白山米店のやさしいご飯

第20回 胃にもたれない玉ネギたっぷりシュウマイ 他1品

2010.04.15更新

第20回白山米店
第20回白山米店

みなさん、こんにちは。
わたし、少し落ち込んでいます。
ため息ばかりついて幸せが逃げそうです(笑)。
ところでみなさんお花見はされましたか? わたしは先日、雨の月曜日にママンと父オススメの最近中目黒に新しくオープンしたピザ屋さん「Pizzeria e trattoria da ISA」に行って、あつあつピザを食べ、その帰りに目黒川沿いの桜を見ながら帰ってきました。

さて今回も、我が家のライフスタイルをちょこっとだけ紹介いたします。

第20回白山米店
第20回白山米店

白山家は米屋ですが、パンも大好きです。朝食はご飯で、昼にパンが多いですが、日曜日のブランチはゆっくりとパンをいただきます。毎日使いのバターケースは、北海道の桜の木で作った三谷龍二氏のもの。手なじみが良く、ドアポケットにすっぽり入ります。重さも軽くて技術とセンスの良さがわかります。自由が丘WASALABY(ワサラビ)で、1年半待ちで手に入れました。

第20回白山米店

下の写真は、クラムチャウダーを作った、花冷えの日曜日の朝食。この日は、偶然にパン屋さんのオンパレードになりました。左の山型のイギリスパンは、六本木ヒルズの「ジョエル・ロブション」。店内は、内装も赤と黒でオシャレ。レストランに入らなくても、パンやケーキを見ていると、幸せな気持ちになります。その隣の丸パンは、目黒区洗足の「ワルン・ロティ」。

第20回白山米店

主婦が始めた天然酵母のパン屋さんでTVにも取り上げられ、焼いたそばから売れてしまい、ヨーグルトパン、黒糖ゴマパンGET。そして細長いバケットと生バジルは、夫が焼きたてを買ってきてくれた上目黒の「関口ベーカリー」のパン。関口ベーカリーは、ご夫婦で営んでいる小さなパン屋さんですが、夫いわく「東京一」だとか。職人さん風なご主人と、やさしいママがお店に合っていて、ついついたくさん買いたくなってしまいます。


さて、今回のお料理は・・・

1.胃にもたれない「玉ネギたっぷりシュウマイ」と
2.翌日もおいしい「マッシュポテトサラダ」

●胃にもたれない玉ネギたっぷりシュウマイ

<1袋30個分、3人分くらい>

第20回白山米店

<作り方>

第20回白山米店

1.大きめのボールにAを入れ、手でつかむようにして混ざったら、写真のように熊手にして必ず30回、同じ方向に回し混ぜる。肉に粘りが出て、重みが変わったことを確認してからまとめて持ち上げ、ボールに3回たたきつける。
それをもう1回繰り返し、粘りのある肉あんを作る。

2.1をボールの中で広げて中央にBをのせ、たたむように混ぜ合わせる。

第20回白山米店

3.皮で肉あんを包む。左手の親指と人差し指で輪をつくり、その上に皮をのせ、中心に肉あんを詰める。
上からヘラで押さえ、底は親指をあて、平らにする。

4.沸騰した蒸し器に並べ、13~15分蒸す。溶きからしと酢しょう油でいただく。

第20回白山米店

※蒸し器が無い場合は、深めの鍋に水を張り、平たい陶器の皿で高さをつけ、その上にキャベツを敷いたシュウマイを乗せフタをすると蒸せます。



白山家お母さんより

第20回白山米店

お店では、ワンタンの皮を使って大きく作ります。前日に包んだシュウマイを、販売当日に蒸すので、玉ネギの甘い旨味が肉と馴染んで、おいしくなっているようです。中華料理店の本格的なプリプリのシュウマイも美味しいですが、家庭ならではの気軽に作れて何個でもいただける、このシュウマイをお試しください。あるお客さまには「お料理上手だった母と同じ味」と喜ばれました。お店をやっていると、嬉しいことがあって、きちんと作らねば、と、気が引き締まります。

白山家娘さんより

第20回白山米店

外のシュウマイはあまり食べたことありませんが、我が家のシュウマイは肉とほぼ同量の玉ネギがたっぷり入っているので、肉々しくなく、バクバク食べられます。


●翌日もおいしいマッシュポテトサラダ

<材料(2~3人分)>

第20回白山米店

<作り方>

1.切ったじゃが芋をさっと洗い、鍋に入れ水(分量外)で煮る。

2.じゃが芋が柔らかくなったら、水気を捨て、ポテトマッシャーやすりこぎでつぶす。

3.牛乳に塩を入れ弱火にかけ、練り合わせマッシュポテトにする。火を止め、新玉ネギを混ぜる。

4.荒熱がとれたら、からし入りマヨネーズを混ぜ合わせできあがり。

☆応用☆
蒸したニンジンを加えたポテトサラダも、とても美味しいです。
マヨネーズを少なめにして、タラコとオリーブオイルを加えれば、桜色のタラモサラダ。
フランスパンを添えて、大人も子どもも大好き。前日から作れる、持ち寄り一品になりますね。

白山家お母さんより

第20回白山米店

からしがアクセントになっています。子ども用には、ちょっとだけ入れて。
コロコロしたポテトサラダは作りたてがおいしいですが、マッシュポテトをサラダにすると、翌日でも味があまり変わらないようです。このサラダは、日本橋「たいめい軒」のポテトサラダに似ているような・・・。


白山家娘さんより

第20回白山米店

学校の給食のマッシュポテトとは一味違う、高級バージョン、って感じ。新玉ネギの辛味とからしの辛味が大人な味です。

お便りはこちら

みんなのミシマガジンはサポーターの皆さんと運営しております。

白山米店のお母さんと娘

自由が丘、白山(はくさん)通りに50年近く前からあるお米屋さん。1996年よりお弁当の販売を開始。毎週水曜日のみ、おかあさん手作りのおいしいお弁当が食べられます。愛情たくさんのおかずと、お米屋さんならではのおいしいお米で地元ファンが通う人気店。

バックナンバー