今月の特集1

 2007年に公開された『選挙』。続く『精神』(08年)、『Peace』(10年)、『演劇1・2』(12年)と、事前のリサーチを行わず、構成台本もつくらない「観察映画」という手法で映画をつくり続ける想田和弘監督の最新作『選挙2』が公開となりました。

 第一作目『選挙』の舞台は、2005年秋、小泉劇場まっただなかの川崎市議会補欠選挙。主人公は、東京で気ままに切手コイン商を営む「山さん」こと山内和彦さん(40歳)。ひょんなことから自民党公認として出馬することになった新人候補の「ドブ板選挙」をひとりの観察者の視点から映し出しています。

想田監督インタビュー

(C)2013 Laboratory X,Inc.
『選挙2』公式HP:http://senkyo2.com/ 7/6(土)よりシアター・イメージフォーラムほか 全国順次公開

 本作『選挙2』では、その「山さん」が2011年4月の川崎市議会選挙に再出馬。かつて、小泉自民党の組織力と徹底的なドブ板戦で初当選した山さんが、完全無所属で選挙に挑む姿を映し撮っています。出馬の理由は「怒り」。スローガンは「脱原発」。山さんというひとりの候補者をとおして浮かび上がる日本の民主主義の姿は、何を語ろうとしていたのか。
 観ると色々なことを考えずにはいられない、参議院選挙前に必見の作品です。

 今回は想田和弘監督に、『選挙』『選挙2』について、実際の選挙や民主主義について、「観察映画」という手法について、お話をうかがいました。監督のお話が面白すぎて、予定時間を大幅に超えて3時間のロングインタビューに!全4回でお送りいたします!!

(聞き手:星野友里)

「観察映画」で見つめる「選挙」 想田和弘監督インタビュー 

2013.07.08更新

第1回 映画はネタじゃない

第17回 どこで撮影され、どのように編集されたのか


単なる風景として流したくない

―― 『選挙』『選挙2』共に、駅の改札から出てくる人たちを長く撮影し続けるシーンが印象的でした。何かそこに思うことがあればお伺いしたいと思います。

想田基本的に僕は人ごみが苦手なんです。特に、あの通勤の感じがすごく苦手で、それが嫌でニューヨークに行ったところもあります(笑)。たくさん人がいるのにみんなが無言で、足音も全員が同じ、ザッザッザという感じに戦慄が走るといいますか。

想田監督インタビュー

 『選挙2』の撮影は、2011年4月3日から4月11日までの9日間でした。震災直後です。川崎にも放射能が降っている。ある意味それはSF的な状況ですよね。むしろSF映画ならば、「荷物をまとめて逃げる人たちで高速道路が渋滞する」という画を想像すると思うのですが、そうではなく、みんな粛々と通勤している。

 それにはやっぱり目がいきますよね。それを単なる風景として流したくない気持ちがあるんですね。ひとつのシーンとしてみたい。たとえばあの場面を6秒くらいで出すと、それは単に風景ショットとして脳内で処理されると思うのですが、それを僕はしつこく20秒くらいにするわけです。そうすると、ある意味日本社会を象徴するような風景ががひとつのシーンになるわけです。

―― 改札口で監督が機材を持って撮影しているのに、目線をこちらに向ける人があまりいませんよね。それと対照的だったのが、公園でカメラを回していたときに子どもたちが集まってくる場面です。山さんの子ども悠喜くんもそうですが、映画を通して、子どもが出てくる場面が印象的でした。

想田僕は基本、何も計画せずにどんどん撮るようにしています。対象についてのリサーチもしませんし、台本も書きません。とにかく目の前の現実をよく観察する。よく観て、よく聞いて、そこで観察したことを映像化していく手順で撮影します。
ですから、最初に「子どもや公園のシーンが必要だ」などとは考えません。むしろ、山さんに張り付いてないときは街に出て、そこで出会った風景のなかで気になったものや、なんだかわからないけど響くものにどんどんカメラを向けていくわけです。

 当時は2011年の4月ですから、原発事故が起きてまだ1カ月も経たない時期です。けれど公園に行ったら子どもたちの声が聞こえるわけですよ。それはある意味、僕のなかでは衝撃でした。でもやっぱり、その状況をカメラに映しておきたい。そこでカメラを回していると、向こうから話しかけてきてくれたわけですね。この子たちにとって原発事故や震災とはどんな意味を持つのだろうかと複雑な気持ちで撮っているわけです。

 それは悠くんについても同じです。閉局間際の郵便局で、山さんと奥さんは一生懸命ハガキに有権者の宛名を書いている。悠くんは自分に注意を向けてくれないからぐずるわけですが、山さんと奥さんは、ある意味悠くんのためにあんな選挙運動をやっている。子どもに注意が向いていないわけではないんですよね。そして僕は、このシーンを悠くんが大人になったとき、どう見るのかなと思いながら撮ってました。


山さんの魅力

―― いろいろなことを考えさせられます。山さんは不思議な、なんとも言葉にしづらいキャラクターですが、監督から見た山さんの魅力はどのようなものですか?

想田監督インタビュー

(C)2013 Laboratory X,Inc.

想田いつも話すことですが、山さんは5浪して東大に入り、僕が大学一年の頃すでに24歳でした。その時点からちょっと変わった人だなと思っていたわけです(笑)。よっぽど勉強したいのかと思いきや、まったく授業に出て来ない。でもコンパをやると必ず来る。酒は一滴も飲めず、いつもウーロン茶のくせに(笑)。しかも駒場寮に住んでいましたから、通学時間はゼロ。僕等が山さんの家に遊びに行っていました。そして彼は3回留年して、東大を出た後は切手コイン商をやり、ハネムーンは北朝鮮。僕のなかではそういう「ボヘミアンな山さん」がスタンダードです。だから、山さんが自民党から立候補すること自体がジョークかと思いました(笑)。キャラがすごく間違っている。なにかが間違っている。みたいな感じですね(笑)。

―― なにかが間違っている。

想田はい。自民党はものすごい勘違いをしているに違いないとは思いました。そういうミスマッチは、映画的には一番可能性を感じるんです。必ず摩擦が起きるはずなので、これは撮れたら絶対におもしろくなると思いました。

 撮りながらも編集しながらもすぐに気づきましたが、自民党という非常に伝統的な日本社会に、山さんというまったく縁もゆかりもなさそうな人が入ると、山さんのことよりも、自民党の価値観、あるいは日本社会の一番スタンダードな価値観があぶり出されてしまうんですね。『選挙』は、そういう映画だったと思います。

 これは少し失礼かもしれませんが、存在からいうと、山さんはトリックスターだと思います。この社会のなかで、人はそれぞれ役割のようなものを担わされてしまうところがあると思うのですが、そして、山さんは自分でそう望んでいるとは思いませんが、結果的にいわゆるトリックスター。日本語にすると少しきついですけどね。道化師。

―― そうですよね(笑)。悪い意味ではまったくなくて、すごくそんな感じがします。

想田トリックスターが権力に近づくと、権力の本質みたいなものがあぶり出されます。つくづくそういうものだなと思います。昔の王様は自分の近くにわざと道化師を置いたと聞いたことがあります。道化師が一番本当のことを言う。黒澤明の『乱』なんかでも出てきます。ピーター扮する道化師(狂阿弥)だけはズケズケと本当のことを言う。山さん自身は道化師のつもりはなく、本気で真面目な気持ちでやっていると思いますが、でも、そんなふうに僕には見えました。


「笑い」は「引き」の構図

―― 『選挙2』のなかで、山さんも監督もよく笑っていましたよね。

想田よく考えると本当に深刻な状況です。震災があり、原発事故が起き、おそらく放射線も今後30年くらいは下がらない。これからどうなるかわからない。ですが、実際そこで生活していると笑うしかないことがたくさん出てくる。僕もそうなのですが、ひどい状況になるほど笑えてくるところが人間にはある気がします。

 あと、笑えるということは、ある意味知的な行為でもある。冷静にその状況を外側から眺める自分がいるということですから。その状況に埋没してしまうと人間って笑えないんです。映画言語でいうと、クローズアップはどちらかというと怒りや喜びとか別の感情で、笑いは必ず引きになる。

 その頃、僕も「なんで想田さんは、福島や石巻に行かないのですか?」と聞かれました。自分でも「東北で大変なことが起きているのに、なんで川崎で何もしない山さん撮っているのかな?」とよく思いました。けれど不条理だなと思いながら、そのこと自体にも笑えてくる。映画『選挙』のポスターを勝手に流用してあんなものが選挙の掲示板に張られていることにも笑えてくるわけですよ。オフィシャルな選挙のポスターが「なんで俺の映画のパクりなわけ?」って(笑)。

―― すごいことですよね(笑)

想田よく考えるとすごく変なことが起きているんです。だからやっぱりそれは笑えてきますよ。でも、笑えてくるところに、力の源があったりしますよね。


どんな題材でも映画になる

―― 監督の他の作品に『精神』『Peace』がありますが、目の前の状況をそのまま撮影するという監督のやり方であればどうやっても映画をつくれますよね。

想田おっしゃるとおりです。そうなんです。「よく観て、よく聞きさえすれば必ずおもしろいことが見つかるはずだ」というのが「観察映画」の考え方です。だから、おもしろいと思えないのは自分がよく観てないからだと思っています。おそらく、どんな人でも映画の主人公になるし、どんな題材でも映画になる。もちろん、僕自身のなかでも興味の濃淡はありますよ。でも、「やるとなったらどんなものでも映画になるはずだ」という変な自信があります。映画はネタじゃない。

―― 映画はネタじゃない。

想田そう。それは、テレビ番組をつくっていたときしょっちゅう言われた「ネタが弱い」ということに対する反発でもあります。企画を立てても「もっとキャッチーで活きのいいネタじゃないとダメだ」とか「もっとニュースバリューがないと」「派手じゃないと」「こんなの地味だ」と、よく言われますした。でも、そのとき、いつも僕が反発したのが「本当にネタの問題なのか?」ということです。

 ネタそのものよりも、作り手がどう見るかが問題なのだと思います。地味に見えるものでも、よく観ると派手かもしれない。観察映画を自分で撮り始めたときは、まさにそこに挑戦したい気持ちがありました。『選挙』も、よく考えるとネタ的にはすごく地味です。川崎の市議選ですから。どうせ選挙を題材にするのであれば、天下分け目の戦いとかね。

―― 「橋下vs平松」とか。

想田そうそう。そういうふうに思いますよね。山さんの出馬は、ニュースバリュー的には地元の神奈川新聞でも2段くらいの記事にしかならないネタです。ですが、そこにカメラを向ければきっとおもしろいものがあるはずだと僕は思っていました。

 そういう意味で『選挙2』は、本当にその方法論が試される映画でした。というのも、山さん、本当に何もしないじゃないですか(笑)。最初「本当に何もしない」と聞いたとき、「大丈夫かな、俺?」って思いましたから(笑)。

―― ハードル高いですよね(笑)。

想田山さんが2011年4月の川崎市議選に再出馬することを香港でブログをみて知り、驚いて山さんに電話を掛けたわけですよ。そのときは「いや、前回みたいなドブ板はやらないよ。今回、脱原発で出るんだ」というところまで聞いていて、「そうか、じゃぁ撮らなくちゃな」と思い、機材をわざわざ東京で揃えて川崎に行き「さあて、何撮ろうか」と思って、「山さん、演説もしないの?」と聞いたら「しないよ」って(笑)。「マジで? じゃぁ、何すんの?」と思いまして。

 普通の作家ならそこでやめていると思います。ただ、僕はそれまで「映画はネタじゃない」「自分の視線が大事で、それをどう料理するかが問題なのだ。映画にならないのならそれは作家の力量不足だ」と偉そうなことをさんざん言ってきたので、ここで引き下がっては観察映画の理論が崩壊してしまう(笑)。

―― 突きつけられたわけですね(笑)。

想田そうなのです。極限まで僕を追い詰めましたよ、あの男は(笑)。
だから、そこで「よし、基本に立ち返ろう」と切り替えて、とにかくよく観る。密着して、おもしろいと思ったことにカメラを向けていく。映画になるかどうかは後で判断すればよいことで、とにかく山さんに密着し、その過程で目についたことをどんどん記録していく。そういう手法をとったわけです。そうしたら、やっぱり変なことが起きてくるわけですよね。カメラの前でも。

お便りはこちら

みんなのミシマガジンはサポーターの皆さんと運営しております。

想田和弘(そうだ・かずひろ)

1970年栃木県足利市生まれ。東京大学文学部卒。スクール・オブ・ビジュアルアーツ卒。93年からニューヨーク在住。NHKなどのドキュメンタリー番組を40本以上手がけた後、台本やナレーション、BGM等を排した、自ら「観察映画」と呼ぶドキュメンタリーの方法を提唱・実践。その第1弾『選挙』(07年)は世界200カ国近くでTV放映され、米国でピーボディ賞を受賞。ベルリン国際映画祭へ正式招待されたほか、ベオグラード国際ドキュメンタリー映画祭でグランプリを受賞した。第2弾『精神』(08年)も受賞多数。2010年9月には、『Peace』(観察映画番外編)を発表、2012年、劇作家・平田オリザ氏と青年団を映した最新作『演劇1』『演劇2』を劇場公開。著書に『なぜ僕はドキュメンタリーを撮るのか』(講談社現代新書)、『演劇vs.映画ードキュメンタリーは「虚構」を映せるか』(岩波書店)等。

バックナンバー