声に出して読みづらいロシア人

主旨

「ロシア人の名前は何であんなに長ったらしいのか?」と、よく言われます。時にはもっと単刀直入に、「なんであんなに滑稽なのか?」とすら言われたこともある。
確かに、ロシア人といえば、「ドストエフスキー」「ムソルグスキー」「ゴルバチョフ」など、ゴツイというか愛想がないというか、そんな名前ばかり。
ですが、「グジェ」とか「ドヴァ」とか、「ルグスキー」なんて不可思議な文字列は、ロシア人の名前でも呼ばない限り、一生声に出すことはないはず。
だったらせっかくなので、読みづらいけど、大声で唱えてみよう。気分が晴れたり晴れなかったりするかもしれません。
本連載では、そんな怪しげな響きのロシア人名を厳選して紹介するとともに、その人物のプロフィールを解説。ロシア人の名前の仕組みについてもわかる。役には立たないが。

第29回 カラマーゾフ その1

2011.12.09更新

Братья Карамазовы

前回、スメルジャコフという『カラマーゾフの兄弟』の登場人物の名前を取り上げたので、今回は「カラマーゾフ」という名前のほうを取り上げたいと思います。
なんか順番が逆のような気がしますが・・・。

「カラマーゾフ」、いかにもドストエフスキー好みの重苦しい名前です。
私も本書を読む前は、「ロシアの大地で泥にまみれて生きる農民の兄弟たちの苦難の物語」とか思っていました。
全然違いました。

舞台は農村ではなく地方都市(スターラヤ・ルッサという町がモデル)だし、三兄弟も、
・長男は軍隊帰りのプレイボーイ。あっちこっちで揉め事を起こす問題児だが、実は熱血漢でいいやつ
・次男はインテリ大学生。クールぶって小難しいことばかりしゃべっているが、実はとっても繊細
・三男は現実逃避癖があるけどみんなに愛されるいい人。ただ、好きな女性から「いい人すぎてつまんない」とか言われたりする悩み多き青年
という感じで、農民どころか、みな仕事すらしてません(笑)。

それにしても、こうしてみるとキャラ立ってます、みんな。
というか、「熱血漢」「クール」「癒し系」って、今でもマンガやら特撮ヒーローやらのキャラ設定の王道じゃないか。
ルーツはここだったのか!?

村上春樹氏のカラマーゾフ好きは有名ですが、確か『ノルウェイの森』に、主人公が「カラマーゾフの兄弟の名前を全員言えるのは俺くらいだろう」みたいに(自嘲気味に)独白するシーンがあります。
これを覚えていると、村上文学の主人公みたいにモテモテになれるかもしれません。

長男・ドミートリー、次男・イワン、三男アリョーシャ。父称はみな(スメルジャコフと同じく)フョードロヴィチ。
「イワン・フョードロヴィチ・カラマーゾフがさあ・・・」とか日常会話に織り交ぜて、ぜひ知的アピールしてみてください。
確実に迷惑がられますが。

お便りはこちら

みんなのミシマガジンはサポーターの皆さんと運営しております。

松 樟太郎(まつ・くすたろう)

「四面楚歌」をモットーとする編集者。
1975年、ザ・ピーナッツ解散と同じ年に生まれる。某大学ロシア語科を出るも、その後は特にロシアとは縁のない仕事と日常を送る。そのためロシアに関する知識が間違ってたらすいません。そろばん3級。
KYOTO的では、「マックスコーヒー1人旅Y」を連載。全国のファンに惜しまれつつ最終号を迎えた。

KYOTO的
マックスコーヒー

バックナンバー