自由が丘の贈り物

蝉の鳴かない自由が丘からこんにちは、ミシマ社仕掛け屋チームの長谷です。
昨日に引き続き、本日は8/4(日)に行われます『自由が丘の贈り物』の刊行記念「勝手に、自由が丘祭り」のイベント内容をお届けいたします!

第7回 盛りだくさん! 「勝手に、自由が丘祭り」はここがオススメ◎

2013.07.25更新

ポイント1 あのお店が、一同に会する!

 「勝手に自由が丘祭り」に登場いただくのは、本書に登場いただいた9店舗。この日オリジナルの商品をご用意くださったお店もあり、見逃せない内容です!

・味よし
ミシマ社コメント欄で平田が絶賛している「ポテトサラダ」を筆頭に、旬の食材を使ったおかずが並びます。晩のおかずにもう一品、おすすめです。

・エッケプンクト
本書で店主熊田さんのお話に登場した、「はなケーキ店」のはなさん特製ミシマ社マークのクッキーを販売いただきます! 当日は、はなさんにお会いできるかも...?? お楽しみに◎

・katakana
オリジナルのフジクッキーやお祭りらしい花火、ブリキのオモチャ、あげ煎餅など、見ているだけでワクワクする雑貨が大集合~! きっとワタクシ、当日お客さまに先駆けて買いたくなる衝動をおさえるのがタイヘンそうです。。。

・クレチュール
なんと! あのサクサクシュー皮のシュークリーム「日本一」が、やってきます! ミシマ社初のイベントも開催させていただいた、ミシマ社とは切っても切り離せないクレチュールさん。ぜひこの機会に味わってください。

・自由が丘ロール屋
本文には触れられなかったのですが、こちらの焼き菓子ももちろん、おいしいんです。自由が丘ロールは冷蔵管理されたお店でお求めいただくとして、今回は特別に(!)このイベント用に、ふだん小分けにされていない焼き菓子のセットを作っていただきました。

・なんた浜
お店から帰るとき、いつも出口でお土産として渡してくれる、おばあのあたたかさが詰まったお手製サーターアンダギー...(しみじみ)。今回は3個セットで販売いただきます。

・白山米店
白山お母さんお手製おむすびを、今回「ミシマ社オリジナルランチセット」として味よしさんのおかずを併せ、限定15食で販売予定です! ランチセットお買い上げの方には、味噌汁サービスいたします◎ランチ時間に来れない方、2合1袋のお米も販売いたしますのでご安心を~。

・ポパイカメラ
ポパイカメラさんオリジナルのカメラストラップと、オリジナルシールを販売いただきます! どんなストラップ&シールかは......当日のお楽しみ。

・山屋
みなさん! 「自由が丘」という名前の焼酎があるのをご存知ですか?? 実は、あるんです。その焼酎やヨーグルトリキュールなど、お酒を飲みつつ、ツマミにマカダミアナッツも販売いただきます。ミシマ社の2階をくつろぎスペースにいたしますので、どうぞごゆっくり。

・私の部屋
お祭りの雰囲気ピッタリのオリジナル水玉手ぬぐいやせんべい、湯あがり堂サイダーなど、夏祭りらしいアイテムが勢ぞろい! サイダーは、国産レモン果汁をつかった蜂蜜れもん味と2種類販売いただきます。

ポイント2 自由が丘をご案内します!

ミシマ社メンバーが、ミシマ社ゆかりの場所、店、自由が丘トリビアの地をご案内します。 どこへ行くかは、当日の天気やメンバーの希望で柔軟に変更予定です。『自由が丘の贈り物』をお持ちの方は、本書の地図片手に一緒に回りましょう! まだ参加お申込みいただけますので、ドシドシご応募お待ちしております!

<自由が丘ツアー>
①10:00~ ②14:00~ それぞれ約1時間
集合・ミシマ社 参加費・500円
お申込・event@mishimasha.comまで
・件名を「自由が丘ツアー0804」とし、
・「お名前」「10時からか14時からどちらかのご希望」「年齢・ご職業」「ご住所」
「お電話番号」「ご参加理由」などをご明記ください。


ポイント3 代表三島がミシマ社の本の制作秘話を話します!


ミシマ社代表三島が、「自由が丘のほがらかな出版社」ミシマ社ならではの本づくり秘話をお話させていただきます。
いったいどうして、この本はできたの? そんな疑問がございましたらぜひ当日、三島にご質問くださいませ。なんでもお答えいたします!

<本の紹介>
①11:30~ ②13:00~ それぞれ約15分
場 所・ミシマ社2階 参加費・無料 事前申し込み不要です。


   *     *    *

以上、もりもりだくさんのお祭りご案内でした。
8/4、自由が丘でお待ちしております。
みなさま、ぜひお越しくださいませ~!

お便りはこちら

みんなのミシマガジンはサポーターの皆さんと運営しております。

ミシマ社 編(みしましゃ)

ミシマ社は、「原点回帰の出版社」として2006年10月に創業。現在メンバーは約10名。全員全チーム(編集・営業・仕掛け屋)の仕事をするというスタイルで、東京・自由が丘、京都府京都市の二拠点で、「一冊入魂」の出版活動を展開中。取次店などを介さない「直取引」という営業スタイルで「一冊」を全国の書店に卸している。

本企画は「大好きな地元自由が丘のことをもっともっと知りたいなぁ。そして、この空気感を多くの方々と共有したいなぁ」という三島の思いから発し、ミシマ社編として2013年8月に書籍化。その後も、本に入りきらなかったお店やお話を本コーナーで連載中です!

自由が丘の贈り物

バックナンバー