いささか私的すぎる取材後記

第48回 昇級を捧げる

2016.03.11更新

 3月10日午前2時半。
 第74期順位戦B級2組最終一斉対局の結果、彼がB級1組への逆転昇級を果たしたことを知った。
 直後のインタビューには「名人」という文字があった。
 棋士の言葉だった。
 
 3月10日午後11時半。
 電話越しの彼は、いつもの彼だった。
 でも、微かな高揚の体温を声の中に感じ取った。


 いや...まだちょっと信じられないです。
 聞いた時は驚き以外になかった。
 正直、上がれるとは思っていませんでした。
 
 父を1月に突然亡くして、気持ちが沈んだ中で将棋を指してしまっていました。
 俺はプロなんだから、なんとかしろよ、と思っていましたけど...。
 普通の心ではいられなかった。
 心にポカンと穴が空いてしまっていました。
 だから、父が導いてくれたとしか思えない。
 名人を諦めるな、と言ってくれている気がします。

 僕は父に将棋を教わったんです。
 6歳の時、保育園で女性の先生に負かされて悔しくて。
 父が教えてくれるようになりました。
 アマ初段くらいはありましたから、全然勝てないんです。
 うちは蕎麦屋をやっていて、店番の空いてる時間によく指しました。
 少しずつ教えてもらって、気付けば道場に通うようになっていました。

 棋士になりたいと言った時は、まあダメならうちを継げばいいじゃん、みたいに軽く言ってくれて。
 でも、棋士になったことを誰より喜んでくれたのも父でした。
 
 亡くなった後、遺品整理をしていたらビックリしたんですよ。
 僕が小学生名人戦で準優勝した時、スタジオでこっそり撮っていたらしい写真とか、僕の将棋の新聞観戦記の切り抜きとかが全部出てきたんです。
 全然知らなくて。
 父は昭和8年生まれだからインターネットとか全く出来ないので、やっぱり新聞の切り抜きなんですよね...。
 僕の奨励会時代の成績をつけたノートなんていうのも出てきました。
 父は〇●〇...9勝3敗で昇級、とかって僕の勝敗を全部ノートにつけていた。

 父を亡くした直後の順位戦で糸谷(哲郎)さんに負けて、昇級はほぼ絶望的になりました。
 でも、みっともない将棋は指せなかった。
 ひたすら、ただ精神力で指していた。 
 僕は棋士だから、乗り越えなきゃいけないんですよね。
 気持ちの整理が着いていなくても。
 
 B2まで上がった時、父は「もっと早く上に上がってくれ」と思ったと思うんです。
 名人を諦めるなよ、って。
 昔の男ですから。
 
 B1に上がれば、A級に上がる可能性だってある。
 手の届くところまで行けるかもしれないんです。
 棋士なら、名人になりたいと思い続けるのは当然だと思う。
 B2でいいや、B1まで行けたらいいや、なんて思うなら、棋士なんて辞めた方がいいと思ってます。

 父は榮一と言います。
 82歳でしたけど、元気で、俺は90までは生きるぞ、と言っていたんですけど。
 朝、報告しました。
 今回の昇級が家族の光になればいいと思います。


 私は普段、飯島栄治七段を「飯島先生」と呼んでいる。
 親しくさせてもらっているつもりだし、将棋界では数少ない同い年なんだから、もう少し別の呼び方もあるんじゃないかと思ったりもする。
 だから、今夜だけは、文字の中だけでは言いたい。

 栄ちゃん、おめでとう。
 
 献杯、そして乾杯の酒を。

お便りはこちら

みんなのミシマガジンはサポーターの皆さんと運営しております。

北野新太(きたの・あらた)

1980年、石川県生まれ。学習院大学在学時に雑誌「SWITCH」で編集を学び、2002年に報知新聞社入社。以来、記者として編集局勤務。運動第一部読売巨人軍担当などを経て、文化社会部に在籍。2010年より主催棋戦の女流名人戦を担当。2014年、NHK将棋講座テキスト「第63回NHK杯テレビ将棋トーナメント準々決勝 丸山忠久九段 対 三浦弘行九段『疾駆する馬』」で第26回将棋ペンクラブ大賞観戦記部門大賞受賞。シリーズ「コーヒーと一冊」にて初となる単著『透明の棋士』を著す。

透明の棋士

バックナンバー