今月の特集1

 昨年12月に発売となった『等身の棋士』
 おかげさまで、発売数日で即重版がかかり、北野さんの前著であるシリーズ『コーヒーと一冊』『透明の棋士』の読者の方々からは「待っていました!」という嬉しい声もいただいています。

 前著『透明の棋士』の主人公の一人が中村太地王座です。作中では、2013年の第61期王座戦五番勝負で激闘の末に羽生善治王座(当時)に惜敗した印象深いシーンが描かれました。

 そして『等身の棋士』の執筆も佳境にさしかかった昨年9~10月、第65期王座戦五番勝負で再び中村六段vs羽生王座の闘いが実現します。その死闘を終えた直後の中村新王座へのドキュメントインタビューが収録されたことで、本書は完成に至ったと言っても過言ではありません。

 そんな中村王座と著者である北野さんが昨年末、八重洲ブックセンターで対談を行いました。年の暮れにもかかわらず、100名を超えるお客さまたちの熱気の中で、棋士として生きるということ、昨今の将棋界における変化、藤井聡太四段や加藤一二三九段、羽生善治竜王のこと、将棋を書くということ、などなど、おおいに語らっていただきました。3日間にわたってお届けします。

(構成:星野友里、構成補助:中谷利明)

中村太地王座×北野新太 棋士として生きるということ(1)

2018.01.28更新

後世の人が読むであろうものを書く、という責任

北野報知新聞の北野と申します。本の名前だけでも覚えて帰って下さい。ちなみに体重は中村王座の1.5倍くらいはおそらくあるかと思います・・・ハイ。

中村(笑)。初めて北野さんとお会いした時、将棋会館にはあまりいなさそうなお顔と背の高さで(笑)、「ぜったいスポーツマンだろうなぁ」と思っていたら本当にスポーツマンで。

北野いえいえいえいえ(笑)。で、今回の『等身の棋士』なのですが、ホントの話、先生に王座になっていただいたことによって成立した本という感じですので、ありがたい限りなんですよ。

中村書いていただいてありがたく思っています。将棋の世界では、どんどん現実が進んでいくんですけど、進んでいることも記者の方に書いていただかないと色味を帯びないというか、他の人に伝わらないというのがあるんです。そんな中でも、北野さんは生きた物語を伝えてくださる方だと思っていますけど、その伝える能力はどう育まれたんですか?

北野伝える能力どうの、という以前に、本当に信じられないようなドラマを目の当たりにしているので、ただそれを伝えればいいと思っているんです。『透明の棋士』に収録されている、4年前の郷田(真隆九段)先生との挑戦者決定戦から今回の王座奪取に至るまでの物語は、ちょっとした敏腕の脚本家でも書けないようなすごい物語だなぁと思いますよ。それをそのまましたためたのみ、という感じでして。ただ、将棋を書くようになった最初の頃は「いや~楽しいな~素晴らしい世界だ~」とサラサラ〜と思いのままに書いていたところはあるんですけど、最近はもう血を吐くようにして書いているという感じはありますね。日中は新聞記者としての業務があるので、深夜寝ないで一生懸命書いてます、ハイ。

中村絞り出している感じなんですね。

北野中村さんが王座を奪取して「おお!おっしゃあ書くぜ!」と思いつつ「『将棋世界』の締め切りは6日後だ!」とか思うと「ひゃ〜!仕事があるのにどーやって間に合わせるんだ!?」と焦りますよ。でも、将棋は専門的な媒体が少ないので、書いたものは後世の人が「中村太地九段が初タイトルを奪取した時ってどうだったのかな?」って思った時に読む公的文書みたいな性格も帯びる部分がありますので「これは責任重大だな」と思いますし、メチャクチャ気合入るんです。いや、あの展開のドラマが目の前で展開されて、気合の入らない書き手はいないですよ(笑)。

記者にとっての「次の一手」

北野あらためてなんですけど、王座を奪取された瞬間の思いというのはどのようなものだったんでしょうか。中村さんは熱い方でありながらクールな方でもあるから、奪取した時に涙を見せる、といったようなことは正直僕はあんまり想像してなかったのですが...。

中村対局が終わった直後はいつも通りの感じだったんですけど、終わった後に記者の方に囲んで質問していただいた時に、明らかに泣かせにこられたと言いますか...(笑)。

北野(爆笑)。そうですかねぇ(笑)?

中村「4年前がありましたけど・・・」と(笑)。でも北野さんは、なんというか、考えた質問をしてくださいますよね。その取材の時も、僕は10歳の時に羽生先生に一度、指導対局をしていただいているんですけど「その時の自分に声を掛けるとしたらなんて声を掛けますか?」と。なかなか思いつかない質問だなぁと思って。そこは気持ちを込めて取材をしていただいているな、という感じがいつもしています。

北野それは・・・おおいに気持ちを込めました(笑)。でも、棋士が次の一手を選択するように、記者も何かを尋ねるということは勝負なんですよね。そこでどういう談話を引き出せるのかというのは、すごく生意気な表現でいうと、もう勝つか負けるかの勝負みたいなところがあるんです。
僕がプロ野球担当の時に学んだことなんですけど。試合が終わって、その日のヒーローがバスに向かって歩いていく。よくテレビに映っているシーンですよね。その時に自分が何を尋ねてどういう言葉が返ってくるかで、もうその日の記事は当然決まりますし、ファンが共有するものも、すべてそこで決まるんですよね。
だからやっぱり、そこは勝負しないとアカンなという思いはけっこうあります。しかも、劇的な瞬間というのは二度とやってこないので、そこで何を聞けるかというのは、すごく大事だと思ってます。

質問界の序盤・中盤・終盤

中村質問する時に「こういう答えが返ってくるだろうな」というふうに思ったりもするんですか?

北野「こういう答えを返してくれたらうれしいな」「これを聞いたら、いったい何て答えてくれるだろうか」とかはありますね。あとは「これを聞いたら、いずれにしろ何がしかは返さなくてはならないと思うんじゃないかな」という時もありますね。
先日、羽生先生が永世七冠を達成された翌朝の一夜明け記者会見で、まず「一夜明けてどうですか?」と主催の読売新聞さんの記者の方が聞いて「あぁ、終わったんだなぁと思いました」というお話をされたんですね。でも「終わったんだなぁ」だけじゃないだろう、と思うじゃないですか。
それで「今まで98期のタイトルを獲って、99回目のタイトルには今までの98回とは異なる思いがあるのではないでしょうか?」と聞いたら「夢なんじゃないかと思いました」と羽生先生が仰るんですよ。

中村あの羽生先生が、ですもんね。

北野まるで初タイトルを得た方のように仰ったところに、率直な思いがあふれているように思えたんです。そこはやっぱり、新聞各社の見出しになったりもしていました。本当は発せられるべき言葉を引き出すというのは僕らの責任でもあるんです。だいぶ生意気な言い方なんですけど。

中村北野さんって、まず他の記者の方々が質問して、最後の方に手を上げて、タイミングを見極めてバサッと切り込む、みたいなところがありますよね。

北野そんなところまでチェックしていだたき、ありがとうございます(笑)。たしかに、将棋界でいう序盤・中盤・終盤みたいなのが実は質問界にもあるんですよ。

中村へぇ〜(笑)!

北野ちょっと柔らかい質問は2問目には早かろう、みたいなのはけっこうあるんです。「このへんは朝日の村瀬さんが聞いてくれるだろうな。ふむふむ、そう来たか」とか(笑)。「そう来たら、このへんかな」というのはけっこう考えますね。
 我々記者は作家ではないので、基本的には自分から発せられるもので何かを構築するものではないんですよ。いい談話に勝る一文というのは、ほぼないです。だから、どういう話を取材対象から聞けるかというところがいちばん大事なので、そこをなんとか獲得してやろう! という野心はやっぱりありますね。会見であれば必ず他の誰かは聞いてくれますけど、機会を放棄したくないという気持ちはあります。巨人担当の時、質問を他の記者に任せている姿をたまーに見つかると、キャップに怒られました。「お前が全部リードしろ。人に取材してもらって書くなんて誰でも出来るんだ」と。あの当時の記憶がどこかに残っているのかもしれません。


「全国の将棋好き書店員がおすすめする 読む将フェア」を全国各地で開催中!

スタンダードブックストア心斎橋(フェア期間〜1月末まで)
丸善仙台アエル店(2月末まで開催予定)
ジュンク堂書店仙台TR店(2月末まで開催予定)
HMV&BOOKS SHIBUYA(開催中。終了日未定)
紀伊國屋書店 横浜店(2月1日〜開催予定)


   

お便りはこちら

みんなのミシマガジンはサポーターの皆さんと運営しております。

バックナンバー