みんなのじてんしゃ

『わたしのじてんしゃ』えいぎょうにっき

2016.04.09更新

ねぇ、みんなしってる?
わたしがでているえほん、
『わたしのじてんしゃ』が、3がつ19にちにはつばいになったの。

そのまえのひにね、ワタナベさんが
「オレたちもじてんしゃのろうぜ!」っていって、
えいぎょうメンバーのみんな、じてんしゃでえいぎょうすることになったの。

「えいぎょうってなぁに?」ってワタナベさんにきいたら、
「ほんやさんにいって、ほんのあんないをしたり、ほんをとどけたりするおしごとだよ」っておしえてくれたわ。

それでわたしも「いきたい!」っていったら、
とくべつにさんかさせてもらうことになったのよ。

あと、じゆうがおかからはワタナベさん、
きょうとからはしんじんのタブチくんがいくことになったの。

それで、そのひのじてんしゃえいぎょう、どうなったとおもう?

......これからじゅんばんに、おはなしするわね。

 *** *** ***

――おひるまえ、まずさいしょにワタナベさんがしゅっぱつ!

ワタナベさんがほんをたくさんもってしゅっぱつしたよ。どこのほんやさんにいくのかな?



ミシマ社自由が丘オフィスの近くにはビアンキのショップがあります。2階はカフェになっていて、入りやすいお店です。(営わ)



――そのあとすぐに、わたしもしゅっぱつよ

それじゃあわたしも、じてんしゃにのってしゅっぱつするわ。さとうじゅんこさんのとーとばっぐにほんをつめて、きんじょのおみせにおとどけするの。



おみせについたわ。ここはぶっくふぁーすとじゆうがおかてんさん。みしましゃのほんだながあるの。たのしみ!



ここがぶっくふぁーすとじゆうがおかてんさんのほんだな。みしましゃのほんがぜんぶそろってるそうよ。みしましゃって、こんなほんもあったのね。 あとで『わたしのじてんしゃ』もいっぱいならべてくれるんだって。たのしみ!



 そのころワタナベさんは...

実はまだ自転車には乗ってないのですが、渋谷で途中下車して、大盛堂書店さんに『わたしのじてんしゃ』を直納してきました。これから目指すは春日!春日でレンタサイクルを借りるのです!(営わ)



絵本『わたしのじてんしゃ』の刊行を記念して本日ミシマ社営業チームはじてんしゃで営業行脚中です。こちらは(営わ)が春日駐輪場さんでレンタルした電動じてんしゃです。さあ天気もいいので出発します!



ほどなくしてあゆみBOOKS小石川店さんが見えました。お邪魔します!(営わ)



本日はこんな感じで営業行脚しております。ミシマ社の絵本第4弾『わたしのじてんしゃ』、どうぞよろしくお願いいたします。(営わ)






あゆみBOOKS小石川店さんに無事『わたしのじてんしゃ』を配達することができました!ご担当のAさん、ありがとうございました!








あゆみBOOKS小石川店 ‏@AyumiBooks_Koi  3月18日
『わたしのじてんしゃ』なんとミシマ社さんが直接届けてくださいました。ありがとうございます。今日は自転車に乗っていろいろな書店を回るそうです。すごい!



あゆみBOOKS小石川店 ‏@AyumiBooks_Koi  3月18日
『わたしのじてんしゃ』(ミシマ社)どんなに小さくて細かい部分も見逃したくない、すみずみまでていねいに描かれた絵。子どもがつかんでいる想像の手ざわりって本当にこんな感じかも知れません。ページをめくるたびにはっとするような気づきが重なっていく絵本です。







――ワタナベさん、なんだかたのしそう。
  わたしはそのときね、あのひとにあいたくて、えばらなかのぶにきていたの。

えばらなかのぶにきたよ。ここらへんは しょうてんがいがずーっとつづいているんだって。もうすぐもくてきち!



となりまちこーひーにきたよ。ちょっとおそめのおひるごはん。なににしようかなー。まよっちゃう!


 


となりまちこーひーには ほんもうってるの。きょうはひらかわせんせい、いないかなぁ。
 






わーい!ひらかわせんせいとつーしょっと!わたし、まえからあいたかったの!



――わたしとひらかわせんせいのしゃしんをみて、けんちくかのこうしまゆうすけさんが、おへんじくれたわ。

光嶋 裕介 ‏@yusuke_koshima  3月18日 おお、平川さんに「読み聞かせ」してもらいたいな〜!


――わたしもひらかわせんせいのよみきかせ、ききたいなぁ

まぁ!おいしそうなかれーらいす!いただきまーす!!



あー かれーらいすおいしかった。

――隣町珈琲、とってもすてきなところね。ついついゆっくりしちゃったわ。
  こんどはわたなべさんね。

じてんしゃ営業、小石川から神保町にやって参りました。(営わ)



三省堂書店神保町本店さんに『わたしのじてんしゃ』納品完了!「今日はわたしもじてんしゃで営業してます。」とお伝えしたところ、じてんしゃポーズで笑ってくださいました!2階文芸で『きみの隣りで』の隣りにあります!



東京堂書店さんにお伺いすると「祖父江慎ブックフェア」が開催中。なぜそこに『わたしのじてんしゃ』が並んでいるかというと...?なぜなら、本書の装丁デザインは祖父江さんだからなんです!(営わ)



神保町をじてんしゃ営業していたら、朝日出版社の営業マン(橋)さんを発見!なんと(橋)さんもじてんしゃ営業中でした!仲間がいて嬉しい...(営わ)



――たぶちくんもきょうとおふぃすからしゅっぱつね。もう、おふざけしてないで、はやくほんやさんにいってよ!

京都オフィスから、新人・田渕もじてんしゃ営業・直納に出発です! ん、何をかぶっているのかな...?



いざ、本屋さんへ!...とその前に、錦市場へ。「錦・高倉屋」「立ち呑み賀花」店主のバッキー井上さん! かわいい絵本を持ってもダンディです。
※こちらのお店での『わたしのじてんしゃ』の取り扱いはありません。(営た)



――たぶちくん、ここはほんやさんではなく、おつけものやさんよ?
あら、わたなべさんは、おうらいどうさんについたみたい。
不忍池からじてんしゃだと大した時間もかからず千駄木の往来堂書店さんへ到着しました。(営わ)



往来堂書店の店長さんも絵本『わたしのじてんしゃ』に興味津々です!ぜひじてんしゃに乗って往来堂書店さんへ本を買いにきてください。店長、お邪魔いたしました!(営わ)


往来堂書店 ‏@ohraido  3月18日 『わたしのじてんしゃ』(ミシマ社)。益田ミリさんと 平澤一平さんコンビの新しい絵本がとっても素敵。 お気に入りの自転車に大好きなものをなんでもくっつけて。あれもこれもと大好きなものが止まらない!


スタート地点、春日駐輪場に戻ってきました。『わたしのじてんしゃ』刊行記念じてんしゃ営業、(営わ)のたびはこれにて終了。電車で自由が丘の会社に戻ります。お付き合いくださりありがとうございました!



――ワタナベさんはじてんしゃえいぎょうおしまいね。
わたしはおいしいごはんとこーひーもいただいて、おひるねしたいところだけど、ちゃんとおしごとしないとね。ゆうらくちょうにいってきたわ。

ここは ゆうらくちょうのこうつうかいかんよ。ほんやさんのまえに すーつのおじさんたちのぎょうれつ。ちばすぺしゃるってなにかしら?

 








有楽町三省堂書店 ‏@yrakch_sanseido  3月18日
いらっしゃい!大人気の靴磨き屋さんよ!


――さんせいどうのしょてんいんさん、とってもしんせつね。

さんせいどうしょてんゆうらくちょうてんさんにやってきたわ。『わたしのじてんしゃ』も『関西かくし味』も みーっけ!「コーヒーと一冊」のとくせつこーなー すてきね!


 有楽町三省堂書店さん




おとなりのまるいにある つたやさんにきたわ。すたーばっくすこーひーとつながっていて ほんがよめるんだって。『はやくはやくっていわないで』はっけん!



ぎんざのきょうぶんかんさんにおじゃましてきたわ。むかしからずっとここでやってるんですって。しずかでおちつくところ。べてらんのしょてんいんさんがいてあんしんね。ほら みしましゃのほんだなもあるわ。


 

 教文館さん



ぐんまちゃんちって ぐんまじゃなくてぎんざにあるのね。いつかじてんしゃで ぐんまにもいきたいな



――ぎんざっておもしろいところがたくさんあって、たのしかったわ。わたしがじゆうがおかにかえっているあいだに、たぶちくんもほんやさんについたみたい。

三省堂書店 京都駅店さんのナイスコンビです! (「ほんみくじ」もドキドキしながら買いました!)営た




――じゆうがおかにかえってきたら、もうほんがならんでいたわ。

じゆうがおかにもどってきたわ。ぶっくふぁーすとさんによりみちしたら、わたしのほんがこんなにたくさん!みしましゃのたなだけじゃなくて、れじのそばにもおいてくれてるの。




もうすっかりよるね。きょうはじゆうがおかえきまえのふじやしょてんさんにほんをおとどけしておしまい。ここもみしましゃのほんをたくさんおいてくれているの。 たくさんのひとによんでもらえるとうれしいな。



――じてんしゃえいぎょうのおはなしはこれでおしまい。とーってもながいいちにちだったわ。でも、そとにでると、いろんなおみせがあって、ひとつずつ、ふんいきがちがってすてきなの。またいきたいな。


おしまい


4月10日(日)『わたしのじてんしゃ』刊行イベント3本を開催します!

①サイン会&ミニトーク @MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店

11:00 益田ミリさん×平澤一平さん×三島邦弘 ミニトーク
11:15ごろから サイン会

ミニトークでは、ミリさん一平さんに心温まる制作秘話をお伺いします。参加は無料、ご自由にご参加下さい。
サイン会のご参加には、『わたしのじてんしゃ』をご購入をお願いします。お電話でのご予約も承っております。 

問合せ先:06-6292-7383(MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店)

②お絵描き会&サイン会 @恵文社バンビオ店

14:00すぎから 新刊『わたしのじてんしゃ』読み聞かせ
14:30ごろから いっしょにじてんしゃを描こう!お絵描き&ぬりえ大会
15:00すぎから サイン会

お申込み不要、参加費無料です。
イベントにはどなた様も年齢関係なくご参加いただけますが、読み聞かせやお絵かき大会の対象年齢は幼児から小学生低学年です。
サイン会への参加をご希望の方は、整理券をお受け取りの上、15時からのサイン会にご持参ください。整理券は14時から配布いたします。

問合せ先:075-952-3421(恵文社バンビオ店)


③大人も読みたい 絵本の夕べ 朗読会&ミニトーク@ミシマ社の本屋さん

18:30〜(19:30終了予定)

『わたしのじてんしゃ』の朗読をミリさんご自身にしていただきます。
参加料 1500円(サポーターさんは1000円)
申し込み:メールにて、event@mishimasha.com まで件名を「0410朗読会」とし、「お名前・ご連絡先」を明記のうえお申し込みください。


『わたしのじてんしゃ』原画展 開催中!

場所 山陽堂書店
   東京港区北青山3-5-22 ※東京メトロ表参道駅 A3出口から徒歩30秒
会期 4月9日17時まで

お便りはこちら

みんなのミシマガジンはサポーターの皆さんと運営しております。

ミシマ社 編

2016年3月に刊行となった、益田ミリ・作/平澤一平・絵の絵本『わたしのじてんしゃ』の、ありとあらゆる情報をお届けします。

わたしのじてんしゃ

バックナンバー