今月の特集2

 3月16日に発刊した森の案内人・三浦豊さんによる『木のみかた』。読むと、普段何気なく歩いている街も実は「森」が存在していたことに気づき、街の風景がガラッと変わる。街歩きが楽しくなる一冊です。
 さっそくこの本を持って街に出よう! 
 ということで、オフィスから歩いて10分。京都の中心、京都御所を、本書片手にミシマ社メンバーと著者の三浦さんが散策をしてきました! 今回は1、2日目にその様子を、3日目にメンバーがお気に入りの木に対するコメントを紹介します!

 また、5月4日(木)には、枚方蔦屋書店さんにて、三浦さんによる「枚方の森」バーチャル森ツアー、そして実際に街なかの「森」を探すイベント、「枚方にも「森」があった!?~森の案内人三浦豊さんのヴァーチャル森ツアー」もございますので、ぜひぜひご参加くださいませ!

森の案内人・三浦豊さんと行く! 京都御所ツアー(1)

2017.04.10更新

ツアー開始!

―― さて出発! オフィスを出て、御所へ向けて歩く途中、1本の木の前で三浦さんが立ち止まりました。

三浦さっそくありますね〜。欅の木です。この木はめちゃめちゃ大きくなるんですよ。僕は「ケヤキの悲劇」って呼んでいます。
 大きくなりすぎるケヤキの枝をバッサリと伐ってしまって、ケヤキも人も悲しい気分になる光景になるのです。

―― 通勤路にありながら、普段見向きもしなかったケヤキ。むしろあることすら認識してなかったこの木が、そんなに凶暴だったとは...。そしてこのペースで行くと御所にたどり着くまでに一体どれくらいの時間がかかるのか...。という一抹の不安を抱えつつメンバー一同、鴨川へ移動します。







三浦あれはみなさんご存じ、柳ですね。ここから少し北に「出町柳」という地名がありますけど、あれは町に出る、町を出る玄関口だから「出町」で、そこに柳が生えていたから出町柳なんですね。
 この木は植えられたものですけど、川沿いには野生の柳も生えてます。僕はワイルド柳って呼んでるんですけど(笑)。よく見るとけっこう鴨川沿いにも生えているんですよ。
あと、アイヌの伝説には、柳の葉っぱが川に落ちてシシャモになったという話もありますね。

―― まさか鴨川の柳からアイヌの伝説まで跳躍するとは...、スケールの大きさに感動しながら、鴨川を渡ります。
 鴨川を渡り終えた先に待っていたのは、おしゃれな洋食屋さん。そのお店の前で三浦さんは足を止めました。


三浦ユーカリの木です。この木、おしゃれに生えていて、女子にも人気の木なんですけど、これも死ぬほど大きくなるんです(笑)。50歳くらいになったら、もうこの建物壊す勢いです。
 あと、人間が食べるとお腹壊しますね。コアラが食べるので有名ですけど、コアラも消化に時間がかかるので、ずっと寝ているんですよ。

―― たしかにコアラって22時間眠る、なんて話も聞いたことがありますが、そんな事情があったとは。
 河原町通り横断して少し行くと、御所の生垣が見えます。いよいよここから京都御所ツアースタートです!


生垣のフロントマン ウバメガシ



三浦御所ツアー一発目はこの生垣に生えてるウバメガシです。本当は海岸沿いに生える木なので、京都には自生しません。
京都御苑が、国民公園になってから生垣として植えられたのですね。
 海岸沿いに生えている木って、常にアルカリ性の風が吹きつけられるなかで、それに耐えられるようにできてます。だから葉っぱが分厚くコーティングされているんです。
 それで、潮風に強いということは、すなわちバスや排気ガスにも強い。だから交通量の多い道路沿いの生垣によく植えられる、というわけなんです。

―― なるほど! 木にも性格によって適材適所があるという...。
 ウバメガシとお別れし、入り口から御所に入ると、出迎えてくれたのは案内板。成り立ちを説明してくれました。







三浦京都御苑はもともとは公家街と言われてて、公家たちがヒソヒソ話をやらないように、一箇所で監視できるように豊臣秀吉が集めたのが始まりなんです。最初は200軒の公家屋敷があった。ですが、明治天皇が東京に行かれて、公家たちも一緒について行ったので、ここは廃墟になったんです。そうなると見るも無残な廃墟になってしまった。

あるとき、明治天皇が久しぶりに帰って来られて、ここを見られたときにその状況を嘆いて、

「どうにかならぬか」とおつきのものに一言漏らされました。

 それから、この旧公家町を国民公園にしようという話になりました。それで、献木を募集したら、京都市民をはじめ、日本中から殺到したんです。そこから始まったのが「大内保存事業」というわけです。

 だからこの空間には、木の種類が3種類あって、古い順から

1 公家屋敷時代の庭木が生き残っている木
2 大内保存事業の市民の献木によって植えられた木
3 鳥などが種を運んできて自然に芽生えた木

 という木が生えているんです。
 どの木がどれに当たるのか、当てはめながら楽しんでくださいね。


ケヤキとモミジの距離感

―― 目の前にある木が、1、2、3のどの種類に当てはあるのか、というミッションを与えられたメンバー。眼差しも真剣になり、少し歩いたところでいきなり三浦さんが大声を出します。



三浦うわああ。これ、最高ですね!! モミジとケヤキの距離感がもう最高です。

―― ???

三浦えーと、モミジはケヤキと比べて、横に広がってますよね。これがモミジの自然樹形です。モミジは直射日光を浴びる必要がなくて、ケヤキの枝間から溢れる木漏れ日が好きなんです。そこでこの距離感。相性が最高なんです。わかってらっしゃる庭師さんが植えてくださったんですね。もう愛しか感じません!

 あと、ケヤキの漢字(欅)が木へんに拳なのは、諸説あるんですが、幹にパンチしたようなあとがあるからなんです。この木は綺麗好きで、木の皮がずっとついてると苔がつくので、自ら皮を剥がして、落とすんですね。それがうろこ状になって拳の跡に見える。

―― おおお、欅の漢字、語源はそうだったのか! 他の木の漢字も調べて見たら面白そう、なんて妄想が膨らみながら次は庭へ移動します。


   

お便りはこちら

みんなのミシマガジンはサポーターの皆さんと運営しております。

バックナンバー