コメディを得意としており、年1回ほどの本公演ツアーを行っている(公式HPより)」それはもう、唯一無二のおもいっきり面白い劇団です。映画『サマータイムマシーン・ブルース』(2005年)、『曲がれ!スプーン』(2009年)の原作となる舞台を上演していた劇団として、ご存知の方も多いのではないでしょうか。
 また、劇団の本公演だけではなくいろんな企画公演を行っていたり、映画祭やテレビ番組制作、ラジオなど、多方面にわたってコンテンツ制作を展開しているクリエイティブ集団といった一面も。

 とにもかくにもヨーロッパ企画の作品は、毎回わくわくドキドキ。公演の前日は、まるで遠足の前の日みたいな気分になります。とにかくおすすめ、むっちゃ面白い、と数年前から毎回公演を観に行っている編集部アライが、劇団の代表であり、劇団結成以来すべての作品の脚本・演出を担当されている、上田誠さんにインタビュー。
 現在絶賛ツアー中の新作『遊星ブンボーグの接近』の話から学生時代の話、京都で活動することについてなど、お話を伺ってきました。
 2回目の今日は、「ヨーロッパ企画」という劇団について!
 

(聞き手・構成:新居未希、写真:中谷利明)

第155回 ヨーロッパ企画、という劇団について。

2015.09.29更新

横とつながり、越境したい

―― ヨーロッパ企画のみなさんは、劇団以外にも様々なところでご活躍されていますよね。上田さんも、たとえばEテレ「ことばドリル」やアニメ「四畳半神話体系」の脚本などもご担当されていたり。

上田いろんなところに接続している感じなんですよね、きっと。それはすごく嬉しいことで。時代劇のお仕事もいただければアイドルと一緒に仕事をしたり、大学で先生をすることもあれば、テレビ番組も作って......というのは、本当にぼくが願っていた状況です。
 演劇でも他の世界でもそうだと思うんですが、続けていると、やっぱり深く狭くなっていきやすい。どんどん蛸壺にはまっていくというか、横とつながったり越境することって、意外と難しいです。だけど、演劇の世界とお笑いの世界がつながれば面白いし、ゲームの世界がつながればもっといい。いろんな世界が横につながって混ぜることって、案外難しいけれど重要なことだという気がしているんですよね。

―― うんうん。すごく大切なことだと思います。

上田SNSで世界が広がったように見えて、どんどん趣味が似た人とつながるようになっているなかで、教育番組で得たエッセンスや芸人さんとのお仕事で得たエッセンス、できるだけ色々混ざったものが舞台上にあるという状況がハイブリットで面白いなと思っています。
 先ほど「コメディは意外と受け皿が広くて、引いて見たら案外コメディになる」と言いましたが、コメディはそれくらい汎用性が高いと思う。たとえばホラーだってコメディになるし、社会派のコメディもあるでしょうし、「いろんなことがコメディに落とし込めるな」ということもわかってきたので、「じゃあ混ぜてやると面白いんじゃないか」といろいろ試そうとしているところですね。


セクショナルじゃないほうが面白い、かも。

上田テレビ番組や映画を作るにしても、プロダクションでかつ俳優がいて、いろいろなことを総合的にやっている集団って、ありそうで意外とない気がしていて。ヨーロッパ企画は、表方と裏方が渾然一体となりながらものを作っている集団とも言えますね。

―― たしかに、すごく珍しい気がします。

『ヨロッパ通信』(ヨーロッパ企画)

上田たとえば地方のレポーターさんはキー局のように人がいないから、「原稿を全部書いたり編集までしないといけない」という話をよく聞くんですが、それに近いと思います。
 ぼくたちは京都にいるので、東京のように何でもあるわけではありません。京都にあるものを使って、そこにいる人たちでやれることをやらなきゃいけない、という状況がままあるんですね。たとえば「映像作る人が必要だから映像の専門家を呼ぼう」と思っても、そういう状況じゃなかったりするので、「じゃあ自分たちで撮ってそれっぽく見せる方法を考えなきゃ」と考える。パンフレットの編集ひとつにしても、東京ならデザイン事務所にすぐ頼むことができるかもしれないけれど、とくに初期の頃はお金もなかったですし「自分たちでやろっか」と。

―― なるほど〜、それで「ヨロッパ通信」(ヨーロッパ企画が制作しているオフィシャルパンフレット。なんと、劇団員でもある諏訪さんが編集長!)ができたんですね。

上田学生劇団の風土がそうなんですよね。舞台装置から衣装まで自分たちで作り、舞台監督も音響照明も自分たちですべてやるという学生劇団のスタイルを、そのまま引きずってきているところもあるんです。だから今もうちには役者が9人いるんですが、そのうちの6、7人くらいは脚本を書いて、映像も撮ったりします。小道具も役者が作ったりしますし、逆にスタッフがちょっとした映像に出たりも。

―― す、すごい。

上田システムっぽくなっていくことも大事ですが、そうならない作り方も大事という、両方がうまく混ざっていけばいいなと思っています。
 京都にいて当たり前と思っていたことが、東京に行くとそれぞれのセクションで分かれてプロがいて、でもお互いの境界線を越えるのは相手を立てているためか、避けている。そういう現場を見て、「ああ、そうか。僕たちはセクショナルじゃないほうが面白いかもしれない」と感じました。それが、うちの劇団の特徴的なところかなあ。

―― 「そういう劇団があったっていいじゃないか」ということですよね。システマチックなかたちで、おもしろいモノを作っているところもあるとは思うんですけれど。

上田そうなんですよね。やっぱりシステムにすることのパワーや速度感ってすごいから、うちでもシステムで回ってるところはあると思うんです。公演地の決め方も、一度決めたら次はそれを踏襲する。そのほうがやっぱり、毎回ゼロから査定するよりもやりやすいんですよね。
 そうやって決めることで良く動く部分もあれば、それをどこかでうまく崩して風通しをよくしなきゃいけないこともあるんでしょうね。それもなかなか難しいバランスなんだとは思います。


京都は「モノを作る」場所

―― それこそ、みなさん東京でのお仕事もすごく多いと思うんですが、劇団の拠点を東京には移さずに、京都でつづけていらっしゃるのが印象的です。

上田つづけているうちに、東京という場所は、モノを流通させたり伝えるために重要な、ターミナルみたいな場所だということがわかってきました。でもモノを作ることにおいては、そこじゃなくてもいいな、ということも見えてきたんですね。
 京都でいいものが作れたら、それを伝えるべく東京に行き各地に伝える、という往復するスタイルでいけると思いました。だから「京都にいる」というよりは「京都にいながら、東京にも各地にもいる」というのが理想なんです。京都は、ものを作ったり耕す拠点だと思っています。

―― うんうん。

上田そうなると、残る問題は移動のコストくらい。劇団は人数も多いので、移動の壁はなかなか越えられないとは思うんですけど......。イベントへの出演のときは、ぼくたちワゴン車で移動しているんですね。8人乗りなんですけど、前まで「7人が限界かな」と言っていたところ、この前「ちょっと7人もしんどい」という声が劇団員から出まして(笑)。

―― ついに!(笑)

上田それで、6人乗り、というラインができました(笑)。けれど6人移動できるのとはまた状況が変わってくるんですよね。でも快適さも大事という、移動に関する問題は難しいなあと思っています。ぼくよりも、マネージャーの吉田たちのほうがずっと考えてくれていることなんですけどね。
 たとえば、吉本の小藪さんも東京でも活動をしながら、新喜劇で座長をやられている。そういうのが面白いと思っているので、移動の問題がクリアできれば、ぼくたちもそうしたいですね。



(つづきます)


    

お便りはこちら

みんなのミシマガジンはサポーターの皆さんと運営しております。

上田誠(うえだ・まこと)

1979年京都生まれ。1998年、大学入学とともに同志社小劇場に入団し、同年、劇団内ユニットとしてヨーロッパ企画を旗揚げ。ヨーロッパ企画の代表であり、すべての本公演の脚本・演出を担当。外部の舞台や、映画・ドラマの脚本、テレビやラジオの企画構成も手がける。

バックナンバー