今月の特集2

 ミシマ社では、一時期(というか今もですが)インドが大ブームでした。ことのきっかけは、「みんなのミシマガジン」でも「たもんのインドだもん」を連載していただいている、デザイナーの矢萩多聞さん。多聞さんは中学のときに日本の学校へ行くのをやめ、インドに渡り、それ以降ずっと日本とインドを往復する生活を送っています。
 そんな多聞さんに「ここ30年間で一番いい」と教えていただいたインド映画『きっと、うまくいく』。これがあまりにも良すぎて、もっとインドのことを知りたい! と、一同興味津々に。「インドいいなあ〜〜」と思っていた矢先、ふと気がつくと、街を歩いているとよくインド人っぽい方々にお会いすることに気がつきました。

 ・・・あれ? 日本に住んでるインド人の方って、もしかして、かなり多いのでは?

 それもそのはず。いま、日本には2万人以上ものインド人の方が住まれているそう。アメリカのIT企業の3分の1はインド人だし、というか世界の人口の2割弱はインド人・・・
 そう考えると、もしかしたら、となりの家に引っ越してきた人はインド人かもしれない。学校の同級生は、インド人かもしれない。会社の上司はインド人かもしれない。いつか、そんな日がほんとうにやってくるかもしれない。
 けれどもわたしたちは、インド=カレーといったような曖昧な、ぼや〜っとした理解しかありません。もっとインドのことを知って、インド人と仲良くなろう!

 ということで、東京・京都とそれぞれ、日本にお住まいのインド人の方にお会いしてきました。

 東京や大阪に比べ、意外とインド人が少ない京都。観光客のインド人は多いですが、長く暮らしている人は少ないようです。
 そんななか、多聞さんがご友人の紹介で奇跡的に出会ったのが、今回お話しを伺ったシャラン・アイヤッパさんです。南インド・カルナータカ州マディケリ出身の30代。山深い高原の町から、日本の古都・京都にやって来て7年。彼はどんな風に日本で暮らしてきたのでしょうか。
 「となりのインド人 京都編」のはじまりです!

(聞き手:新谷友里、新居未希、矢萩多聞 構成:渡辺久也、新居未希)

となりのインド人 第2回

2013.09.20更新

となりのインド人

日本と言えば、『おしん』!?

――いまは京都に住んでいるのですか?

シャランはい。京都にある、ソフトウェアを作る会社で働いています。インド人は私だけです。7年半くらいの間、ずっと京都に住んでいます。

――日本に住んで一番驚いたことと、困ったことは?

シャラン最初に驚いたのは、成田空港でタクシーに乗ったとき、ドアが自動でオープンしたことですね。これは本当にびっくりしました! うえぇーって(笑)。海外では、自分で開けるんですよ。ドライバーが開けに来たらありがたいけど、誰も来ない。どうぞとは言いますけど。

――ほお〜。

シャランあと、着物、誰も着てないんですね。

――やっぱり、日本=着物、というイメージがあるのですか?

シャラン昔は、そういうイメージを持っていました。なぜ着物を知ったかというと、昔インドで、ある番組があったんですよ。『おしん』という。

一同おしん!?

シャラン15年くらい前だと思います。私はまだ子どもでしたが、お父さんとお母さんがずっと見てました。インドでは「おしん」がすごく有名なんですよ。それで、日本=着物だとずっと思っていました。でも京都に来たら誰も着物を着ていなかった。
 それと、サムライもいないよね? 忍者も・・・。(笑)

となりのインド人


言葉のとおりに受けとってはいけない

――日本で暮らしてみて、文化的なギャップはありましたか?

シャラン最初はすごくさみしかったです。言葉も全然できなかった。インドで勉強したものと、実際に使うものが違うんです。たとえば、「彼女」の意味はガールフレンド、「彼」はボーイフレンドだと教わった。でもこっちにきたらみんながお互いを「彼」、「彼女」と呼んでる。わーお!

一同(笑)

シャランある日、社長が言ったんです。「彼女が・・・」って、会社の女の人に。
「彼女!?」「はい、彼女が」「ガールフレンド!?」「違う違う!!」ってなりました。
あと京都弁と標準語はちょっと違いますね。「おおきに」とかまったく知らなかった。

――「あかん」とかも?

シャラン「あかん」とか! 慣れるまでとても大変でした。
私はヒンディー語と英語を話せるのですが、日本語の単語はすぐに出てきませんでした。時間をかけたら分かるけどね。でも誰もそこまで待ってくれない。文化のギャップもありました。

――たとえば、どんなことですか?

シャランインド人は好き嫌いをはっきり言うんですよ。いま飲んでいるジュースが美味しくなかったら、このジュース美味しくない、水が多いねって。でも日本ではそれを言わないでしょ。日本人はもっと礼儀正しく、相手が傷つかないように言う。いいですね、と言っても、本当の気持ちはわからない。
いいと思ってやってしまって、あとで怒られることがよくありました(笑)。こないだは「いい」っていってたのに・・・って思いましたね。
 日本にくる前、そういった文化については勉強しないので混乱しました。これは何年か住まないとわかりませんね。

――日本人にもたまにはっきりものを言う人がいますけれど、そもそも日本語って、そのものズバリを言わない言語なのかもしれません。

シャランそう。「また会いましょう」という人は多いけど、本当には会わない。みんなまた今度とか言いますけど・・・。
 インドでは挨拶みたいに「家に来てください」って言うけれど、日本人は本当に来てほしいときだけ言います。そしてインドでは、「行きます」と言うと、「じゃあいつにしようか」って、そのとき具体的に決めてしまうんですね。「じゃあ来月どうですか」とか。
 あと、日本では隣に誰が住んでいるかわからないですね。それがインドとはまったく違う。インドでは隣の家が自分の家の地続きみたいな感覚もあるんです。
なにか問題があったら、まず隣の人に相談をしたりします。週末、テレビをいっしょに見たり、料理を作って食べたり。日本ではアパートとかマンションの隣人とは、ほとんど関わらないじゃないですか。

――まったく知らない場合もありますね。

シャランインドでは、生活のなかで何かしら隣人が関わってくるんです。砂糖がないときは、砂糖ある? とか言ってもらいにいく。プロパンガスが切れたから、借りてもいい? とか。
 インドは、プロパンガスの供給がかなりコントロールされているので、契約しているガス会社によって、一か月何個までしか買えない、と決まっているんですよ。自由にストックできない。それもあってガスの貸し借りがご近所で同士であったりする。

――それこそ「おしん」とかの、ちょっと昔の日本では「醤油貸して」とかあった思うけれど、最近では・・・。

シャラン「砂糖切らしちゃって」って言っても、「スーパーで売ってるよ」と言われるだけ(笑)。
インドだったら、アパートの住人にあったときには、「やあ!」「良い天気ですね」といろいろ話をします。15分ぐらい話すのはふつうです。日本では「こんにちは」だけ。
 あるとき、自分で作ったカレーをお隣さんにおすそ分けして、友だちになろうとしたことがありました。「これどうぞ食べてください」「ありがとうございます」って食べてもらって。翌日容器を返してもらうときには、お礼の品をもらいました。でも、次に会ったら、やっぱり「こんにちは」だけ。

――それは残念ですよね。

シャラン友だちに聞いてみたら、いまの若い人は近所づきあいをしないと教えてくれた。私もここの文化に慣れないといけないですね。

――話が変わるんですけど、インドでも仕事が終わった後に「今日一杯飲みに行くか~!」ってなるんでしょうか?

シャランあります。毎日!(笑)。同僚と行くか、友だちと行くかはそれぞれですけどね。
 会社の人とは、プロジェクトの区切りがついたらみんなで飲みに行きます。日本でいう打ち上げだね。
 上司という立場は会社のなかだけのものなんです。一歩会社を出たら、友だちになるか、まったく話さないか、どっちかです。

――はっきりしていますね(笑)

シャラン日本は上の人を立てて、年配の人はあまり仕事をしなくてもいい。彼らが若いときにがんばったからこそ、いまの会社がある。だからいまはあまり仕事しなくていい。そういうシステムですね。
 インドだったら、仕事をしなかったら辞めさせられます。日本は会社のなかに家族があるみたい。
 インドで上司はリスペクト・アンド・フィアー。ボスがいい人だったら敬意をはらうけど、基本的には怖い。友だちになることは少ないですね。私の昔の上司はとても親しみが持て、家族みたいな人でしたが。


オツリは信用するな!?

シャランでも、やっぱり日本は住みやすい国だと思います。

――どういうところが?

となりのインド人

シャランまずはコンビニ。これは便利。夜に買い物行こうと思ったときに開いている。薬とか牛乳とか買える。あとお酒も。〈笑〉
 インドでは、いまでこそオンラインやカードで電気代を支払いできるようになったけど、基本的には電力会社やガス会社の支店までわざわざ支払いに行かなければいけない。日本だったらコンビニで済むよね。
電車でどこにでも行けるし、タクシーも便利。遠回りしてだますこともない。料金の交渉もいらない。

――商品を買うときはよく値切り交渉するんですか?

シャランしますね。八百屋でもトマト8ルピーは高いよ、7ルピーにしてよ、とか言って交渉する。いつも来てるんだから安くしてよ、とかね。
 日本で買い物するときは、みんなおつりさえチェックしませんね!

――インドでは?

シャランおつりは絶対チェックしてください!!(笑)。
 それと最近知ったんですけど、スーパーで作ったものってその日のうちに売らないといけないんですね。売れなかったらゴミになっちゃう。一応インドにもパンや牛乳には賞味期限がついてはいるけど・・・。それは買うお客さん側が判断しなければいけないんです。

――日本ではもし何か問題があれば、お客さんがお店や会社に怒るわけですよね。おつりが間違っていたらクレームを言うし、賞味期限切れた商品を置いていたら、お店の管理が悪いということになる。
 もしインドでダメなものを買ってしまったときに、売ってたお店にクレームを言うのは筋が違うわけですか?

シャランもちろんクレームは言いますが、買うときにちゃんと気をつけないからだ、とも言われますね。

――よく日本人は海外でだまされる、といいますよね。実はだまされているわけじゃなくて、買う人がちゃんと確認していない場合も多い。リスクを考えずに買い物してしまう。日本でそれに慣れてるから仕方ないのだけど・・・。


日本人に、気をつけてほしいこと

――これから、日本のことを全然知らずに来たインド人の方と一緒に仕事することもあると思うんです。これはやっちゃいけないとか、注意することってありますか?

シャランできるだけ優しく・・・。

一同(笑)

シャランあとは、はっきり言うことですね。はっきり言ってもインド人は気を悪くしませんから。会いたいなら会いたい、会いたくないなら会いたくない、とはっきり言ってほしい。それでオーケーです! ストレートな言葉が一番いいです。
 今度ご飯食べに行きましょうと言われたとき、行く気がないなら、「嫌です」と答えてください。「いまは忙しい」とかでもいいから(笑)

――もしインド人同士なら、断るときになんて言うんですか?

シャランLet's see.と言いますね。「様子を見てみましょう」って意味。五分五分。考えておきましょう、みたいなニュアンスだね。
 あとインド人の習慣みたいなものですが、たとえばこうして3人で集まって話したとき、帰り際にこれからもメールしましょうね、って言って、連絡先をみんなで交換するんです。交換したら、あとでメールをちゃんとします。日本人はあんまりしないと思う。

――う~ん、たしかに。日本人は必ず名刺をわたしますが・・・。

シャラン名刺をくれても、メールアドレスにメールをすると返事がない。なぜ名刺をくれたのかわからないんです。

――日本人は名刺を渡すのが挨拶代わりなんですよね。

シャラン日本人はまず最初に名刺に渡しますが、インドでは話してみて、仲良くなったときだけ名刺を渡すんです。メールも電話もオッケーの関係になれる。名刺を交換すれば、別の場所でその人と知り合いなんだよ、と言っていいと思います。

――インドにもいろんな人がいると思うけど、シャランさんはじめ、インドの人ってコミュニケーション能力が高いな~と思いました! 日本人は何かギャップがあるときに、わかんないや! ってなっちゃうけど、インドの人はワンステップ前に出て、ハロ~って、こっち側にやってきてくれる気がします。

シャランゆっくり、ゆっくりね。壁って一回では壊せないよね。だから、ゆっくりゆっくり。何回も、毎日一回ずつでもノックする。そうすれば、いつかわかり合えるはずです。


インタビューを終えてひとこと

 インドじゃ隣の家は自分の家同然、これにはほんとに驚きました。こういう感覚の方たちにとって、日本の社会で働いて生きてくって、なんだかすこしさみしいんじゃないか...? とも思ったのですが、(『おしん』とも違うし!!) 日本大好き! って言われると、日本人として嬉しいですね。となりのインド人が、いつ来てもお砂糖貸してあげられる準備をしなくっちゃ! (新谷友里)


 10月にはまた、インドでも話題の映画が日本でも公開されたり、どんどん日本とインドの距離は近くなっていっているのかも・・・? 実際に、ほんとうにとなりにインド人が! という日はそう遠くないかもしれません。
 シャランさん、ほんとうにありがとうございました!!

お便りはこちら

みんなのミシマガジンはサポーターの皆さんと運営しております。

バックナンバー