今月の特集1

 2007年に公開された『選挙』。続く『精神』(08年)、『Peace』(10年)、『演劇1・2』(12年)と、事前のリサーチを行わず、構成台本もつくらない「観察映画」という手法で映画をつくり続ける想田和弘監督の最新作『選挙2』が公開となりました。

 第一作目『選挙』の舞台は、2005年秋、小泉劇場まっただなかの川崎市議会補欠選挙。主人公は、東京で気ままに切手コイン商を営む「山さん」こと山内和彦さん(40歳)。ひょんなことから自民党公認として出馬することになった新人候補の「ドブ板選挙」をひとりの観察者の視点から映し出しています。

 本作『選挙2』では、その「山さん」が2011年4月の川崎市議会選挙に再出馬。かつて、小泉自民党の組織力と徹底的なドブ板戦で初当選した山さんが、完全無所属で選挙に挑む姿を映し撮っています。出馬の理由は「怒り」。スローガンは「脱原発」。山さんというひとりの候補者をとおして浮かび上がる日本の民主主義の姿は、何を語ろうとしていたのか。
 観ると色々なことを考えずにはいられない、参議院選挙前に必見の作品です。

 今回は想田和弘監督に、『選挙』『選挙2』について、実際の選挙や民主主義について、「観察映画」という手法について、お話をうかがいました。監督のお話が面白すぎて、予定時間を大幅に超えて3時間のロングインタビューに!全4回でお送りいたします!!

(聞き手:星野友里)

「観察映画」で見つめる「選挙」 想田和弘監督インタビュー 

2013.07.09更新

第2回 主権者は消費者ではない

「観察映画」で見つめる「選挙」 想田和弘監督インタビュー 

選挙費用総額8万4720円。

―― 2005年秋の川崎市議会議員補欠選挙では、自民党公認のバックアップのもと当選した山さんですが、『選挙2』では一転、独立系完全無所属という、組織をつくらないやり方で出馬していますよね。それは山さん自身のなかですごくしっくりくる選挙活動だったように思います。

想田山さんも半分だけ気づいたのだと思います。要するに、みんな、選挙というものは決まったやり方があり「こうしなくてはいけないのだ」と思い込んでいると。それは、右も左も関係なく、みんなそう思っている。自民党も共産党も選挙運動のやり方だけ見ていると似ていますからね。お金がかかる。組織力が必要。中には田畑を売り背水の陣をひいて、死ぬか生きるかの意気込みで臨まなくてはいけないと思い込んでいる人もいる。

 だけど山さんはふと「あれ? 事務所とか借りなきゃ安くできるじゃん」「ポスターも自分で作れるじゃん」と思ったんですよね。それでもたしかにできるんですよ、選挙。それに、候補者の誰も脱原発の主張をしようとしない。それに山さんは違和感があった。そうしたときに、「じゃぁ、おれが出ればいいじゃん」と思ったのだと思います。ふとね。軽くそう思った。そこがトリックスターのすごいところで、おそらく自民党から出たときも深く考えていないと思います(笑)。だって、山さん、普通に自民党嫌いだと思いますし。

―― ですよね(笑)。あの映画を見ているみんながそう思っていますよね(笑)。

想田だけど「カネかけずに俺が出ればいいじゃん」っていうのは、けっこうすごいところに気づいてしまった気がしています。よく考えるとあるべき姿ですよね。選挙のとき、投票しない理由として「入れたい人がいない」とよく聞きますよね。入れたい人がいないから投票しない。あるいは白票を投じる。でも選択肢はそれだけじゃない。自分が出る。それもありなんです。

―― 選挙費用の総額が8万4720円ですもんね。

想田日本の場合、供託金が不当に高いという問題はありますが、一定の得票数に達すれば落選しても返還されます。地方選なら普通の市民でも本気で出る気があれば、なんとかできない額ではない。破産もしないと思います。仕事も辞める必要はないですしね。これは、実は「あるべき姿」だと思います。

 山さん以外でも、同じような考え方で出馬している人もいます。当時「みんなの党」の竹田のぶひろさんは実は4万322円しか使っていません。彼は、事務所は間借りで選挙カーも使わず、ポスターは自分でデザインしたらしいです。それでトップ当選しています。彼は映画『選挙』を見て「あんな選挙をやってはダメだ」と思ったらしいんですね。まだ若いですが、自分が出るときは真逆のことをやろうと思い、しかも成功している。

 お金をかけないと何が違うかといいますと、たとえば、竹田さんはみんなの党から出ていましたが政党に属していても党に頼る必要がなくなるのです。山さんの場合は一回目の選挙のとき、市民派として出馬したはずですよね。「市民の目線で改革を進めます。しがらみはありません」と何度も言っています。だけど選挙運動の内実を知ってしまうと、「あんた、しがらみあるじゃない(笑)」と。いくら市民出身でも、党の枠組みに入った瞬間に新入社員のように組織に従うしかなくなってしまう。そこでは独自性や独立性は望めないですよね。

 その人がどう経済的、組織的に独立しているのか。自由の問題を考えるとき、実はそこがすごく重大なことで、誰にも依存しないで当選できる道筋ができれば、日本の政治にも相当違う状況が生まれてくると思います。


山さんが飛んだハードル。

―― でも、あれだけ何もせずに1306人が山内さんに投票されていたのは、ある意味すごいといいますか。

想田監督インタビュー

(C)2013 Laboratory X,Inc.

想田ですよね。僕もそう思います。山さんの選挙活動って、選挙のポスター貼りと選挙運動用の法定ハガキの宛名書き、そして最終日に駅の前で防護服とガスマスクをつけて演説しただけですからね。あれだけ怠けに怠けて、選挙ハガキくらいちゃんと出せよと思いますよね(笑)。

―― 夏休みの宿題みたいでしたよね(笑)。

想田映画を見た人のなかには「山さんは本当に真面目なのか?」と怒る人もいます。もっと「真面目にやれ」と。だけど、それでも僕は、山さんは相当のハードルを飛んだと思います。山さんに不満を感じた人は、自分が立候補すればよいのです。条件は同じなのです。

 だから、山さんがいくら不真面目にみえても、僕はすごく評価しています。軽いけれど、実際に思いつきを実行してしまうところが山さんのいいところだと思っています。逆にいうと、彼は自分の問題として政治を考えている。主体的に政治に関わっている。

 本来、われわれ主権者は、政治の主体であるべきなんですよね。消費者ではないわけです。これは最近気がついたことですが、山さんに対する批判は、消費者としての立場から発言している感じがするのです。批判している人も出馬していいわけです。それなのに「自分は出なかった......」という発想になるのではなく、「山さんもっとしっかりやれよ」と思っている。それはまさに、消費者として自分をイメージしているということです。


主権者は消費者ではない。

想田政治家や選挙に出る人は、政治サービスを提供する人たちで、自分たちはそれを買っているのだ。投票や税金でサービスを買うのがわれわれ有権者なのだ。そういう誤解がいますごく蔓延している気がします。おそらく低投票率というのは「買いたい物がないから買わない」という態度なのだと思います。「俺に買ってほしいならもっといいもの出してこい」というわけです。自分はお客さんだと思っている。

 政治家も有権者のことをお客さんだと思っている。だから「国民の皆様は」とやけに慇懃無礼に扱い、そして軽蔑している。消費者として扱うということは、誇大広告やイメージで騙せると思っているわけです。広告の打ち方でなんとでもなるという発想です。消費者とは、自分で何も努力する必要はないし、責任もないという存在ですよね。だから簡単に騙されてしまうのです。

 たとえば、政治の問題を考えることは難しいことです。TPPや憲法の問題も理解するには勉強が必要です。憲法の問題でいま起きていることを理解するには、「立憲主義とは何か?」とか、「公共の福祉と公益及び公の秩序の違いは何か?」といった憲法論や法律論の基礎くらいは、勉強しないとわからない。

 自分を消費者としてイメージしていると「お客様にそんな勉強させるな」と言いたくなるわけですね。だから「政治家の言葉はわかりにくい」「政策がわかりにくい」ということをすぐに言う。政策がわかりにくいのは当り前なのです。実は本来民主主義というものは、われわれ有権者が自分たちも勉強して、政治家の発言に対しても反論できるくらい政治に精通していかないと成り立たないものなのです。

 民主主義というものは本質的に消費モデルでは語れないもので、主権者というものは、判断し、決定し、責任をとる主体のことであり、主権者と消費者というものは、決定的に違うものなのです。しかし、その違うものを混同し、消費モデルで我々は政治を見てしまっている。その部分でボタンが掛け違っている。最初の段階でボタンの掛け違いをしているから、あらゆることがおかしな方向に向かっている感じがします。


無意識の消費者感覚

―― 「何をしてくれるんですか?」という感じですよね。

想田監督インタビュー

想田先日、大阪で『選挙2』のキャンペーンを兼ねたイベントをやったとき、会場から「政治はハードル高いんですよ。すごく難しすぎる。もっとわかりやすくしてもらわないとわからない」という発言があったんですね。若い人でした。でも、そのとき「あれ?」と思って、すごく気になった。

 その会場で「わかりにくいから、もっと勉強が必要ですね」とその人が言うならわかりますが、そうではなく、登壇者である僕らに対してすら「政治をもっとわかりやすくしろ」と要求しているように聞こえたんですね。その人は、僕らのこともサービスの提供者と思っているように聞こえたのです。

 もちろん僕は、映画は提供していますが、政治に関しては会場にいる人たちと同等なつもりです。「あなたと僕は同じですよ」とすごく思ったのです。同時に「この人の感覚は、実は世間一般の普通の意識なのだ」ということに気がついた。まさにあらゆるものに対して、現代日本人のマジョリティは消費者なのです。だから政治家も物事を単純化する。それこそわかりやすい対立軸をつくって「◯◯が悪い」とやると一番売れると思っている。票をもらうということは売れるということですから。

 このことをかなり詳しくツイッターやブログに書いたんです。ところが、ここまで言っても、ツイッターなどの反応で面白かったのは、「もっと賢い消費者にならなくてはいけませんね」という反応があったことです。すごい。消費者意識が、本当に身体化されている。消費モデル以外のモデルを経験したことがないのだと思います。というか、意識化したことがないのだと思います。他のモデルで考えられなくなっている。

お便りはこちら

みんなのミシマガジンはサポーターの皆さんと運営しております。

想田和弘(そうだ・かずひろ)

1970年栃木県足利市生まれ。東京大学文学部卒。スクール・オブ・ビジュアルアーツ卒。93年からニューヨーク在住。NHKなどのドキュメンタリー番組を40本以上手がけた後、台本やナレーション、BGM等を排した、自ら「観察映画」と呼ぶドキュメンタリーの方法を提唱・実践。その第1弾『選挙』(07年)は世界200カ国近くでTV放映され、米国でピーボディ賞を受賞。ベルリン国際映画祭へ正式招待されたほか、ベオグラード国際ドキュメンタリー映画祭でグランプリを受賞した。第2弾『精神』(08年)も受賞多数。2010年9月には、『Peace』(観察映画番外編)を発表、2012年、劇作家・平田オリザ氏と青年団を映した最新作『演劇1』『演劇2』を劇場公開。著書に『なぜ僕はドキュメンタリーを撮るのか』(講談社現代新書)、『演劇vs.映画ードキュメンタリーは「虚構」を映せるか』(岩波書店)等。

バックナンバー