白山米店のやさしいご飯

第4回 イカ炊き込みご飯 鶏つくねとおくらのスープ 常備菜(ピリ辛茄子味噌となめ茸)

2009.08.27更新

第4回 白山米店 画像

みなさん、こんにちは。急に涼しくなりましたね~。
先日、1泊2日で地元の仲間5人で、諏訪湖へ旅行に行ってきました。
温泉に入り美味しいものを食べて、満喫してきました!

さて、今回の料理は......

1.ショウガの香りのイカ炊き込みご飯
2.鶏つくねとおくらのスープ
3.常備菜(ピリ辛茄子味噌となめ茸)  
 

です。

1のイカは、バター焼き、煮物、酢の物と何でも合います。
さばくのが苦手な人は、スーパーマーケットで魚屋さんで取ってくれるので、
普段あまりそのままのイカを買わない人にも、ぜひ挑戦して欲しい一品です。

2のつくねをお店のお弁当に入れるときは、粗みじん切りの玉ネギをたくさん混ぜて、
ボリュームを出します。
フライパンで焼き、醤油、砂糖、みりんを同量で甘辛味に味付けしても美味しいですよ。

第4回 白山米店 画像


●ショウガの香りのイカ炊き込みご飯

材料

第4回 白山米店 画像


<作り方>

第4回 白山米店 画像

1.イカは長さ3~4㎝幅の短冊切りにし、
(A)に30分以上浸けておく。




第4回 白山米店 画像

2.米を洗い水140ccを30分吸水させる。
 (夏場は30分、冬は60分くらい)

3.(2)に1と醤油大さじ1を加え  
昆布を入れ、炊き上げる。



第4回 白山米店 画像

4.蒸らしが終わったら、
ふっくらと優しくまぜて出来あがり。






白山家娘さんより

第4回 白山米店 画像
 

イカの大きさによって醤油の量が変わりますが、夏なので濃い目に味付けしてみまし
た。新鮮なピカピカのイカを見ると必ず買ってしまいますし、私の友達のお父さんが釣り名人で、毎回新鮮なイカや魚を釣って来てくれるので、我が家では「困ったときはイカ頼み」と言う程、頻繁に食べます。天ぷらやお刺身にしたり、炒め物にしたりと様々な姿に変わる素敵な食材です。


●鶏つくねとおくらのスープ

材料
第4回 白山米店 画像

<作り方>

第4回 白山米店 画像

1.Aをねばりが出るまで手で回し混ぜ、水で手をぬらすかスプーンで、団子状に8分割する。

2.鍋に水500ccを沸かし、昆布だしの素と1のつくねを入れる。

3.つくねに火が通ったら(1分30秒~2分)、
味を見て、塩を足す。


第4回 白山米店 画像

4.おくらを入れ、さっと火を通して、とろみを出します。


5.お椀に入れ、黒こしょうをふってできあがり。




白山家娘さんより

第4回 白山米店 画像
 

おくらのグリーンがキレイで夏のスープって感じ。
つくねは、味噌が入っているから、そのままでも美味しいです。


●常備菜その1・ピリ辛茄子味噌

材料
第4回 白山米店 画像

<作り方>

第4回 白山米店 画像

1.フライパンにゴマ油と水気を切った茄子を入れ、
豆板醤も一緒に炒める。
※油ハネに注意!豆板醤は香りが出るように炒めてください。

2.砂糖を入れひと混ぜする。
味噌はフライパンの空いたところで焼くように炒め、
最後に酒を入れて炒める。
※焦げやすいので火加減に注意!



白山家娘さんより

第4回 白山米店 画像
第4回 白山米店 画像

お店では、おむすびの具になっています。
パンにのせて、チーズをのせて焼いても
美味しいです。



●常備菜その2・なめ茸

材料
第4回 白山米店 画像

<作り方>

第4回 白山米店 画像

1.石づきを切ったエノキを1/3に切る。


2.鍋にエノキ茸、醤油、酒を入れ、混ぜ合わせる。




第4回 白山米店 画像

3.中火にかけフタをして、1分位でぐつぐつするので、
  フタを取り混ぜ合わせる。


4.最後に味を見て、1分くらい煮る。




白山家娘さんより

第4回 白山米店 画像
第4回 白山米店 画像
   

右のようにビン詰めにして保存すると1週間以上持
ちます。豆腐やうどん、炊き込みご飯に入れても美味しいです!




白山家お母さんより

第4回 白山米店 画像

 残暑お見舞い申し上げます。
 朝晩は秋風を感じ、空も高くなってきましたね。

白山家は、お店の上が住まいです。
裏のお家の借家のお蔭で、鈴虫の音、むかごの花、赤水引の草など、四季を感じられます。
梅の頃は、花から実が落ちた香りまで梅風を楽しめます。
その収穫した梅をやっと干し、梅干しが出来上がりました。
お店の梅干しの梅は去年のを、茄子味噌は、手作りの味噌を2種類使っています。


◎作ってみたという画像&コメントを募集中です!
「このページを見て実際作ってみました」「こんな風にアレンジしてみました」という声を、お待ちしております。
下記「お便りはこちら」のアドレスまで、どしどしお送りくださいませ。

お便りはこちら

みんなのミシマガジンはサポーターの皆さんと運営しております。

白山米店のお母さんと娘

自由が丘、白山(はくさん)通りに50年近く前からあるお米屋さん。1996年よりお弁当の販売を開始。毎週水曜日のみ、おかあさん手作りのおいしいお弁当が食べられます。愛情たくさんのおかずと、お米屋さんならではのおいしいお米で地元ファンが通う人気店。

バックナンバー