自由が丘の贈り物

第16回 自由が丘発! メイド・イン・アースさん

2014.08.13更新

 ミシマ社がおつきあいをしている、とある銀行のお兄さんに、「自由が丘発!」のことをお話したところ、「自由が丘のすてきな会社さん、知ってますよ!」とご紹介をいただいたのが、今回ご登場いただくメイド・イン・アースさんです。
 オーガニックコットン製品の製造、販売をされている会社ということで、早速お店におじゃましたところ・・・なんだかとても心地いい・・・。
 この心地よさはいったいどこからくるのでしょう?


メイド・イン・アース ホーム・ルーム自由が丘店

 メイド・イン・アース自由が丘店は、メイド・イン・アース本店として、7年前の2007年6月、自由が丘駅徒歩4、5分の閑静な住宅街に誕生しました。
 純オーガニックコットン100%の製品から、オリーブオイル・液体せっけん・家具まで様々な製品がそろっています。

 店内は漆喰の壁、アンティークフローリング材の再生床、無垢の天然木の温もりにあふれ、自然のやさしさに満たされた雰囲気で、小さなお子様や赤ちゃんも安心して過ごせます。
 キッズコーナーや授乳室も完備しておりますので、自由が丘のお散歩の休憩場所としても、ほっと一息つきに来てくださいね。


メイド・イン・アースの純オーガニックコットン100%

 メイド・イン・アースのスタートは、1995年。
 純オーガニックコットンに特化した専門のブランドとして、純粋なオーガニックのモノづくりを追求し、19年目に入りました。
 メイド・イン・アースの純オーガニックコットン製品は、素材、縫製糸、タグなど、綿素材で表現できるすべてを、天然100%のオーガニックコットンのみで製作しています。
 通常、コットンの栽培や製品の製造工程で一般的に使用されている化学薬剤処理(化学糊、染色、防縮・柔軟加工など)を極力しないものづくり、全行程に天然を貫いてゆく独自のこだわりから、メイド・イン・アースの素材を「純オーガニックコットン」と呼んでいます。

 純オーガニックコットン製品は、コットンの生まれたままの状態が最終の製品まで残っているため、天然のやわらかさにあふれています。
 ナチュラル志向のかた、天然の風合いを求めているかた、オーガニックコットン大好きなかた、化学物質過敏症のかたやアトピー性皮膚炎のお子様など、多くの方にご愛用いただいております。

 私たち、メイド・イン・アースのこだわりのモノづくりが、多くの方のカラダとココロの安心感や健康につながってゆけたら、とてもうれしく思います。


メイド・イン・アース自由が丘店発「くらしの天然市場」

 大好きな自由が丘で、地域に暮らす皆さんともっと深く関わりたい! という思いから「くらしの天然市場」を始めたのは2011年10月のこと。
 人間の暮らしに欠かせない「衣食住」のうち、メイド・イン・アースでは「衣」のオーガニックを提案していますが(オリジナル家具もスタートして「住」も一部取り扱っています)、オーガニックな「食」の分野で活躍する方達とコラボして、オーガニックな「衣食住」を実現しようというのが、くらしの天然市場のコンセプトです。

 オーガニックの野菜や加工品、コスメやエコ雑貨などからスタートした天然市場のラインナップは、パンやナチュラルスイーツ、お酒、スパイスなどへも広がりを見せています。
 今までは、毎月第1土曜日に開催していましたが、今後は、3カ月に一度、3・6・9・12月の第1土曜日に開催します。今までになかったイベントなどを企画し、より一層、お客様・出店者の皆様に楽しんでいただける場所にしてゆきます。

 そして、天然市場の日は、メイド・イン・アースの布ナプキンワークショップも開催します。自由が丘店近くのカフェで、10名定員のアットホームな雰囲気で行います。
 手を動かしながら、布ナプキンのこと、カラダのこと、生理のこと、人生のことなどを、それぞれが語り合い、仲間が生まれる素敵な時間です。メイド・イン・アースではこれからも布ナプキンワークショップを大切にしていきたいと思っています。

 布ナプキンワークショップのように、お客様との対面のコミュニケーションを大切にし、心と カラダ、地球のつながりをトータルで提案していきます。




メイド・イン・アース自由が丘店(ホーム・ルーム自由が丘店)
〒158-0083
東京都世田谷区奥沢 7-3-10 T-STYLE自由が丘1F
電話番号:03-5758-6639
営業時間:11:00 〜 19:00
HP:http://www.made-in-earth.co.jp/shop/direct-shop/home-room.html

お便りはこちら

みんなのミシマガジンはサポーターの皆さんと運営しております。

ミシマ社 編(みしましゃ)

ミシマ社は、「原点回帰の出版社」として2006年10月に創業。現在メンバーは約10名。全員全チーム(編集・営業・仕掛け屋)の仕事をするというスタイルで、東京・自由が丘、京都府京都市の二拠点で、「一冊入魂」の出版活動を展開中。取次店などを介さない「直取引」という営業スタイルで「一冊」を全国の書店に卸している。

本企画は「大好きな地元自由が丘のことをもっともっと知りたいなぁ。そして、この空気感を多くの方々と共有したいなぁ」という三島の思いから発し、ミシマ社編として2013年8月に書籍化。その後も、本に入りきらなかったお店やお話を本コーナーで連載中です!

自由が丘の贈り物

バックナンバー