今月の特集2

 8月の夏真っ盛り、ミシマガでは特集2に「冷えトリ! 快適に過ごす 冷えのとりかた」を掲載。

『タカラヅカが好きすぎて。』細川貂々(幻冬舎)

 クーラーでガンガンに冷えていたり、外は暑くて中は寒いという「しんどさ」をどう乗りきれば? という悩みを、『超訳 古事記』(ミシマ社)の著者である鎌田東二先生に直撃! 思わずうんうん唸ってしまう、素敵なお話をたくさん伺いました。

 さて、いよいよ9月に入り、外もうっすら肌寒くなってきました。これからが本当の「冷え」との闘い...!
 とは言っても、さて、どうすれば?
 ちょうど読んでいたコミックエッセイ『タカラヅカが好きすぎて。』に「冷えとトイレ問題」が描かれているのを見て、「ふふふ、わかるわ〜」と思っていた編集部・アライ。
 ...ん? これってもしかして、ちょうど知りたかったことではないですか!
 
 ということで、著者の細川貂々さんにお話をうかがってきました!

(構成:新居未希、写真:山本ひかる)

冷えトリ!〜快適に過ごす 冷えのとりかた

2014.09.17更新

前半はこちら

体重計は毎日乗るべし!

ーー とりあえず冷えをとるためにも、まず痩せようと思いました。

細川ええ、今くらいがいいんじゃない? 体重が重い?

ーー うーん......そもそも、体重計にあんまり乗っていないかもしれないです。

細川あら、それはだめですね。毎日乗ったほうがいいですよ〜。本当は朝と夜に乗るのがいいんですけど、まあはじめはどっちかだけでも。とにかく体重計には乗ったほうがいい!
 まず、朝起きて体重を計ります。そして、夜に計ったらいくつか増えてるじゃないですか。それがその日の摂取した分で、次の日の朝に計ると、また減っていますよね? それが、代謝した分。

ーー あ、そうか、なるほど!

細川代謝がいいと減っているけど、悪いと0.2gとかしか減ってないんですよね。体重計に乗っていると、自分の体調の変化がなんとな〜くわかりますよ。あと、できたら体温も計るといいかもしれないです。自分の平熱が何度くらいか、だいたい知ってますか?

ーー ええっと......全然知らないです。

細川これはね、体温がだいたい35度台だと、代謝がよくないんです。

ーー やっぱり身体が温まっているほうが、燃やしてくれる。

細川36度台だとあんまり病気もしないとか、代謝もいいらしいですよ。わたしは今わりと35度台が多いので、36度台を目指してます!


わかんないくらい、ちょっとず〜つ

ーー 具体的に、何かされてらっしゃるんでしょうか?

細川やっぱり、運動と筋トレですね。歳をとると、ほっといたら勝手に筋肉は落ちてしまうから、まず筋肉を増やすことが大切。あと、姿勢が悪くなっていくのは、筋肉が落ちているからなんですよ。

ーー なるほど! はあ、運動かあ......ついつい何かを言い訳にして、「運動しなくてもいっか」とか思ってしまいがちなんです...。

細川そうそう、わかります(笑)。でもたとえばそうやって、「毎朝体重を計る!」「体温を計る!」と決めてやっていると、「今日は体重が増えたな」「減ったな」ということの理由がわかったりするんですよ。増えていると、「昨日のあれが悪かったんだな」とか「あれやめようかな」というふうになりますよね。減っていると、「運動したからかな」とわかってくる。

ーー たしかに、なんとなくでやっていたら一生変わらないですよね。ただ体重計に乗っているだけでも、自分の生活の中に振り返りができていたら、痩せられるかもしれない......!

細川それでも減らなかったりもしますけど、でも何かやっていれば必ず減ります! とにかくまず、3日続けたら変わりますよ。

ーー み、3日ですか。

細川何でも3日ですね。ちなみにわたしは12kg痩せるのに、だいたい1年半くらいの年月をかけました。ちょっとずつ減らしていかないと、一気に痩せるとリバウンドしてしまうんです。ツレに「長時間かけて増えたんだから、同じ日数かけて減らさないとだめだよ」と言われて。
 やっぱり、すぐ効果がでるというのは毒っぽいというか、あんまりよくないんですよ。ちょっとずつがいいんです、わかんないくらいちょっとず〜つ。

ーー よし、今日から3日間体重計に乗ります。とりあえず、帰って乗るところから(笑)。


リンパ流して、お菓子厳禁!

細川あと、冷えの予防にも痩せるためにも、お風呂にしっかり入ることも重要ですよね。季節柄関係なく! ちゃんと入浴剤とかいれてね。やっぱり冷えるとむくんでしまうので、温まって血行をよくしないとだめです。

ーー 一人暮らしをしていると、ついついお風呂を沸かすことが億劫になりがちになってしまって......いけないですね。

細川お風呂に入りながら、リンパを流したりするのもおすすめですよ。膝の裏に、リンパを散らすところがあるんですね。足首からひざ裏までぐぐっと持ってきて、1回押さえます。そして足の付け根のところにまたリンパを流すところがあるので、そこを押す。あとは鎖骨のくぼみがガチガチだと、リンパが滞っている証拠です。

ーー ええ!

細川でも、指が入れば大丈夫です。本当に入らないと、押さえるだけでガチガチでわかりますよ。

ーー へえ~。今までリンパを意識したことなかったです。

細川流すだけで、けっこう疲れがとれるのでおすすめです。あと本当に痩せたかったら、やっぱりおやつをやめること。私もおやつがすきだったので、がんばってやめました...。

ーー う、おやつ......。

細川やっぱり、痩せたかったらね!

◎冷えをとるために痩せ、リンパも流し、筋トレもする......すべては、タカラヅカ観劇のため!
 そんな明るくてチャーミングな細川貂々さんのお話をうかがっていると、心の底からすきなものがあれば、そのためには冷えだって脂肪だって何だってとれるのだと思いました。
 大好きなものを見つけるのが、冷えをとるための第一歩なのかも!?

お便りはこちら

みんなのミシマガジンはサポーターの皆さんと運営しております。

細川貂々(ほそかわ・てんてん)

1969年生まれ。漫画家・イラストレーター。著書に『ツレがうつになりまして。』『ツレはパパ1年生』『どーすんの? 私』『タカラヅカが好きすぎて。』など多数。

バックナンバー