ミシマ社通信オンライン

前回のミシマ社通信オンラインでは、ミシマ社がたどってきた5年間をご紹介しました。
さて、今度はいまのミシマ社がどんなふうに動いているのか、新しいことに日々挑戦するリアルタイムのミシマ社をお伝えします! 

(文:小田垣絵美)

第28回 ミシマ社創業5周年記念 パーティー祭り編

2011.11.01更新

ミシマ社5周年記念パーティ祭り

春夏秋冬のブログでもお届けした10月13日、14日のミシマ社創立記念パーティ。総勢約150名の方にお越しいただき、大盛況のうちに幕を下ろしました。

ミシマガ通信オンライン ミシマ社5周年記念パーティー祭り

パーティ2日目、14日の午前中は飾りつけしたオフィスのなか、もくもくと日常業務をこなすミシマ社メンバーです。切り替えがすごい!

宴が始まると、会場はみなさまの熱気でどんどんヒートアップ!

ミシマガ通信オンライン ミシマ社5周年記念パーティー祭り

↑三島さんの「祭Tシャツ」決まってますね!

自由が丘オフィスの二階に用意した模造紙には、著者の方々や編集者の方、そして特に書店員の方々からこんなにたくさんのお祝いのコメントを寄せていただきました!

ミシマガ通信オンライン ミシマ社5周年記念パーティー祭り

ミシマガ通信オンライン ミシマ社5周年記念パーティー祭り

ささやかなおみやげは、ミシマ社オリジナルチロルチョコでした。

来社していただいた皆様、ほんとうにありがとうございました!

ミシマ社フェア、日本各地でぞくぞくと開催中です

6年目を迎えたミシマ社は、現在これまでにないほどたくさんのフェアやイベントを行っています! 書店でのミシマ社フェアといえば、仕掛け屋チームによるパネル! 現在開催中フェアの、渾身のパネルギャラリーをご覧ください♪

◎紀伊国屋梅田本店

第28回ミシマ社通信オンライン ミシマ社5周年記念パーティ祭り

「一冊入魂」、なかなか達筆ですね!

◎リブロ吉祥寺店

第28回ミシマ社通信オンライン ミシマ社5周年記念パーティ祭り

これでもか! とPOPの嵐です

◎三省堂神保町本店

第28回ミシマ社通信オンライン ミシマ社5周年記念パーティ祭り

ミシマ社本全ラインナップの目録、TAKE FREE!


ミシマガ通信オンライン ミシマ社5周年記念パーティー祭り

そして、三省堂神保町本店でしか手に入らない、限定本がこちら!

その名も「5周年記念 ザ☆ミシマ社通信BOOK」。ミシマ社通信とは、ミシマ社本のなかにはさみこまれているすべて手書きの新刊&既刊案内のペーパーです。全27号分と、さらに特別編も含めてなんと300円で販売しています。

ちなみにこの本は、最低一冊から出版できる「三省堂オンデマンド」によってつくられています。新しいメディアの試みにご注目あれ!

さらに、10月・11月には
◎ジュンク堂書店京都BAL店、ジュンク堂書店京都店でプランクトン&ミシマ社、全国初の合同フェアを開催!!
◎紀伊国屋新宿南店で、ミシマ社weekと題しフェアの期間中一週間(11/21~11/26を予定)、ミシマ社メンバーと著者の方々によるゲリラトークを敢行!!
・・・などなど今後の予定も盛りだくさんです。

それぞれのフェア・イベントの詳細はじみち日記をご覧ください!

新刊も、ぞくぞく!

第28回ミシマ社通信オンライン ミシマ社5周年記念パーティ祭り

5周年特別企画『だいじなだいじなぼくのはこ』、できたてほやほやの『中国でお尻を手術。 遊牧夫婦、アジアを行く』。ぜひぜひ店頭でお手にとっていただきたいです!

次なる新刊は、12月刊行予定のミシマ社初となる詩写真集『透明人間⇆再出発』。この本は、『思春期』(ピエブックス)でコラボレーションしたお二人によるもの。何気ない日常の輝きをみずみずしい言葉で綴る詩人・谷郁雄さんと「スクールガール・コンプレックス」などで今話題の写真家・青山裕企さんによる一冊です。お二人のコラボレーションはもちろんのこと、ぐっと目を引くのが世界初となる本の造本!

ミシマガ通信オンライン ミシマ社5周年記念パーティー祭り

透けるような薄い紙に印刷された詩と、別の紙に印刷された写真のページが交互にくるようにデザインされています。実はこのような構成は、技術的に実現不可能といわれてきました。ところが! 世界初の技術によってこのたび現実のものとなります!

店頭でページをめくりながら、この感動を体感してください。
プレゼントにもおすすめです!!(「世界初」をプレゼントできるんですから)

「わたしのお店で本屋さん」プロジェクト、始まる!

一冊の本とのかけがいのない出会いが人生を変えることがあります。その出会いの場所は、何も本屋さんだけに限らない。例えばお気に入りのカフェや忘れられない旅の宿だったら、それだけで特別な一冊になるはず。そんな機会をつくりたいという思いから生まれた、「わたしのお店で本屋さん」という企画が目下進行中です!

内容はいたってシンプル。本屋さんではないお店でミシマ社の本を並べていただけないだろうか、というもの。10冊からミシマ社の本を販売させていただきます。すべて同じ種類でも、ばらばらでも何でもOK! 現在パンフレットづくりなど少しずつ実現に向けて動き出しています。ミシマ社の本を置いてくださる自営業の方、いらっしゃいましたらぜひご一報を! 近々、詳細情報をお知らせできると思いますので、こうご期待です!

ミシマ社の取り組む「新しさ」にスポットライトを当ててご紹介してきましたが、これからのミシマ社は、今までと変わらず読者のみなさまとのつながりを大切に、面白いことにどんどん挑戦していきます。一歩一歩進み続けるミシマ社を、どうぞよろしくお願いいたします!!

お便りはこちら

みんなのミシマガジンはサポーターの皆さんと運営しております。

ミシマ社仕掛け屋チーム

バックナンバー