しごとのわ通信

その2 里村明衣子『「かっこいい」の鍛え方』刊行します!

2017.11.17更新

 こんにちは。編集部アライです。
 11月10日に、上阪徹さん『社長の「まわり」の仕事術』を刊行した「しごとのわ」レーベルですが、今月はなんと! 今週というか今日、もう一冊新刊がでます。2週連続刊行なのです。

 今日発売となるのは、センダイガールズプロレスリング代表であり、現役女子プロレスラーである里村明衣子さんの著書『「かっこいい」の鍛え方 女子プロレスラー里村の報われない22年の日々』


装丁は芥陽子さん


 里村さんは、センダイガールズプロレスリング代表として、低迷する女子プロレス業界を20年にわたり下支えし続けてきた女性です。

 それがなんで、「しごとのわ」で????

 しかも「プロレス」と聞いて、「わからない」と瞬時に反応してしまう方もいると思います。でもでも、敬遠してしまうにはちょっともったいないくらい、里村さんってかっこいいんです!
 そのかっこよさは、身体能力が高いとか、プロレスラーとして強いとか、そういうところを指しているのではありません(もちろんプロレスラーとしてもめっちゃ強いんですけど)。里村さんのかっこよさは、圧倒的なブレなさ、意志の強さ、すっくと前を見据えるその姿です。


写真提供:里村明衣子

 いま、がんばってもそれが必ず報われると言えるような世の中ではありません。がんばってもがんばっても報われないことってたくさんある。では、そのなかでどう誇りを失わずに前を向いて生きていくのか?

 里村さんが女子プロレスの世界に入ったのは中学卒業の15歳。
 それ以後、女子プロレス業界はどんどん縮小し、低迷していきます。また里村さん自身も、チャンピオンになってもお客さんが減っていったり、好きな人に「一生懸命すぎて気持ち悪い」と言われたり......所属団体の解散から新団体の設立に参加、震災、メンバーの退団。
 もう酸いも甘いも、報われない日々も、辛い思いも山ほど経験してきたであろう里村さん。
 でも、全然淀んでないというか、一切濁ってないんです。伺うだけでも「なんでこんなにまっすぐに、続けられるんだろう?」と不思議になるくらい。

 そして里村さんは、選手として活躍するだけでなく、「センダイガールズプロレスリング」という女子プロレス団体の代表でもいらっしゃいます。
 中卒でプロになり、これまで経営や営業なんてものとは一切関わりがなかった里村さん。チームを運営していくには? 後輩を育てていくには? ずっと四苦八苦されています。

 日々を懸命に、まっすぐに生き、はたらく姿は、多くの「はたらく人」の力になる。そして、里村さんご自身も「プロレス」以外の、同世代の女性や、日々一生懸命仕事をしているひとに読んでほしいという気持ちがありました。
 仕事をがんばろうと思う気持ちは、なにもいわゆる「ビジネス書」だけから抱くものではありません。もっと大きなわで「しごと」のことを考えたとき、里村さんからいただくパワーは無限大。
 そう思って、「しごとのわ」で里村さんの本が出ることになったのでした。


* * * * * *


 そもそも里村さんのことを知ったのは、雨宮まみさんがきっかけでした。

 雨宮まみさんは、『女子をこじらせて』などの名エッセイをはじめ、ミシマ社からは岸政彦さんとの共著『愛と欲望の雑談』を刊行されているライターです。

 『愛と欲望の雑談』の刊行と並行して、雨宮さんとずっと企画の相談をしていたなかで、ある日「里村さんのインタビューの、長いものを書いてみたい」という連絡をいただきました。
 それ以前から、雨宮さんはご自身のブログでたびたび女子プロレス(と里村さん)のことを書かれていました。この文章がものすごいパワーで、読んだだけで涙が出そうになるほどでした(名文なので、ぜひ読んでいただきたいです!)。

 企画は進み、里村さんにも初めてお会いして、何回かインタビューをしたあと。これから書き出すのだというところで、雨宮さんは帰らぬ人となりました。
 企画は宙に浮きました。企画していた本は、雨宮さんでないと書けないものだったからです。

 一方、雨宮さんとの取材を通すなかで、わたしは里村さんのファンにもなっていました。なんて芯の強い、澄んだ目をした方なんだろうかと。
 雨宮さんが著者としての本はもう一生作れなくなってしまったけれど(今でも信じられないけれど)、こんなに素敵な、そして雨宮さんが大好きだった里村さんを、もっとたくさんの人に知っていただくお手伝いが何かできるんじゃないか。

 そうして、どうしたら多くの人に里村さんの魅力が伝わるか、里村さんと代表の三島と相談しながらできたのがこの一冊です。
 また、いわゆる「プロレス本」ではなくて、働く人たちに手にとってもらいたかったので、「しごとのわ」のレーベルから、出版させていただくことになりました。

 雨宮さんが伝えたかった、里村さんの魅力が書かれてあるかどうかはわかりません。
 でも、こんなにかっこいい女性が現代にいるということは、きっと多くの方の励みになるのではないかと思います。

 ぜひたくさんの方に、手にとっていただければ幸いです。

 そして発売日の今日は里村明衣子さんのお誕生日。おめでとうございます!

『「かっこいい」の鍛え方 女子プロレスラー里村の報われない22年の日々』
里村明衣子(著)
企画・編集/ミシマ社、発売/インプレス
184ページ、2017年11月17日刊
ISBN:978-4-295002-28-4


お便りはこちら

みんなのミシマガジンはサポーターの皆さんと運営しております。

しごとのわ編集部

「しごとのわ」とは?
仕事について考えるとき
成果や時間、お金を意識することがあっても、輪を意識することは少ないのではないでしょうか。
小さい輪でも大きな輪でも構いません。
会社や家庭、地域、過去と未来、わたしとあなた。
切り離さなければ、輪はできます。
仕事を考えるときそんな輪を大切にしたいという想いから、ミシマ社とインプレスの2つの出版社で起ち上げたレーベルです。

バックナンバー