今月の特集1

 小豆島、淡路島につぐ、瀬戸内海三番目の大きな島。人口約1万8千人。
 本州からは1976年に大橋が通り、車で行き来できるように。宮本常一の故郷としても有名で、最近ではジャムズガーデンが大人気。・・・という入門的情報すら、昨年の春までまったく知りませんでした。
 ところが昨秋、ミシマ社初の雑誌『ちゃぶ台』で特集したテーマが「移住」。で、その舞台が周防大島でした。 
 偶然としかいいようのない出会いが重なり、すっかり「島」に魅了され、結果、雑誌まで創刊(そのあたりの詳細は『ちゃぶ台』をご覧いただければ嬉しいです)。
 そのなかで、「土を愛するあまり、土を食べる」という噂まで聞こえてくる農家さん・宮田さんとの出会いについてもレポートしています。
 
 「土本来の力で育てるという農業をしたいんです。」
 生きた土。その上に立つ宮田さんの笑顔がいきいきとするのも、実に自然という以外にない。素人である私にも、その土地の美しさは、一目でわかった。(『ちゃぶ台』p102-103)

 そのとき持ち帰ったネギの美味しさは、いまも忘れられません。素朴な味のなかに、何層にもわたる滋味が嚙むたび溢れ出てくるのです。手間暇を惜しまない、農家さんの愛情というほかない豊かな味。「命をいただいている」。身体の内側から、自然とそんな声が響いてきたのでした。

 ひょんなことから、今年度のミシマガ・ゴールドサポーターの方々に、年に一度、この宮田さんのお野菜をお届けできることになりました(その経緯は、双方の勘違いから始まったのですが、実に滑稽で愉快な話です。いつかそのこともご報告したいですが今は先に進みます)。
 今回、そんな愛してやまない宮田さんの野菜が生まれる農地へと赴きました。昨年、私が訪れた農地とは違う畑を見せていただきながら、「伝説の農家さん」(と私たちが一方的に呼ぶ)宮田さんにゆっくりお話をうかがってきました。第2回目をお送りします。

(取材・文:三島邦弘)

周防大島に「宮田さん」を訪ねる。(2)

2016.05.31更新


手間暇かけた分を載せて値段をつけるのは、無理だと思います。

――うかがっていて、思ったのですが、野菜のお値段ってどうつけるのかなって。たとえば、実際に手間暇かけた分を載せていく形で値段をつけるのっていうのは......

宮田無理だと思います。
 自分の労力を、労働力をすべて値段に換算したら、ネギ1本が500円とか(笑)。

――そ、そうですよね。

宮田有機農業を志しても辞めちゃう人が多いっていうのは、もうこれくらいの値段にしかならんのやったら、というのもあるでしょうね。

――そっかぁ。

宮田だから、市場原理とこの生産原理って......なんか難しいですね。



休みの日も、次の作業のことで頭がいっぱいです

――今、宮田さんの1日ってどんな感じで動いてらっしゃるんですか。

宮田えーとですね。だいたい6時過ぎぐらいから水やりして、最近はもうずっとここに付きっ切りやったんで、車で20分かけてここに来て、えーっと、弁当を持ってくるときもあるし、家に帰って、で、必ず12時から2時までは休みます。はい。そこから後は、もう暗くなるまでですね。だいたい今は7時過ぎくらいですかね。

――それはハードですね。

宮田いや、でも、去年はほんと休み取らなかったんですけど、やっぱちょっと体にきてしまって。

――そうだったんですか......。

宮田普通お盆過ぎにはだんだん涼しくなって体が楽になるはずが楽にならないんですよ。で、医者行ってみても、「こんな綺麗な臓器とか血管、頭の血管見たことありません」と(笑)。数値もめちゃくちゃいいですねと言われて。でも、夏バテなんですかねー、心労かもしれませんね(笑)。
 で、週1回休むようにしました。

――休みの日はどうされてますか。

宮田あの、休みの日は、もうゆっくりです。家でゆっくり。でも気持ちはすごく、次の農作業のことでいっぱいです(笑)。

――つい(笑)。そらそうですよね。

宮田私が夏バテしてたのを家内も見てるので、「休まないと、いけんよ!」って。甘えてちょっと休むようにはしたんですけど。
 休憩とかもキチッキチッと取った方がいいということだったので、なるべく午前中に1回、午後から1回という風には30分くらいは休みを取るようにはしてます。なかなか難しいときもあるんですけどね。そのとき、ミシマガジンを読ませてもらったり。

――嬉しいです!


いろんな日本各地のそこの味が出てくると、おもしろいと思うんです

――そんな宮田さんの野菜はどこで買える、というか手に入るわけですか。

宮田今は主には山口県内の流通販売業者に出荷していて県内のスーパーで売られています。流通販売業者以外だと「島のむらマルシェ」、「ジャムズガーデン」それと「道の駅」とかですね。

――最後の値付けは小売りがするわけですか。

宮田スーパー以外は自分の希望する値段がつけられるけれど、スーパーでは決められません。自分の価格と合わない場合でも「じゃあ取引しません」と言えないんです。野菜の場合は、それをしていったら、(出荷時期が短いので)間に合わない。旬が過ぎてしまう。
 結局、ものや時期によっては、時給に換算すると100円200円になってしまって(笑)。私にかぎらず、最初はみなさんすごい苦労されちょってですね。自分の希望する、自分のやってることと市場の値段のギャップにですね。
 流通販売のほうもいろいろ頑張っちょるのですが、これは「経済原理と農業の生産原理との軋み」で今はしょうがないと思うんですが、なんとかなればと、もがいています。

――でも基本は小売りの方の買い取りではあるわけですよね。

宮田いや、全量買い上げのところもあるし、売れた分だけっていうところも。

――売れた分だけってきついですねえ。

宮田手塩にかけた野菜が、自分で価格を決めることができないで、その上、売れ残った場合はやっぱり辛いです。ええ。しかし、流通販売業者の方も頑張っちょってし、うちのほうももっと努力していこうと思います。
 たとえば、うちの畑の様子や野菜の出来る過程を発信したり、畑に実際に来てもらうとか、マルシェなどで試食してもらうとか、その他にも、周防大島自体がこんな豊かな風土だということとかも含めて、ちゃんと伝えていくとか。私たちも頑張っていこうと思います。

 そうして、いろんな日本各地のそこの味が出てくると良いというか、おもしろいと思うんですよね。山には山の味があるやろうし、(ここのように)海風がしょっちゅう来る畑もある。海風に乗って塩分は運ばれ、ミネラルが来る畑っちゅうんでしょうか。一番いいのはやっぱり身土不二っちゅうことで自分が生きているところのものを、自分が寒いときは寒いって野菜も感じてる。自分が暑いときは暑いって野菜も感じているもの、それを食べるのが一番体に優しいと思います。体に一番力をくれる。それが基本と思うのですが、それをその地域の味として売っていければ。同じキュウリひとつにとっても、いろいろな産地の気候風土の特色の味がするとかおもしろいと思います。とにかくこの島で生活できるだけの売れるものがあればいいなあと。そういう方法があればいいなぁと思いますね。

――本当にそうですね。

宮田先日、『ちゃぶ台』を読んだという、高校生たちが来て。
その子が、「僕たちのゼミでは、農業と市場経済のこととかを今研究したり、討議してる」と言うので。それで私は、「ぜひ良い案があったら教えてください」って深々と頭下げました。藁をも掴むこの気持ち(笑)。

――案外、そういうところから新しいものが生まれるかもしれないですね!

宮田いろんな方の意見で、こう、ポンと前に進んでいくのかなと思いますね。



  

お便りはこちら

みんなのミシマガジンはサポーターの皆さんと運営しております。

宮田正樹

周防大島で「野の畑 みやた農園」を営み、無農薬・無化学肥料で野菜を育てている。
●ホームページはこちら

バックナンバー