今月の特集2

左)『ボクは坊さん。』/右)『坊さん、父になる。』白川密成(ミシマ社)

 

 それは5年前、2010年1月――。
 お坊さんがバットをもった、印象的なイラストがカバーを飾った一冊『ボクは坊さん。』が、白川密成さんの初の著書として産声をあげました。

 24歳で突然住職になったドタバタの毎日、等身大の言葉で語られる大師の言葉、ポップソングみたいな坊さん生活は、大きな話題を呼び、版を重ねることに・・・。そして発刊からそれほど経たずに、「ぜひ映画化を」とお声がけくださったのが、あの『ALWAYS三丁目の夕日』や『海猿』等々、たくさんのヒット映画を手がけてこられた映画プロデューサーである安藤さんだったのでした。

 しかしそこから3年が経ち、4年が経ち、やはり難しいのかもしれない・・・と誰もが思い始めた頃・・・、ついに、高野山開創1200年を迎えるという節目の年、2015年秋に、公開されることが決まったのでした。

 ミシマ社一同、一足お先に試写会を観させていただいたのですが、身内びいきではなく、とってもとっても素敵な映画です。今回は、公開に先立って行われた、白川密成さんと安藤プロデューサーの対談(司会:ミシマ)をお届けします。

 なお、この映画の原作は『ボクは坊さん。』なのですが、内容としては、今月発売となった『坊さん、父になる。』で綴られていることも半分くらい入っています。ぜひ合わせてお読みいただけたらと思います。

(構成:星野友里、構成補助:佐久間楓、写真:池畑索季)

『ボクは坊さん。』映画化記念対談 白川密成さん×安藤親広さん(1)

2015.09.14更新


本当の栄福寺!?

安藤『ボクは坊さん。』に出会ったのは5年前で、知り合いからこの本を紹介されました。まだ読む前から、寄藤文平さんが描かれたカバーのイラストを見て、これは映画になるんじゃないかと直感で感じました。実際読んでみたら、面白くて。もちろん物語ではないので、これをどう紡いだら面白い映画になるのかなと考えていました。

 最初三島さんに映画化の許可をいただいて、そのあと密成さんの栄福寺に行きました。そこでみた栄福寺の風景が、非常に映像的で、素晴らしくて。だいたいお遍路のお寺って、派手だったり、大きかったりするんですよ。でも竹林に囲まれた栄福寺の風景は、ものすごく映像になるなと思いました。

 山頂で佇むシーンの場所は今は神社ですが、以前はあそこに栄福寺があったんですよね。

ミッセイそうなんです。江戸時代までは神社の別当寺としてあそこにありました。明治の神仏分離で今の場所(山の中腹)になりました。

安藤撮影の時にあそこの神社の人に会って話したら、ここは隠れ57番の栄福寺なんだと自慢されました。

※編集註:栄福寺は、お遍路の四国八十八ヶ所霊場の、第五十七番札所となっている。

ミッセイははは・・・、神主さんではなく地元の人かな?「栄福寺は明治からの新しいお寺の札所」と大御所の書かれた本などにも堂々と書かれているものもありますが、栄福寺にある江戸中期の納経帳にも、「石清水八幡宮 別当 栄福寺」と鮮明に書かれてあって、栄福寺が昔から札所として機能していたのは、客観的にみても間違いないのですが。昔は、神仏習合が多く今に比べて神仏がとても近しい関係でした。
 栄福寺に安置する仏像も平安時代のものが多いことが近年の調査でわかり、「書かれたもの」って恐いな、と思いました。僕も気をつけなきゃ(笑)

安藤こっちが本当なんだと言われました。その府頭山の風景も映像的で、なんとか映像に表せないかと思っていました。

ミッセイ映画のポスターもそのシーンですよね。じつはあそこで空海が拝んでいる時に、阿弥陀如来が出てきたというのがうちの寺のはじまりなんです。


演仏堂あらわる

安藤演仏堂にあげさせてもらった時に、街が一望できるところも良いんですよね。

ミッセイ三島さんは演仏堂の風呂に入っていかれました。

ミシマそうなんです、笑。演仏堂の話が出ましたけど、5年前に安藤さんから映画化の話が来て、初めて栄福寺に行かれたときには、まだ演仏堂はなかったですよね?

安藤なかったです。ないほうをめっちゃ気に入ってたんですよ。もうちょっと古い建物で・・・。

ミッセイ元ある建物も古くて良い感じだったんですよね。

安藤『ALWAYS三丁目の夕日』とかもやっていることもあって、昭和のものに敏感なんです。おばあちゃんの家に帰ってきたみたいですごく落ち着くなと思っていました。演仏堂を建てることは密成さんから聞かされてはいました。「建ちました」と連絡がきて、初めて実物を見たときには、映画の中のイッセー尾形さんが演じる長老と同じリアクションをしてしまいました。

 「こりゃえらいもん建てたな」と。建ってすぐの時は金色で・・・どうしようかなと思いました。実際の映画撮影時には、景色に馴染んでましたけど。あの壁の効果もあるんですよね?

ミッセイそうです。土佐漆喰という、高知にある風に強い漆喰を使っています。外壁は一般的な左官材なんですけど、近くで取れる大島石という石を、そこに住むみんなや設計事務所の方々、家族で砕いて練りこんで素材感をだしているんです。できるだけ馴染むものを作ろうという、新しいものと古いものの融合は常に頭にあったんですけどね・・・。ちなみに壁の色は金色ではなく土色です(笑)。

安藤いや、一年たったら、見事に馴染んでいて、これはいけそうだと。

ミッセイエッフェル塔や京都タワーとかも、できた時は必ず景観論争になったらしいので。何十年後かは「ザ・栄福寺」として認知されてほしいなと思います。

ミシマ密成さんが面白いのは、エッフェル塔と争っているというところですよね。つねにそのくらいのスケールで見ているから、パッとああいうこともやれてしまう。


映画必見ポイントその1:クマの置物

ミシマ映画に出てきたクマの置物は本当に密成さんのお家の玄関にあります。

安藤玄関を開けたらギョっとするんですよね。

ミッセイ一番驚くのは郵便屋さんで、それも僕的にはすごくバシッときました。僕はせっかくお寺という場所を預かっているので、感動したものと仕事を絶対に結びつけたいというのがあって。自分が素直に感動したものに仕事を結びつけると、わりと伝わることもあるんです。

安藤見ていたくなる感じですよね。

ミッセイだいたい引かれますけど・・・。

編集部より:クマが気になった方は、『坊さん、父になる。』か、映画か、栄福寺にて!


日本のお坊さんを世界へ

ミシマ今回の作品を、僕は海外で見てほしいなと思いながら観ていました。

安藤今、海外の映画祭にこの映画をたくさん告知しています。現時点で来てくださいと言われたのは、シルクロード映画祭です。習近平が去年から力を入れている映画祭です。

ミッセイシルクロードって空海っぽいですよね。

安藤そうですね。去年は西安で

ミッセイそれも大師さまが修行したところですね。

安藤今年は海のほうのシルクロードである福建省の福州市でやるのですが、行こうかなというふうに思っています。シルクロードに呼ばれましたね...。

ミシマそう思ったのは、日本のお坊さんの日常を描いた映画ってないですよね。

安藤そうなんですよね。僕もうちの会社の海外担当に「なんでもいいので海外の人に見てもらいたいのでアプローチしてくれ」と頼んで押してもらっています。

ミッセイ驚きも含めて、日本のお坊さんってこういうものなんだというのが素直に伝わるといいなと思います。


  

お便りはこちら

みんなのミシマガジンはサポーターの皆さんと運営しております。

白川密成(しらかわ・みっせい)
1977年愛媛県生まれ。栄福寺住職。高校を卒業後、高野山大学密教学科に入学。大学卒業後、地元の書店で社員として働くが、2001年、先代住職の遷化をうけて、24歳で四国八十八ヶ所霊場第五十七番札所、栄福寺の住職に就任する。同年、糸井重里編集長の人気サイト『ほぼ日刊イトイ新聞』において連載を開始。著書に『ボクは坊さん。』(ミシマ社)、『空海さんに聞いてみよう。』(徳間書店)がある。

安藤親広(あんどう・ちかひろ)
愛知県日進市出身。明治大学商学部商学科卒。ROBOT入社後はCMプロデューサーとして数々のCMのプロデュースを手掛ける。1995年に映画部へ異動し、『7月7日、晴れ』で映画初プロデュース。その後『踊る大捜査線 THE MOVIE』、『海猿』、『ALWAYS 三丁目の夕日』などの話題作をプロデュース。 2008年7月1日付けで執行役員コンテンツ事業本部映画部部長に就任。 2014年7月1日付けで取締役常務執行役員コンテンツ事業本部本部長 兼映画部部長に就任した。

バックナンバー