『今日の人生』特設ページ

「今日の人生」コンビニ袋、つくりました。

2017.11.23更新

(文・三島邦弘)

 益田ミリさんの『今日の人生』、発刊から7ヶ月が経ちました。
 おかげさまで8刷、5万部を超えております。
 ご愛読いただきました皆さまへ、心から感謝申し上げます。

 これまで100冊を超える本を発刊してきましたが、本書ほど、幅広い年齢層に受け入れられている本はありません。
 10歳に満たない層から80代まで。まさに、老若男女問わず、あらゆる世代に読まれている国民的一冊、と言えそうです。

私はこの益田ミリさんの本を「なるほど」と納得したり、感心したり、少し笑ったり。1日、1日の良さが短くマンガで書かれていて、すごく読みやすかったです。(10歳・女性)

美味しいパンを食べた日も、娘(1歳8ヶ月)にスマホをトイレにドボンされた日も、大きなことがなく何もないような日も、1日中ニコニコ過ごせた日も、それが自分の「今日の人生」なんだと思ったら、すべての日が大切な日なんだと教えてもらえた1冊でした。(30代・女性)

誰にでもある日常生活を、文に書ける才能に感動!! 80年の人生の私のコマはいくつになるだろう〜。(80代・女性)


 この幅広さ、まるでコンビニのようではありませんか?
 と言うのは、完全なあとづけです。・・はい、すみません。
 実は、このたび大ヒットを記念して、「今日の人生 コンビニ袋」をつくったのですが、当初、まったく違うものをつくる予定でおりました。
 
 それはなにかと申しますと、今日の人生「包装紙」。
 ある日、本書のかわいいカバーを包装紙にしようというアイデアがミシマ社内で盛り上がりました。

 このカバーの絵ですが、実をいうと、益田ミリさんが子どもの頃、切り絵でつくられたクリスマスツリーなのです。
 それを、デザイナーの大島依提亜(いであ)さんが、超すてきな装丁へと仕上げてくださったのでした。
(大島さんのすごさは、こちらのインタビューで!)

 このカバーをもとに包装紙をつくれば、クリスマスシーズンに喜んでいただけるのでは? とみなで話し合っておりました。
 それで大島さんにご相談したところ・・・
 「いいですね」
 と。
 そのうえで、突然、「コンビニ袋もいいかもしれないですね」と。
 (お? おやおや? コンビニ袋?)
 と私の頭のなかでは、はてなマークが飛び交いました。が、その理由を聞くやいなや大きくうなづいたのでした。
 「この本ってなにげない日常がたんたんとつづくのがすばらしいでしょ。その感覚のコンビニ袋みたいなもので、すごくかわいいのがこの本と合うんじゃないかな」
 たしかに。 
 特別な袋より、気楽に普段使いのできる袋。それでいて近くに置いておきたくなるかわいさのある袋。
 「それ、ぜひつくりましょう!」
 
 こうして大島さんにデザインいただき、完成したのがこちらです。

 ぜひぜひ、お店でもらってください!
 本を入れるのにも、ちょっとした普段使いにも、おすすめです!!

コンビニ袋がもらえるお店

【北海道】
三省堂書店 札幌店

【関東】
川又書店 県庁店
川又書店 エクセル店
川又書店 プラムストリート店
ブックエース 新取手店
ブックエース 茨大前店
TSUTAYA ララガーデンつくば店
ブックファースト ルミネ大宮店
文教堂書店 赤羽店
三省堂書店 池袋本店/11月24日~
三省堂書店 神保町本店
紀伊國屋書店 新宿本店/11月24日~
ブックファースト 自由が丘店/11月24日~
ジュンク堂書店 吉祥寺店
パルコブックセンター 吉祥寺店
オリオン書房 ルミネ立川店
北野書店 本店
有隣堂 アトレ恵比寿店/12月1日~
有隣堂 アトレ目黒店/12月1日~
有隣堂 町田モディ店/12月1日~
有隣堂 横浜駅西口店/12月1日~
有隣堂 ルミネ横浜店/12月1日~
有隣堂 たまプラーザテラス店/12月1日~
有隣堂 戸塚モディ店/12月1日~
有隣堂 藤沢店/12月1日~
有隣堂 テラスモール湘南店/12月1日~

【中部】
三省堂書店 名古屋本店

【関西】
紀伊國屋書店 梅田本店
大垣書店 イオンモール京都桂川店
田村書店 千里中央店
TSUTAYA AVIX福知山店

【中国・四国】
ジュンク堂書店 広島駅前店
フタバ図書広島府中店
TSUTAYAフジグラン松山店    
TSUTAYA BOOK STORE 重信
TSUTAYAエミフルMASAKI店   
TSUTAYAフジグラン緑井店 

 

お便りはこちら

みんなのミシマガジンはサポーターの皆さんと運営しております。

ミシマ社 編

『今日の人生』益田ミリ(ミシマ社)
2017年4月20日発売

むなしい日も、幸せな日も、おいしいものを食べた日も、永遠の別れが訪れた日も・・・。
2コマで終わる「今日」もあれば、8ページの物語になる「今日」もある。
描き下ろしを加え、「みんなのミシマガジン」の人気連載「今日の人生」4年分が一冊に。

石田ゆり子さん推薦!

大島依提亜さんによるブックデザインも注目です!

今日の人生

バックナンバー