白山米店のやさしいご飯

第26回 夏野菜のキーマカリー 中華ご飯 夏野菜のマリネ

2010.07.08更新

0708-6.jpg
0708-5.jpg

みなさん、こんにちは。梅雨らしくない天気が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?
わたしは今日、ママンと渋谷にある「白一」という牛乳アイスのお店に行ってきました。

この白一のアイス、埼玉の羽生にある「モア松屋」のアイスにそっくりなのです。生クリームや卵を使っていない牛乳だけのアイスなので、さっぱりしていて甘さ控えめで毎日何個でも食べたくなるアイスです。松屋はママンの実家から車で15分ほどです。夏季限定なので、夏実家に行くと必ず連れて行ってもらい食べる、大好きな味です。

さて、今回もちょこっとだけ我が家のライフスタイルを紹介します。

0708-7.jpg

最近の我が家の愛猫ハレちゃんです。
5月に2才になりました。よく泣いてよく寝てよく食べるいい子です。レコードのターンテーブルに乗ったので撮影してみました。
このごろ暑くなってきたので伸びきって大股広げて寝てたり、ダラけたりしています。
猫は暑さに強いですが湿気に弱いので、梅雨が苦手そう・・・。

0708-8.jpg

こちらは白山家の裏の家で採れた梅です。毎年いただいてママンが梅干しにし、梅シロップ(水で割ってジュースにしたり、カキ氷にかけたりします)を作っています。梅干しは、お弁当屋さんのおむすびの具にもなっています。



今回のお料理は・・・

1.暑気払い! 夏野菜のキーマカリー
2.前回のもち米を使ってもっちり美味しい中華ごはん
3.すっぱさが夏バテの体を元気に 夏野菜のマリネ

です。

●夏野菜のキーマカリー

<材料(4~6人分)>

0708-9.jpg

<作り方>
1.野菜を切っておく。

2.鍋に油を入れ、中火にかける。にんにく、生姜の香りを出し、玉ネギ、人参を少し色づくまで炒め、ピーマン、茄子を加えさらに少し炒めたら、脇によせて空いたところで挽肉をよく炒める。

3.塩、こしょうし、カレー粉を肉に混ぜ合わせてから、鍋の脇の野菜と一緒に炒め合わせる。

4.3にAを入れ、沸騰したら弱火でフタをしてプツプツと30分煮る。(途中焦げないように底に木べラをあてて、かき混ぜる)
 急いでいる方は、フタをあけたまま焦げないように混ぜながら煮込む。ヤケドに注意!

5.フタをとり、さらにときどきかき混ぜながら、20~30分煮る。レーズンを入れ味見し、塩気が足りないようなら塩を足し完成。ご飯と一緒にいただきます。福神漬かラッキョウが合います。
 白山家のカレーのご飯は米3合に押し麦1カップ入れて、少し固めに炊きます。麦のプチプチ感がカリーと合うんです。

白山家お母さんより

0708-11.jpg
0708-10.jpg

写真は豚肉で作りました。合挽は少しこってり、鶏挽はさっぱりと、豚はその中間でしょうか。九品仏のオーガニックレストラン「ツチオーネ」は鶏挽で、義母は「おいしいね~」といただいていました。ゆで卵を丸ごと仕上げに加えれば、ボリュームあって楽しい「ゆで卵と夏野菜のキーマカリー」。素揚げしたパプリカ、なす、インゲン、ズッキーニ、ゴーヤなどちょっと添えれば、カジュアルなおもてなしになりそう。

白山家娘さんより

0708-12.jpg
0708-5.jpg

カリーは早めに作って温めなおした方が、美味しさがUPします。酸味のあるグリーンレーズンは、カルディコーヒー店で求めます。サラダに入れたり、そのままいただいても美味しいです。入る


●中華ご飯

<材料>

0708-13.jpg

<作り方>
1.もち米はザルに上げる。

2.米は洗って、もち米と一緒に炊飯器に入れ、水2カップで吸水させておく。

3.フライパンで人参以外、バラ肉、生姜、干ししいたけ、干しエビ、筍の順に炒め合わせていく。醤油を外側から回しかけ、醤油の香りを出し、酒を入れる。

4.2の炊飯器に干しエビと干ししいたけの戻し汁を入れ、3合の目盛りより水を少なめに入れ、塩小さじ1/2を混ぜ合わせる。

5.4の上に3の具と人参を平らにのせて、炊き上げる。

6.炊き上がったらさっくり混ぜて塩ゆでした枝豆を散らす。

白山家お母さんより

0708-10.jpg

具を炒めることで美味しくなります。前回同様、干しエビは国産品(又は台湾産)が、きれいで味もいいです。筍の水煮の臭いが気になる場合は熱湯でゆがきます。白山家では、中華ご飯に豚バラ肉とあさり、ニラのカキ玉スープでいただきました。

白山家娘さんより

0708-5.jpg

ゴロゴロした大きめのチャーシューを入れても美味しいです。




●夏野菜のマリネ

<材料>

0708-14.jpg

<作り方>

0708-15.jpg

1.野菜は1cm幅に切っておく。玉ネギはくし切り、きゅうりは種のとこを少し切っておく。人参は7~8mm角切りで長い方が可愛い。

2.湯をわかし、野菜をゆがく。
 ※固い人参を入れたら、他は全部一緒に8秒ゆがく。

3.ザルに上げ、荒熱をとる。

0708-16.jpg

4.Aを加熱し、荒熱をとる。

5.保存袋に野菜を入れ、マリネ液を注ぎ空気を抜いて冷蔵庫で味をしみ込ませる。

6.器に取りいただく。作ってから2時間後~1週間いただけます。


白山家お母さんより

0708-10.jpg

先日、お料理上手のよし子さんからいただいたマリネが美味しくて作ってみました。ハーブはいただいたオレガノとローズマリーを入れました。色どりの華やかな清涼感のあるマリネです。夏の箸休めに最高。酸っぱさが苦手な方は、マリネ液にお湯を足すか、野菜を増やして、早めに召し上がるといいですね。友人からいただいたマリネには、カリフラワーが入っていて美味しいの~~☆

白山家娘さんより

0708-5.jpg

酸っぱいですが、この酸っぱさで元気になれる気がします。
夏にピッタリです!



**白山家お母さん便り**

こんにちは。

0708-17.jpg

梅雨は家仕事が多くて、ラッキョウを漬けたり、裏のお家からいただいた夏みかんでジャムを作ったりの台所に立ちっぱなしの毎日です。

連日蒸し暑くて火を使う台所は大変ですが、カリーの匂いを家中に立ち込めてコトコト煮込むと、湿気払いになるような・・・? きっと心地よい汗が出ますよ。
作っておけば冷凍もできますから、暑さでうだった食欲のないときでも、キーマカリーがあると思えば、ムクムクと食欲がわくのは私だけかしら・・・。

早く起きたときのごほうびは、鳥のさえずり、自由が丘には木立ちがところどころにあるので、ウグイスも鳴いて、ちょっと避暑地気分。

0708-18.jpg

最近の一番嬉しかったことは、8年目に咲いたスイレン。
「睡蓮」。字を見ただけでも、水を連想させて涼やかになります。
父の看病で、実家にときどき行ったときに買ったものですが、やっと咲いて・・・。
「待つこと」を空からも教えてくれます。

お便りはこちら

みんなのミシマガジンはサポーターの皆さんと運営しております。

白山米店のお母さんと娘

自由が丘、白山(はくさん)通りに50年近く前からあるお米屋さん。1996年よりお弁当の販売を開始。毎週水曜日のみ、おかあさん手作りのおいしいお弁当が食べられます。愛情たくさんのおかずと、お米屋さんならではのおいしいお米で地元ファンが通う人気店。

バックナンバー