白山米店のやさしいご飯

第39回 ター菜の中華風あんかけ焼きそば

2011.01.20更新

第39回白山米店

あけましておめでとうございます。みなさん、お元気ですか?
今年のお正月は、とっても珍しく数年ぶりに家族全員でママンの実家(群馬県館林)に行ってきました。父がずーっと機嫌がいいんです!! 気持ち悪いくらい・・・ちと疲れます(笑)。

それから、おじいちゃん、おばあちゃん、ママン、わたしの4人で、熱海に一泊旅行にも行きました。ホテルも温泉も最高でした♪ 今ってどこもかしこも暖房入っていて、暖かいのにビックリ。家に帰ってきて寒すぎる我が家にもビックリ! それからさらに厚着になりました(笑)。

第39回白山米店

いただいた、新年にふさわしい素敵な器に黒豆

昨年末にママンに嬉しいお届けものがありました。大きな大きなまん丸い丹波の黒豆。(差し出し人は秘密にさせてください。長年のママンの夢が、今かたちとなりそうなので、そっとそっと・・・・)
その方のお祖母さまが丹精込めてつくられた丹波の黒豆です。ママンは大事に煮て1月1日、2日のおじいちゃん、おばあちゃんのお年賀にも持って行き、お福わけしていました。

さて、今回のお料理は・・・
下ごしらえさせしておけば、さっと作れる本格的!!

1.ター菜の中華風あんかけ焼そば

と、お便りに「黒豆の煮方」もあります。


●ター菜の中華風あんかけ焼そば

<材料(1人分)>

第39回白山米店

<作り方>

第39回白山米店

1.ター菜は5cm長さに切る。
 もやしは洗って10分くらいきれいな水に浸してからザルにあげる。

2.蒸し麺を電子レンジで1分チンしボールに入れ、醤油をよくからめてから、
ごま油をからめ、温めたフライパン(テフロン加工)に入れ、フライ返しで上から押さえたらフタをして中火でこんがり片面2分ずつ焼きつける。

3.中華鍋を熱してから中火でごま油小さじ1を入れ、Bを炒める。
 肉をだいたい炒めたら、ター菜、もやしを炒め合わせ、調味料Cをよく溶いて入れ、強火にしてター菜の茎に火が通るまで炒める。

4.2の焼き麺にのせてできあがり。
 いただくときに、お好みで酢、からしをどうぞ。



白山家お母さんより

第39回白山米店

30cmにも大きく菊のように開いたター菜は、小松菜のように使えます。
真冬のタンポポのように地面にへばりついて開いている姿が健気で、つい買ってしまいます。
この中華焼きそば、家族に大好評! 夫はもっと食べたかった、と、気分下がってました。
麺を焼き始めると同時に隣であんかけをつくると、どちらも熱々で食べられます。
時間があったら、もやしのひげ根をとりましょう。


**白山家お母さん便り**

第39回白山米店

夫が拾った多摩川台公園のきれいな実。種のつき方がふしぎ。

寒中お見舞い申し上げます。
本年は、月1回のペースでお目にかかります。
どうぞ、思い出しましたらお付き合いくださいませ。

白山家のお正月は、久~しぶりに家族の体調と機嫌がよく、
穏やかに新年を迎えられて、とてもいい年になりそうです。


第39回白山米店

元旦のお雑煮は、かつおだしの醤油味に
大根、人参、小松菜、鶏肉が入った関東風。
おもちもおいしくて、しみじみ日本人でよかった。


第39回白山米店

今年の黒豆はとびっきりでしたから、
ねっとり ふっくらとツヤツヤに光っていました。
煮方は、付き添っていればできます。

<材料>
黒豆 200g 砂糖 160g 熱湯 4カップ 醤油 小さじ1 塩、重曹 各小さじ1/2 錆びた釘、または鉄玉子(市販している)
<作り方>
材料を全部入れて、翌日に火にかけ、あくを取ったら落し蓋をし
常に豆が浸っているようにコトコト2時間くらい、弱火で煮ます。
そのまま冷まし、翌々日くらいから黒が濃く黒光りしたピカピカ豆になります。


第39回白山米店

先日は、息子の成人式にお赤飯、生春巻と大好物の杏仁豆腐。

本人は不在のお祝い会でしたが、無事に大きくなったことに感謝。

第39回白山米店

(左)着古したシャツでエプロン。両袖を胸あてにすると、捨てる切れ端が少なくて、うれしい。
(右)家族が大好きな、夫のオニオングラタンスープ。1個分の玉ネギが入っていて、とっても体があたたまります。



第39回白山米店

散歩は人形町の水天宮へ、娘と23年目のお礼参り。

日山」の牛の切り落としで、夕食は牛丼。

人形焼は、焼きたてをひとつ、その場で。

「壽堂」の黄金芋は、黄味あんとニッキが絶妙。店内は昔のままで◎

「双葉」でお揚げを買って。

浅草橋の「鮒佐」で佃煮。
ビルに立て替えてからは買ってなかったけど、店内に入ったら、いい匂い。
甘くない佃煮だから牛蒡一本でごはん一膳いただける。

店番の夫へのお土産。「食べたかった~」と喜んでいました。

お便りはこちら

みんなのミシマガジンはサポーターの皆さんと運営しております。

白山米店のお母さんと娘

自由が丘、白山(はくさん)通りに50年近く前からあるお米屋さん。1996年よりお弁当の販売を開始。毎週水曜日のみ、おかあさん手作りのおいしいお弁当が食べられます。愛情たくさんのおかずと、お米屋さんならではのおいしいお米で地元ファンが通う人気店。

バックナンバー