白山米店のやさしいご飯

第40回 オニオングラタンスープ 手羽元と大豆と卵の甘辛煮

2011.02.17更新

第40回白山米店
第40回白山米店

みなさん、こんにちは。毎日寒くて、暖房がないと何にもする気がおきません。
先日、久しぶりにNHKに行ってスタジオパークを観覧してきました。
テレビ大好き、芸能大好きなわたしには、とても嬉しい観覧でした。さらに「お母さんと一緒」の、にこにこぷんの仲間たちと記念撮影。実はわたし、3才のころに「お母さんと一緒」にママン手作りのじゃじゃまるのセーターを着て出演しています(笑)

第40回白山米店

さて、最近の白山家のごはんを紹介します。
NHKから移動してママンの思い出の味? の「喜楽」のもやしそばを食べに行きました。
もやしたっぷり、太麺でまちがいなしの味でした。
大人なホテル街の一角にあり、見たことない渋谷の風景でした。


渡り蟹を買ってきたママンの創作料理。
中華材料の豆腐よう(豆腐を発酵。チーズと豆腐の間のようなしょっぱい食材)を使った渡り蟹と豆腐の煮込み。
豆腐ようの匂いが大人な味。


昨日、東京駅「丸善」のなかにあるカフェで、元祖早矢仕ライスを食べに行きました。
が、ハヤシオムライスにしました。ウスターソースが効いていて少しスパイシーな感じでした。外食ばかりでごめんなさ~い。


創作料理は、横浜中華街「徳記」の渡り蟹の煮込みの味が忘れられずつくってみたけど、ちょっと違う。久しぶりに食べに行きたくなったけど、お店変わってないかしら・・・。
丸善に行きながら、本より食い気でお恥ずかしい。本選びに疲れてお腹がすいたら、早矢仕ライスをいただき、ラッキーに窓際座れれば、新幹線や山手線の往来が眼下に見られて、ゆったり楽しい。


さて、今回のお料理は・・・

前日につくるとさらにおいしくなり、体が温まる贅沢な

1.オニオングラタンスープ 
2.お酢で煮る手羽元と大豆と卵の甘辛煮

です。


●オニオングラタンスープ

<材料(直径10cmココット型で3人分)>

第40回白山米店

<作り方>

第40回白山米店

1.鍋にバターを入れ、強火で炒めはじめる。
10~15分すると焦げやすくなるので、火加減を弱くしながら、
30~40分かけてごげ茶色になるまで炒める。


2.水とコンソメを入れ煮立て、塩、こしょうで味を整える。


3.耐熱器にスープを入れ、トーストしたパンをのせチーズ2種をのせてオーブントースターでこんがり焼く。
白山家の古いオーブントースターで5分くらい焼きました。
熱いうちにいただきま~す☆





白山家お母さんより

第40回白山米店

休日のブランチにピッタリの、とってもおいしい幸せなスープ。
以前TVで見たオニオングラタンスープがあまりにおいしそうで、
札幌のル・プルコア・パまで行ったことがあります。
残念ながら契約農家の玉ネギがなくなってしまい、
またの機会になりましたが、お料理もおいしく、
わが家の近くにあったらいいお店と思ったほどです。

●手羽元と大豆と卵の甘辛煮

<材料(4人分)>

第40回白山米店

<作り方>

1.鶏手羽元は、沸いている湯に入れ、再度沸く寸前に水にとり、洗って水気を切る。

2.鍋にAを沸かし、鶏肉を入れ煮汁がわいたらアクをとり、落しフタと鍋のフタをして、1時間弱火で煮る。

3.鶏手羽元がほっこり(箸で骨から身がほろりとはなれるくらい)煮えたら、ゆで大豆とBを入れ、味見。強火で5分煮つめ味見し、甘辛味を整えてできあがり。
 ※煮つめすぎて煮汁がなくなってしまいそうなら水を足します。


白山家お母さんより

第40回白山米店

手羽元を湯がくことでアクも出にくく、あっさりとした煮物になります。
乾燥大豆は水で洗って一晩水につけて、ゆっくりやわらかく煮ておく。
わたしは圧力鍋を使います。早く豆が煮えて慣れるととても便利です。



**白山家お母さん便り*

第40回白山米店

雪の日の窓越しの風景。裏の家の夏みかんに手が届きそう。

今年の冬は、昔のようにとても寒くて、店先の水鉢に氷が張りました。
こんなに寒くても、節分を過ぎると急に光が明るくなり、
チューリップの芽が顔を出します。





第40回白山米店

佐藤さんのおいしい食卓

先日、お料理上手な友人の持ち寄り新年会がありました。
おじゃましたお家の佐藤さんは、器選びとテーブルセッティングが、
いつも素敵です。

かぶ柄のほっこりお皿が大人かわいい。
バーニャカウダの季節のサラダを盛った、鉢皿もお対でいいなぁ~。

ほかにお料理は
丸ごと帆立と黄色いカリフラワーのサラダ、揚げかぼちゃのニンニクパセリからめ、鮭のレモンマリネ、わらびのおひたし、焼茄子のゼリー寄せ、ハタハタの卵入り寿し、カキのマリネ、珍味の魚卵、タコ焼風コロッケ、ほかにきりたんぽと特製手作りスープのお土産つき!

第40回白山米店

尾山台で一緒に食べた味を再現! えらいなあ~。

いつもいつもたくさんの心のこもったおもてなしに感激。
心もお腹も満たされ幸せなひととき☆

ほかに林さんの鰯のオイルサーディンとカキの冷菜(林さんの味つけ大好き)、松本さんの本格的焼豚(ロースとモモ肉の2種焼き、体に気くばりしてる!)

わたしはいつものおむすび。
熟練主婦のお料理って、本当においしいのよ!
ごちそうさまでした。


*** 号外! ***

第40回白山米店

みなさまのおかげで、ここに載せているレシピの一部と「ごはんの炊き方」をもりこんだ本が、3月5日発売します!

1月には、本のデザイナーgoen゜の方々と撮影の方々がおいでになり、賑やかな食卓となりました。
小さなテーブルに、大人が9人。
同じごはんをいただくのは、とても幸せです。
朝はお雑煮、おむすびでwelcome(最近「ウェルコメ(米)と呼びます」

第40回白山米店

撮影後はお会食。炊きたてごはんとお味噌汁。
米入りロールキャベツ、鶏チャーシューねぎラー油かけ、若さぎの南蛮漬け紫キャベツあえ、白いんげんとさつま芋のうっすら甘煮、白菜の甘酢漬けと白菜のつけもの、杏仁豆腐。

お若い方々には、さっぱりすぎましたね。
無事ほがらかに終わり、ほっとしました。

本の最終段階を見ていないので、わたしも娘もとってもドキドキ楽しみにしています。
2月19日(土)には、アノニマスタジオさんのイベントに本が限定80部だけ届くそうです。

散歩
池袋で映画「ヤギの冒険」→東急ハンズ→宮城県ふるさとプラザ(地産食品と牛タンレストランに行列あり)→紙のたかむら(専門店で便箋)→タカセ(昔懐かしいアップルリングとカステラ入りパン。おいしい)

第40回白山米店

左:沖縄に住む14歳の監督の映画。手ぬぐいかわいいでしょ。命をいただいている食事を実感。 右:タカセの手ごろなパンとケーキ。

お便りはこちら

みんなのミシマガジンはサポーターの皆さんと運営しております。

白山米店のお母さんと娘

自由が丘、白山(はくさん)通りに50年近く前からあるお米屋さん。1996年よりお弁当の販売を開始。毎週水曜日のみ、おかあさん手作りのおいしいお弁当が食べられます。愛情たくさんのおかずと、お米屋さんならではのおいしいお米で地元ファンが通う人気店。

バックナンバー