今月の特集1

 2015年1月、フランスの風刺週刊誌「シャルリー・エブド」が襲撃され、編集長、風刺漫画の担当者など計12人もの人が命を落としました。
 そして同じ月に、湯川陽菜さんと後藤健二さんの日本人2名が「イスラム国」を名乗る過激派組織に拘束され、命を奪われるという痛ましい事件が起きました。
 目をそらしたくなるようなひどい現実に心を痛め、なんでこんなことが起こってしまうんだろう、という思いがぐるぐると頭の中を行き交います。

『イスラム戦争』内藤正典(集英社新書)

 これらふたつの事件に関連しているのは、イスラムという宗教です。けれど、じゃあイスラムが悪いんだ! という方向に向かうのは、あまりにも短絡的。
 現在、ムスリムの人口は15〜16億人にのぼると言われています。
 けれどもわたしたちはイスラムという宗教のことを、どれくらい知っているんだろうか。もしかして、ほとんど何も知らないのではないだろうか。そもそも、「イスラム国」「ISIL」って一体、なんなんだろう?

 そんなときに手にしたのは、『イスラム戦争』という一冊の本でした。この本で、イスラムはけっして怖いものでも、暴力的なものでも、カルト的なものでもないということを知りました。世間が掲示する偏屈で狂信的なイメージは、そこにはありませんでした。

 むしろイスラムから学ぶべきことは、実はたくさんあるのでは?
 そう思い、『イスラム戦争』の著者である内藤正典先生のもとを訪ねました。
 全3回でお届けします。

(聞き手:三島邦弘、構成・写真:新居未希)

となりのイスラム 内藤正典先生インタビュー

2015.03.25更新

 第2回目は、「イスラム国」「ISIL」「 IS」......いろんな表記を見かけるけれど、はたして一体どう違うのか。そして、「イスラム国」という深刻な病の治し方について伺いました。


「ISIL」と言えばOK?

内藤日本の場合はイスラムに対するリテラシーが低いので、混乱が起きることも多いです。
 たとえば「イスラム国」と呼べるか呼べないか、というのも同じことです。日本政府はいま「ISIL(アイシル)」という呼称を取っていますが、ISILは「Islamic State in Iraq and the Levant」の略称です。この「Levant(レバント)」は、もとはフランス語の「ルヴァン」。18〜19世紀ごろ、フランスがあのあ地域を分割して支配しようと企んでいたときに使っていた地域の名称なんですね。
 私が必ずしもISILという呼称を良いと思わないのは、ISILとはどういう意味ですか? と聞かれたら「イラクとレバントのイスラム国」と言わなきゃいけないからです。けれど日本人はレバントを知らないですよね。レバントというのは東部地中海沿岸地域の名称なんですが、シリアもパレスチナもレバノンも入っちゃうし、ヨルダンも入っちゃう。今現在、イスラム国がいない地域まで入ってしまうんです。
 そうすると「ISILと言ってあげれば、イスラム教徒の人は落ち着くんじゃない?」というのは一種のごまかしでしかない。そういう口先だけの話で理解したつもりになるというのは、やっぱりダメなんじゃないかと思います。

―― 本当にそうですね。

内藤「ISIS(アイシス)」だと「イラクとシリアのイスラム国」の意味なんですが、これは「イスラム国」の前身組織なんですね。「イスラム国」にするって彼らが自分たちで変えてしまった。
 もう一つ、ちょっと知っている人だと「ダーイシュ(DAISH)」という言い方をする人もいます。けれどアラブ人曰く、ダーイシュってアラビア語の語感として、なんか悪い感じがするらしいです。元の単語があるわけではないらしいんですが、音がなんだかおバカな感じがする、とイスラム国は嫌っているんです。「イスラム国」の人間に「ダーイシュ」と言うと殺される、というくらい。

―― えええっ。

内藤今敵対している側のアラブ圏の国は「ダーイシュ」と言っています。それで日本のジャーナリストでもそういうふうに言っている人がいるんですが、気をつけて使わなきゃいけない言葉です。
 ダーイシュはアラビア語のアクロニム(頭字語に別の読み方を与えたもの。AIDS=エイズなど)なので、元の意味は「al-Dawla al-Islamiya fi Iraq wa al-Sham」なんですよ。イラクとシャームのイスラム国という意味ですが、シャームってどこのことを言うのか、これもまた日本人は知らないですよね。

―― はい、知らないです。

内藤シャームというのはアラビア語です。ダマスカス(シリアの首都)を指していることもあるし、シリア全体を指すこともある。たとえばトルコ語で「シャーム」と言った場合には、シリア全体を指してしまうんですね。元々はシャームというと、東部地中海沿岸地域一帯のことを指しています。そこのイスラム国、という意味なので、実はレバントと同じことになります。イスラム国側がこのダーイシュという言い方を嫌っているので、たとえばフランス政府のようにイスラム国に反対する人たちは「ダーイシュと言おう」と言っています。けれど日本人のジャーナリストが現地に取材に行って「ダーイシュ」と言っていたら、相手がもし敵方の人だったら売られてしまいます。ダーイシュというだけで、敵だとわかってしまうから。
 その辺のリテラシーというのをきちんと押さえた上で使うのならいいんですが、単に「イスラム教徒の人がかわいそうだからISILにしとこう」では、結局イスラムに対する理解は深まらないと思うんですね。

―― たしかに......。なぜその呼称を使っているのかすら、私たちも知らなかったです。



何をイスラムの国と呼べるのか

内藤実は未だに放送局は、呼称がバラバラです。NHKは「IS(イスラミックステート)」と言っていますが、イスラミックステートって日本語にしたら「イスラム国」ですよね。英語にしたって、結局同じです。しかももっと悪いことに、「イスラミックステート」というと一般名詞でも「イスラム国家」という意味で使えてしまうことになる。英語で言うほうがもっとまずいですよね。

―― たしかにそうですね。

内藤一般的なメディアの表現として、以前まで「イスラム教の国」「イスラム教国」という言い方を散々していたはずです。この「イスラム教の国」という言い方もほとんどの場合は間違いなんです。「イスラム教徒がいる国」と言うなら正しい。ムスリム(=イスラム教徒)の国、なら当たっているんですが、「イスラム教の国」と言うと、少なくとも統治のルールがイスラム法にのっとっていなければ、イスラム教の国にならないんですね。

―― なるほど。

内藤たとえば百歩譲ってサウジアラビアやイランを「イスラム教の国」というのは構わないとして、アラブ首長国連邦のような国はどうでしょうか。
 みなさんご存知だと思いますが、ドバイには超豪華なホテルがたくさんありますよね。あの中は禁酒ではなくて、お酒が飲める。一種のインチキなわけです。ではあれは「イスラム教の国か」と言われたら、う~ん......となるでしょう?

―― あれ、イスラム教って飲酒を禁止してたよね...? と思いました。

内藤あれは国がごまかしてやっている場合ですが、トルコのように、国民の大半がイスラム教徒でも国家が法律で「ウチは世俗の国だ」と決めている場合があるんです。憲法のなかに「トルコ共和国は世俗の国だ」と書いてある。そうやって決めてしまうと、「お酒を飲みたい人はどうぞ、飲みたくない人は飲まないで」ということになるんですね。
 こういう場合、もう完全に「イスラム教の国」ではない。なのに、「やっぱりトルコはイスラム教の国だから」という言い方をすることを、今まで普通にやっていたんですよ。「イスラム国」という名称を手掛かりに、私たちがイスラムを考えるとしたら、まず第一歩として「何をイスラムの国と呼べるのか」「どこが呼べないのか」、それを考えるところからスタートしてもいいと思います。


「深刻な病」を治すには

内藤冒頭で、イスラム国は今まで見たこともないような深刻な病だ、と言いましたね。病だから治さなければいけません。では病を治すときに、どういう方法をとるか。
 アメリカが取ろうとしているやり方は外科手術です。軍事力の行使によってこれを壊滅させる、というのは「悪いところはみんな取っちゃいましょう」という一種の外科的な療法ですよね。それでいけるかどうかというのは、母体となる人間が死んでしまったらどうしようもないのと同じです。外科医は自分の腕を過信して「あれでも取れる、これでも取れる」と言うかもしれませんが、この問題の場合、母体となっているのは世界です。世界をその戦争の渦に巻き込むつもりなのか、と。それではやっぱり、解決にならなりません。

 けれど病んでいることはたしかなんです。そこでその病んだ人たちをどうやって救うかと考えたとき、もっとソフトパワーの面、ヨーロッパからイスラム国に行ってしまう人が何でこんなにも出てしまうのか、と思いを巡らせてみる。もし母国の社会で何の不満も不安もなければ、行かないでしょう。

―― そうだと思います。

内藤いくら洗脳されたと言っても洗脳は最後のところで起こるのであって、ロンドンやパリにいて幸せなら、わざわざそんなところに行きはしないですよね。するとそこに、もう一つの問題が出てくる。ヨーロッパとイスラムの関係を考えたとき、今ヨーロッパに暮らしているイスラム教徒の人(南アジア、中東そしてアフリカからの移民)たちが心から満足して暮らしているかというと、どう考えてもそうではないんです。
 かと言って、それをすぐに貧困の問題と結びつけるのは短絡的だと思います。実態を知らない人は「貧困だ、格差だ」と言うけれど、理由は貧困だけじゃないんです。就職差別もありますから、勿論そういうものが不安の元としてある。ただそれ以上に、彼ら移民が、なぜ代替わりをすることによって、イスラム教徒としてだんだん根性が入っていったのか、というところです。フランス、ドイツ、イギリスにしても、ホスト側はそこに一番イラっとくるんですね。けれど、「じゃあ貴方たちは、移民一世の人たちをどう見てた?」というところに目を向けなければいけないんです。

 詳しく話すと本を一冊書いてしまえるくらいの長さになるので今日は割愛しますが(編集註:詳しくは『ヨーロッパとイスラーム』内藤正典(岩波新書)をあわせてご覧いただければと思います)、ヨーロッパの国々は、移民の人たちを使えるときは使って、邪魔になってくると「出ていけ」と言い続けました。散々そういった扱いをしておいて、「イスラム国」に行くのは間違いだと説けるかと言うと、無理があるのではないかと思います。それまでに移民の人たちが辿ってきた歴史を、よく見ないといけない。歴史を見ないで今という断片だけをとって、洗脳されるやつが悪い、洗脳するやつが悪いと言っていてもダメです。「イスラム国」は、突然そのメッセージを聞いたから踊りだす、なんていうカルト集団のようなものじゃないですよ。

―― 本当にそうですね。

内藤病を治そうと思うなら、その部分だけを取り出してもまったく意味がないということです。なぜ病を生み出したのかという全体像を掴んだうえで、一種の体力を上げ免疫力を強化するような治療法を取らないかぎり、手術だけでどうにかなるという問題ではけっしてないということです。

    

お便りはこちら

みんなのミシマガジンはサポーターの皆さんと運営しております。

内藤正典(ないとう・まさのり)

1956年東京都生まれ。東京大学教養学部教養学科科学史・科学哲学分科卒業。博士(社会学)。専門は多文化共生論、現代イスラム地域研究。一橋大学教授を経て、同志社大学大学院グローバル・スタディーズ研究科教授。著書に『イスラムの怒り』『イスラム—癒しの知恵』(集英社新書)、『ヨーロッパとイスラーム』(岩波新書)、編著に『イスラーム世界の挫折と再生』(明石書店)など。

バックナンバー