今週のおはがき

2016年5月28日号 『何度でもオールライトと歌え』篇

2016.05.28更新

 ミシマ社のオフィスには、毎日読者の方からのうれしいおはがきが届きます。けっこうぎっしり書いていただくこともあり、毎朝このおはがきを読むのが楽しみのひとつです。日々の原動力といっても過言ではありません。そんな「おはがき」を私たちだけが独占するのはもったいない! そんな思いから本コーナーをもうけることにしました。

 記念すべき第1回となる今回は、最近とくに枚数の多い、後藤正文さんの『何度でもオールライトと歌え』のおはがきをご紹介いたします!
はじめにアジカンファンの方からのものを、どうぞ。


リアルタイムでは実感の伴わなかった言葉でも、数年後の自分には、差し迫って響いてくる。この日記に綴られた文章もそうでした。ただ牽引してくれる誰かに頼るのではなく、自分で考え、選びたいと思います。

ミシマ社通信もこのハガキも何かワクワクします。後藤さんの日記はwebで読んでいましたが、紙に文字が載ると言葉に重さがうまれるんですね。縦書きがしっくりくると思いました。

 まずは、2通ご紹介いたしました。いやあ、うれしいです! たしかに同じ言葉でも、見る媒体によって感じる印象が変わるのは不思議ですよね。ひとつ言えるのは紙に残すということは、100年、1000年先も残るものをつくるということ。ですから、つくり手のそういう思いを読者の方が少しでも感じていただけたのかもしれません...。本当にうれしいです。

 そして、共感、反響をいただいているのは、なにもアジカンファンだけにとどまりません。なんと今回、初めてアジカン、そしてゴッチさんを知ったという方からもお便りをいただいております。

アジカンを知らなかったことも幸いして、1人の文筆家として後藤さんを知れたことがうれしかった。わかりやすい言葉で、かといって下品ではなく、「静かな熱さ」を感じます。本当に貴重な方だと思います。(生きててよかったです、マジで。)

 熱い言葉をありがとうございます!!
 アジカンのゴッチとしてだけではなく、「文筆家・後藤正文」としての魅力をお伝えできましたでしょうか。そして、こういうご感想をもってくださる読者の生の声を聴くことができて、こちらも生きててよかったです。マジで。

 また、ファンの方にも、そうではなかった方にも好評いただいている本書ですが、ただのファンではない、「ハードなファン」の方にも支持されているところもミソなのです。ある意味、一番厳しい目をもっておられるかもしれないハードなファン層......。そんな方々からもこんなおはがきをいただいております!

後藤氏のハードなファンのため、ブログは、ネットで全て読んでおりましたが、書籍という形になって編集された本を改めて手にしてみて、別の感動がありました。本っていいなーと思いました。手元におけるという悦びがあるのですね。

14才のとき、テレビで聞いた音楽にトリコになり、10年以上たった今でも魅了され続けています。(...)ミュージシャンとして、文化人として、1人の人間として、後藤正文という人間に魅力を感じています。(...)これからの未来を考える。いくつになってもこの人について行きたいと思いました。

 さすがに、さすがですね......。ゴッチさんに対する、圧倒的な愛の深さを感じます。

☆そして! なんとなんと! 今回ご紹介したおはがきをゴッチさんにお見せしたところ、コメントをくださいました!!



 手書きのコメントに少しの狂気を想像しながらも、しっかりと手書きで答えてくれるゴッチさん。男前です。そんなゴッチさんの魅力がたっぷりと詰まった『何度でもオールライトと歌え』、まだお持ちでない方は、ぜひお手に取ってみてくださいませ。
それでは、来週もお楽しみに〜!

お便りはこちら

みんなのミシマガジンはサポーターの皆さんと運営しております。

ミシマ社編

ミシマ社の本に挟まっている、手書きの読者はがき。自由が丘オフィスには、毎日このおはがきが届きます。いつもメンバーと著者さんでうれしく拝読しているおはがきを、ミシマガでちょっぴりご紹介。
さて、今日はどんなおはがきが届いたのでしょうか?

バックナンバー