PHPスペシャル×みんなのミシマガジン

第9回 PHPスペシャル編集部がジャック!

2014.07.03更新

「みんなのミシマガジン」の読者のみなさん、こんにちは。
 PHPスペシャル編集部です。
 今回は、わたしたちがミシマガをジャック!させていただきます。
 はじめまして、の方も多いと思うので、自己紹介を。

 現在の編集メンバーは、丹所(食い意地担当)、小笠原(メガネ担当)、宮本(ぼんやり担当)のアラサー女子三人組です。

(ちなみに、丹所は連載「よろしな。」を、小笠原は「働くからだ。」の鼎談でミシマガに登場しています)
 ミシマ社さんのミッキーこと新居さん、ヨッセーこと寄谷さんとは、のみくいをしたり、ミッキーの誕生日をサプライズで祝う間柄。
 先日は、夜な夜な公園に集まり、缶ビール片手にコロッケ6個(宮本は3個)を食べ、鉄棒で逆上がり大会をするという、部活帰りの高校生(はビール飲めませんが...)のような楽しいひとときもありました。

 さて、『PHPスペシャル』は、1998年創刊の月刊誌です。
『PHP』という雑誌の姉妹誌で、より若い女性向けにスタートしました。
 B6判の小さいサイズで、本屋さんでは雑誌コーナーの棚で透明の専用ラックの中に入っていることが多いです。コンビニやスーパー、キオスクでも売られているので、ご覧になったことがある方もいらっしゃるかもしれません。

 今年の1月号から7月号は、こんな感じ。

 イラストレーター・糸乃さんの、季節感のあるイラストが好評です。
 それが今回、ミシマ社さんとのコラボではこんな感じに!

 大胆に変わりました!
 ミシマくんマークにも注目です。

 ちなみに、京都駅前(駅裏?)にある編集部からは、新幹線が見えます。

 ドクターイエローもしばしば目にします。

 今回の共同編集にあたって、三島さんと丹所が語らう動画を作ってみました。
 編集会議や読者座談会の模様も収録。
 淡々としすぎている2人のしゃべりを、ぜひご覧くださいませ。


 そんなわけで、1週間後についに発売となる『PHPスペシャル』8月号。
 全国発売に先駆けて開催の8日(火)に恵文社・コテージのトークイベントで、みなさんにお会いできるのを楽しみにしています!

Facebookもやっています~ 「いいね!」お待ちしております。

お便りはこちら

みんなのミシマガジンはサポーターの皆さんと運営しております。

ミシマ社編集チーム

バックナンバー