ミシマ社庭部

第24回 庭部、年末を迎える

2015.12.12更新

 こんにちは。庭部です。寒いです。柿の木もご覧のとおり、からっからです。ただ、冬の晴れっていうのは、青空が本当にきれいなんですね。そこはいいなと思います。


 柿の木がはげているということは、当然葉っぱたちは下に落ちていったわけで、




 庭じゅう落ち葉だらけです。そこで今回は、気持ちよく新年を迎えるために、年末の大そうじをすることにしました。実はここ数日、庭のほうをあまり気にかけていなかったのです。サボってました、はい...。




 「冬によく見かける赤いやつ」がいつのまにか実っていました。かわいいです。(←名前はまた後日、図鑑で調べるとして、今回はこの呼び名でご了承ください!)




 以前デッチの佐久間さんがレポートしてくれた、例の赤ピーマンへ変身中です。




 ひえ~。落ち葉を集めていたら、下からなにかのたまごが!この子たちは一体何になるのでしょうか。彼らの未来に幸あれ。

 ―と、久しぶりの土いじりもひと段落し、中でお茶でも飲もうかな~とオフィスに戻ってきたら...




 部屋の片隅でじっとしているこの子が目に入ったのです。今年最後の庭部で初めて登場しましたが、実は結構前からいます。春のある日、突然ミシマさんと一緒にやってきました。

 「何も聞かずに、この子のこと、世話してやってほしい。」

 とはもちろん言っていませんが、それからはここが定位置。ただ、風景の一部のようにとけこでいるので、先日も水やりをしていたらデッチさんに、「そんなのあったんですね。」と言われてしまいました。(「自由が丘にも緑あったほうがええやろ!」とミシマさんが買って来たのでした。)

 ―ということで(何が。)今年も「ミシマ社庭部」をお読みいただき、ありがとうございました。みなさま、よいお年をお迎えくださいませ。

ヒラタ隊長のおばあちゃんちのみかん。「世界一おいしい。」by隊長

お便りはこちら

みんなのミシマガジンはサポーターの皆さんと運営しております。

ミシマ社 編(みしましゃ)

バックナンバー